家田足穂のエキサイト・ブログ

france1pen.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 23日

《 マラナ・タ 》という歌?

カトリック教会には、《 マラナ・タ 主よ来てください 》という新しい聖歌があります。「マラナ・タ」という言葉は新約聖書の最後にでている『ヨハネの黙示録』という記述の最後のことばです。
世の終りにキリストが再び来るという信仰にもとづいて、キリスト教徒の最終的願望、死者の復活と永遠の命が実現することを希求することばです。 まず、歌の歌詞を紹介します。



          《 マラナ・タ 主よ来てください 》


b0221219_14211777.jpg

1 主の食卓を囲み 命のパンをいただき
  救いの杯を飲み 
  主にあってわれらは一つ
   
   マラナ・タ マラナ・タ 
   主のみ国が来ますように!
   マラナ・タ マラナ・タ
   主のみ国が来ますように!


b0221219_9434358.jpg
b0221219_9505222.jpg















2 主の十字架を思い 主の復活をたたえ
  主のみ国をまち望み 
  主にあってわれらは生きる 

   マラナ・タ マラナ・タ
   主のみ国が来ますように!
   マラナ・タ マラナ・タ
   主のみ国が来ますように!


b0221219_9594673.jpg


3 主の呼びかけに応え
  主のみ言葉に従い 愛の息吹に満たされ
  主にあってわれらは歩む

   マラナ・タ マラナ・タ
   主のみ国が来ますように!
   マラナ・タ マラナ・タ
   主のみ国が来ますように!

                        (新垣壬敏 作詩・作曲)


b0221219_9245825.jpg

1番の歌詞の「主の食卓を囲み」は、最後の晩餐と十字架の救いを想起し記念するミサで、キリストの御身体と御血をいただく、聖体拝領でキリストと一つに結ばれることを歌い、終末のときにキリストが再臨し、死者の肉体がキリストのように復活し、神とともに永遠の命を生きることをたたえ、願います。主にあってわれらは「一つ」は、愛に結ばれていることを意味しています。

1番の主題は、キリスト教が一番大事にしている「愛」です。



b0221219_1032352.jpg
b0221219_10331663.jpg

2番の歌詞の「主の十字架を思い 主の復活をたたえ」は、十字架上で人類を救ったメシアであることを示すキリストの復活をたたえます。キリストの復活はキリスト教信仰の核心です。それは天国における永遠の命の約束の保証でもあります。神の国を待ち望みながらキリスト教徒は、主とともに生きています。 

2番の主題は、人間が本質的に希望的存在であることを示している「希望」です。
「希望と喜び」という美しい言葉があります。なぜ「希望と喜び」なのですか、希望のさきには「神」と一つに結ばれる「愛」があるからです。


b0221219_10532820.jpg
3番の主題は、「信仰・信頼」です。イエスの福音のはじめは「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて、福音を信じなさい」でした。キリストの福音のことばに信頼して、「愛の息吹」である聖霊の働きに満たされながらキリスト教徒は、神への信頼のもとで地上の旅を歩みながら「神の国」ー「永遠の命」をめざします。

マラナ・タ 主よ来てください! 主のみ国が来ますように! と叫びながら、歌いながら「永遠の命」を信じ、神と一つになることを希望し、完全に神と一つになる「愛の完成」に向かっています。



                     *



使徒パウロの「コリント人への第一の手紙」の13章「愛の賛歌」の13節で「それゆえ、信仰と、希望と、愛この三つは、いつまでも残る。その中でもっとも大いなるものは、愛である」と記しています。「信仰・希望・愛」、とくに「愛は最も大事なも」のです。


聖アウグスティヌスは晩年の著書『信仰・希望・愛について』(1巻)のなかで、キリスト教徒が大切にしている信仰・希望・愛は、愛のよって分ちがたく結ばれている。そして愛こそ神にいたる道であり、律法・預言・福音の最終目標は愛であり、愛は天国において完成すると教えています。



                  *  *  *



「最後の晩餐」のときイエスは弟子たちに、「新しい掟」を3回に渡って与え、それが「友のために命を捨てること、これ以上の愛はない」と教え、命じました。



    「わたしがあなた方を愛したように、互いに愛し合うこと、これがわたしの掟である」。

               (→ ヨハネによる福音 13 , 34 . 15 , 12 -13 . 17. )




b0221219_11134571.jpg








 
[PR]

by francesco1hen | 2014-06-23 11:41 | Comments(0)


<< 珍しい「キリシタンの聖餅器」について      伊豆高原 大室山 と 城ヶ崎海... >>