家田足穂のエキサイト・ブログ

france1pen.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 20日

(5)《 円形の聖堂 》 カトリック南山教会

円形の教会建築は、古代ローマ帝国の《 パンテオン 》(万神殿)が、キリスト教時代になって教会として使われたほかは、あまり例をみません。円形の教会は近現代になってから見られます。

最近の例ですと、東京四谷のカトリック麹町教会(通称、聖イグナチオ教会)があります。これは《 内接円の円形 》の大聖堂です。

b0221219_16432792.jpg

b0221219_16434124.jpg











名古屋市には、ユニークな《二つの外接円の円形聖堂》のカトリック南山教会があります。

b0221219_16503824.jpg

b0221219_1652794.jpg



この南山教会は、1950(昭和25)年に南山学園の職員のための聖堂として建てられました。 その後、名古屋教区の小教区の教会となりました。 1958(昭和33)年には、現在の聖堂の聖別式と献堂式が行われ、岡の上の教会として憧れの対象の一つとなっています。

この教会のユニークな形は、外接する二つの円筒の構造になっています。内部の特徴は、祭壇を中心にした円形の聖域をかこむような会衆席が円形になっていることです。そのことは写真を見ればよく分ります。

b0221219_16533624.jpg

b0221219_17194420.jpg

b0221219_17203550.jpg


南山教会聖堂を外側から、北側からと背後からの外観です。これで外観と内部の形がよく分ります。

b0221219_17205472.jpg

b0221219_17222671.jpg



このユニークで斬新な教会建築について、当初多くの神父たちから「どう思いますか」という質問を受けました。さまざまな反応があって神父たちも気になっていたのだと思います。それほど斬新な教会建築でした。私自身は当初から、この聖堂があらゆる面から好ましい特徴と意味を豊かにもっていることを感じていました。

東京の聖イグナチオ教会の《 円形の会衆席と内接する円形の祭壇部分 》と南山教会の《 外接円の祭壇部分と会衆席 》という形のなかに、キリスト教のもっとも大切なことが示されているように考えられます。


最後の晩餐の夜イエスは、愛について弟子たちに詳しく語りました。その一つがヨハネ福音書14章20節の言葉です。

「わたしが父の内におり、あなたたちがわたしの内におり、そして、わたしがあなたたちの内にいることを、その日、あなたたちは悟であろう。」(*その日、とは、天の国に入ったときのこと。)

このことは、天国に入ったときに、救いの恵みを受けたものは《 父と子と聖霊の三位一体の神 》と完全に《 一つになっている 》ということです。
《 内接円や外接円 》は、《 神と人間が一つ 》になっている象徴的な形でもあるのです。


《 円 》は、永遠や永遠の存在を意味し、また、神の完全性、全能・永遠性を表わしています。
《 円のなかにい 》ることは、神とともにいること、さらに、円形の聖堂でミサを捧げ、聖体拝領を受けることは、神である 《 キリストと一致している 》ことにもなります。

b0221219_1801928.jpg



    「一切衆生」「二世安楽」 現世においても、来世においても、人びとが幸福であるように!
[PR]

by francesco1hen | 2012-07-20 18:21 | Comments(3)
Commented by Thomas at 2016-01-13 23:09 x
南山教会所属の信徒です。南山について詳細にご紹介下さいましてありがとうございます。

当時としては斬新だったものと推察されるこの教会ですが、聖堂が円柱形であるという点が最大のポイントかと考えられます。御ミサでは、正に祭壇にイエス様がいらっしゃってパンを割かれているかのような気持ちになることも少なくはありません。また、典礼が行われていない平日の昼下がりなどに聖堂でイエス様と対話をしていると、正に目の前にいらっしゃるような不思議な感覚を覚えることも多々あります。それは、この聖堂の円柱形という独特な形態が、イエス様と信徒との間の距離を縮め、両者が一致している状態に近づくことを可能にするからだと思うのです。

ただ、いかんせん大変古い教会なので、耐震性の問題にも対応してかなければなりませんし、天井のシミや一部破損している聖堂への階段も修繕する必要があろうかと思われます。また、事務所の老朽化もかなり進んでおります。

信仰の場と同時に文化的な価値も併せ持つこの南山教会をより美しく維持していくために、信徒の皆様だけではなく、近隣住民の皆様、南山学園関係者の皆様、その他全国の皆様から必要な資金が集められることを心よりお祈り申し上げる次第です。
Commented by 細井 聡 at 2016-07-10 15:15 x
大学時代に通って以来です。その節はお世話になりました。先生の同級生の細井の息子です。
今は、イグナチオにもっぱら通っています。
まだ、ブログを書かれているのをみて、感動してます。
お元気で!!
Commented at 2016-07-11 18:16
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< (1)蓮の花づくし  大船フラ...      (4)《 八角形の聖堂 》 カ... >>