家田足穂のエキサイト・ブログ

france1pen.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 19日

伊豆高原 大室山 と 城ヶ崎海岸(’14.6.13/14)

b0221219_1185850.jpg

「伊豆の瞳」一碧湖は,前日までの雨で湖水があふれ遊歩道が歩けなく、思いを残しながら大室山に向かいました。

b0221219_11125815.jpg

b0221219_11132048.jpg


伊豆高原大室山は、標高580Mあり、伊豆単成火山群の中では最大の火山の一つです。噴火活動は約3700年前の縄文時代後期の初期と見られています。流れ出した火山溶岩流で、城ヶ島海岸ができました。円錐形の美しいすがたは沖合をとおる船から絶好の目標となりました。



b0221219_12151687.jpg

b0221219_12222127.jpg


山頂には直径300M、周囲1000M、深さ70Mの大きな噴火口跡があり、これを周遊する「お鉢めぐり」は360度の大展望がひらけ、伊豆諸島、天城連山、富士山と南アルプスまで望むことのできる大自然の素晴らしい景観に恵まれています。


b0221219_1122997.jpg

b0221219_1133384.jpg



城ヶ崎海岸の門脇吊り橋と海岸の奇景の数々

b0221219_11362072.jpg

b0221219_11361231.jpg


門脇吊り橋の長さは48Mで、高さ23M。橋の定員は100人、小錦関26名分というのが面白く、ゆすらないでくださいとか、橋の上でふざけないでください、などの注意書きがありました。(伊東市観光課)

b0221219_11485584.jpg


b0221219_11424916.jpg

b0221219_11432111.jpg


b0221219_1145832.jpg

偉大な自然景観をめぐる《城ヶ崎遊覧船》の船上から眺める大室山のすがた。



                  *  *  *


                 「詩編のことば」


  神よ、わたしたちの主よ、あなたの名は、あまねく世界に輝き、その栄光は天にそびえる。

  あなたの手でつくられた大空を仰ぎ、月と星をながめて思う。
  人とは何者か、なぜ、人に心を留められるのか。なぜ、人の子を顧みられるのか。

  あなたは人を神に近いものとし、栄と誉れの冠を授け、造られたものを治めさせ、
  すべてをその足もとにおかれた。羊も牛もことごとく、
  野のけもの、空の鳥、潮路を泳ぐ魚の群れも。

  神よわたしたちの主よ。あなたの名は、あまねく世界に輝く。


                     *


b0221219_1271453.jpg

[PR]

by francesco1hen | 2014-06-19 12:27 | Comments(1)
Commented by 踊り子 at 2015-02-06 02:09 x
行くぜ
行くぜ
行くぜっ!


<< 《 マラナ・タ 》という歌?      復活後のキリストの出現 >>