家田足穂のエキサイト・ブログ

france1pen.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 06日

奇才非凡の彫刻家 桑山賀行の木彫作品(9)

「 秋さりて 」 1990

「折れて捨て去られた案山子によって過ぎた時間を表現」する作家は、過ぎ去る時の移ろいに「無常なるもの」を見ていたのでしょう。

b0221219_21534037.jpg

「万物流転」「生々流転」してこの世のもは変化し、消滅してゆきます(無常)。

しかし、与えられた「 魂 」 は、「 常 」すなわち、不変不滅・永遠です。




                 *





[PR]

by francesco1hen | 2016-10-06 10:29 | Comments(0)


<< 抜群の彫刻家 桑山賀行の木彫作...      比類のない彫刻家 桑山賀行の木... >>