家田足穂のエキサイト・ブログ

france1pen.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 06月 16日

座間谷戸山公園へ再訪(2)

「わきみずの谷と野鳥観察ウォール」

府中街道をそれて水鳥の池のおくの方へゆくと、ボコボコと気持ちの良い音を出している「わきみずの谷」にでます。豊かな水をたたえた小さな谷に白いスイレンガ咲いていました。谷のおくの方の小さな建物は「野鳥観察ウォール」です。

b0221219_14371970.jpg

b0221219_14413672.jpg


園内には、野鳥観察小屋が2カ所、野鳥観察ウォールが1カ所あります。あたりは静かで野鳥の鳴き声がよく聞こえます。

b0221219_14481473.jpg


野鳥観察ウォールの小窓から見る自然の景色は、また格別ですね。
b0221219_15202019.jpg


観察小屋やウォールには、野鳥の鳴き声が掲示されています。ところが、第2野鳥観察小屋の近くにこんな掲示板のサービスがありました。まことに面白く読みました。

b0221219_15155010.jpg


コジュケイの「一寸こい!、チョット コイ!」。そして、センダイムシクイの「焼酎一杯 グビィ」は傑作です。このほかにも鳥の鳴き声の「ききなし」は、面白いですね!


         
        詩編 148「全被造物に呼びかける賛美のさそい」

         太陽と月は神をたたえよ。
         きらめく星座は神をたたえよ。
         大空は神をたたえよ。
         雲は神をたたえよ。

         神のことばで造られた 天にあるすべてのものは、
         神の名をたたえよ。
         神は造られたものに おきてをあたえ、
         とこしえに それを定められた。

         地にあるものは神をたたえよ。
         海と そこに住むものは神をたたえよ。
         いなずまと あられ、雪と霜は神をたたえよ。
         吹きすさぶ風は神をたたえよ。

         山と丘は神をたたえよ。
         身を結ぶ木、すべての糸杉は神をたたえよ。
         野のけもの、すべての家畜は神をたたえよ。
         地をはうもの、翼ある鳥は神をたたえよ。

         地を治める王、すべての民は神をたたえよ。
         すべての支配者は神をたたえよ。
         若者と おとめたちは神をたたえよ。
         年老いたものも、子供たちも神をたたえよ。



わが国でも、このような考え方があります。鎌倉中期の一遍上人は、有名な「興願僧都へのお返事」の中で、つぎのような文を残しています。
    
  「よろず生きとし生けるもの、山河草木、吹く風たつ浪の音までも、念仏ならずといふことし。          人ばかり超世の願に預かるにあらず。」

これは詩編148と同じように、すべてのものが阿弥陀如来を讃え、念仏を唱えているのだ、と言っているのです。
[PR]

by francesco1hen | 2012-06-16 15:57 | Comments(0)
2012年 06月 16日

座間谷戸山公園へ再訪(1)

「座間谷戸山公園の田植えと雑木林」

神奈川県立 座間谷戸山公園では、心温まるなつかしい里山風景に出合うことができます。人間と自然が共生する里山では、人が自然の中ではたらき恵みを受け、自然を手入れすることで、自然もいきいきと命を享受します。ここでは、そのような人間と自然の深い関係をいたるところで見ることができます。

b0221219_13292957.jpg

里山に入ってくると田が耕され、田植えが行われていました。ほとりには花菖蒲が咲いています。整然と美しく田植えが行われているようすはまさに里山の風景です。

b0221219_13351974.jpg

b0221219_13412257.jpg

b0221219_13453492.jpg


座間谷戸山公園には、昔の府中街道が通っています。現在は園内の道としてよく整備されています。そして、そのまわりは雑木林に取り囲まれています。園内には、シラカバ観察林、クヌギ、コナラ観察林、スギ、ヒノキ観察林があります。

b0221219_13585858.jpg


府中街道沿いのクヌギ、コナラの雑木林について、つぎのような説明がしてありました。

本来、雑木林は薪や炭の用材にするために、人が絶えず手を加えて育ててきた林です。雑木林は、伐採されたあとも切り株から、また新しい芽が出て伸びていきます。そして、下草を刈りながらそのうちの何本かを残し、芽かきをして太い枝をを残していきます。

こうして生長したクヌギやコナラは、約20年で伐採し、また切り株から次の世代の芽が出てきます。このような雑木林は、人の手によって維持、監理された林なのです。

人の手が入らなくなると、雑木林はやがて別の林へと移り変わります。ここでは観察区を設け、5年ごとに伐採し、雑木林を維持させています。

b0221219_1443976.jpg

手入れされ明るくなっている雑木林です。


                   * * *


                 《 詩編のことば 》


             地にあるものは神をたたえよ。
            海とそこに住むものは神をたたえよ。
           稲妻と霰、雪と霜は神をたたえよ。
          吹きすさぶ風は神をたたえよ。
         山と丘は神をたたえよ。
          実を結ぶ木、すべての糸杉は神をたたえよ。
           野のけもの、すべての家畜は神をたたえよ。
            地をはうもの、つばさある鳥は神をたたえよ。

          地を治める王、すべての民は神をたたえよ。
           すべての支配者は神をたたえよ。
            若者とおとめたちは神をたたえよ。
             年老いた者も、子供たちも神をたたえよ。


            すべての者は神の名をたたえよ。
           神は偉大。その栄光は天地を覆う。

                             (詩編148 より)










[PR]

by francesco1hen | 2012-06-16 14:18 | Comments(0)
2012年 06月 15日

風さわやかな小山田緑地

多摩丘陵の原風景を残す 小山田緑地

町田市にある都立小山田緑地は、山あり谷あり、美しい林道や竹やぶ、溜め池や湿地など緑豊かな自然に恵まれた風景を見せてくれます。もちろん、その中を歩くという喜びがあります。

小山田緑地の本園をはじめ、梅木窪分園、大久保分園、山中分園をめぐり、飛び地を縫って歩く軽いハイキングコースを楽しむこともできます。今回は、緑地本園の風景を紹介します。

b0221219_17242983.jpg

b0221219_17322949.jpg

駆け回りたくなるような広い丘です。イギリスの風景を想い起こすような広々とした光景です。 

b0221219_16464233.jpg

林道では、爽やかな風が吹き抜けていました。

b0221219_1736318.jpg

小山田の谷にある溜め池や調整池で、これは田んぼの稲を栽培する里山のしるしです。

b0221219_18155414.jpg

ここには深いうさぎ谷があります。吊り橋の上から写した谷の風景です。ほほの木が美しい葉のすがたを見せていました。

b0221219_18193513.jpg

吊り橋をわたって道を進んだら、この尾根道のところから吊り橋を下の方にみることができました。


                 *
 


        詩編104「すべてのものは神を讃える」

         あなたは谷間に泉をわき出させ
         
         山かげを流れる沢とされる。
         
         野のすべてのけものは その水を飲み
         
         野に住む ろばも 渇きをいやす。
         
         空の鳥が そのほとりに巣を作り
         
         木々の梢からは さえずりが聞こえる。     
         
         あなたは高い所から山々を潤し
         
         地は あなたのわざの実りで満たされる。
         
         家畜のために若草が萌え
         
         人は作物を育て、地から 糧をえる。
         
         人の心を喜ばせる ぶどう酒も 顔をつややかにする油も
         
         人の命をささえるパンも。 

                 
                   *



『旧約聖書』におさめられている《詩編》は、古代イスラエルの民がその歴史や生活の中で、神を讃えたり、神に感謝したり、また、あらゆる場面でのねがいを捧げた祈りを集めたものです。《詩編》は、150編の祈りであり、神への歌のかたちで歌われました。《詩編》には、古代イスラエル人の心情が率直に表わされています。(引用した部分は、詩編104番の10-15節です)







[PR]

by francesco1hen | 2012-06-15 18:32 | Comments(0)
2012年 06月 14日

曹洞宗 大泉禅寺  ー 禅について ー

(1)曹洞宗 大泉禅寺

東京都町田市の小山田緑地の近くに、大泉禅寺という立派なお寺があります。鎌倉武士の小山田有重が承安元年(1171)に居城を構えたところに大泉寺が建てられたといわれています。

大泉禅寺は、安貞元年(1227)に小山田五郎行重により創建されました。今日では重厚な山門と中門を持つ寺院として注目されています。

b0221219_16202086.jpg

山門を入ると、前方に中門が見えてきます。
b0221219_16264157.jpg

b0221219_1633542.jpg

中門のおくの階段を上がったところに、コンクリート造りの豪壮な本堂があります。
b0221219_174054.jpg

豪壮な木組みの中門の内側から山門を眺めて見ると・・・
b0221219_1705634.jpg

禅寺のよさとでもいいましょうか、たいへん清々しい雰囲気でした。


(2)禅について

東洋的な瞑想の基本は、ヒンドゥー教の伝統の中で生まれたヨガの行法のなかにあります。
基本は「調身」「調息」「調心」の三つです。ここから瞑想の三段階に入ります。

(1) dharana 凝然(ぎょうねん)=精神の集中に努める。
(2) dhyana 静虜 (じょうりょ)=静まり、澄みきった状態になる。
(3) samadhi 三昧(さんまい)=対象だけが光り輝く状態に入りそこに止まる。


これを禅の方でいうと、「結跏趺坐」(座禅を組む)、「息を整える」(呼吸し、雑念・妄想を捨棄する)、「無我唯有仏」(仏我一如)・「空無悟達」の境地に入る、ということになります。


「禅」をサンスクリット(梵)語で、 dhyana ディヤーナ  といい、「静虜」または「定」と訳しています。

すでに述べたように、釈迦以前からの行法です。簡単にいいますと、迷いを断ち、感情を鎮め、心を澄みきらせて、真実・真理を体得することを目指します。また、精神を統一して真理を徹底して見極めること、ともいわれています。

「禅定」という言葉も使われます。これは姿勢と呼吸を整え、心を一つの対象に集中している状態をいいます。


ちなみに、カトリックの神父たちのあいだでも禅のすぐれた行法に注目し、座禅における瞑想を自分たちの霊性(宗教生活)に活かしている人が多いようです。

もっともカトリックでは、その霊性において meditation (黙想)と contemplation(観想)という霊性の伝統を持っています。


なお今日では、座禅は心理学的、精神身体医学的見地から見て注目すべき点があると考えられ、この方面からの研究も進められています。


一方では、禅宗は禅宗美術として日本の文化に及ぼした影響は大きく、すぐれた貴重な要素となっています。

禅宗寺院の石庭、禅僧の書、墨絵、禅宗寺院建築、茶室や茶道は、禅僧村田珠光に始まり、それは禅の精神にもとづいていると言われています。

茶道を大成した千利休においては、キリシタンの文化に出合い、さらに独特の世界が広がり深められました。






[PR]

by francesco1hen | 2012-06-14 18:43 | Comments(2)