家田足穂のエキサイト・ブログ

france1pen.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2013年 02月 04日

青く美しい 一碧湖 と 平明な 沼池 の風景

b0221219_172259.jpg

b0221219_1744710.jpg

b0221219_1775713.jpg

b0221219_1794272.jpg

b0221219_17154066.jpg

b0221219_17215678.jpg

b0221219_1726351.jpg

b0221219_17403434.jpg



国道135号を挟んで、一碧湖 につながっている 沼池 は、周りに葦が生い茂っていて平明な落ち着いた池でした。葦が生い茂る新緑の季節には、心を洗うような清新な風景をみせてくれるだろう。そんなふうに感じました。一碧湖とは違った好ましい風景でした。ここでも大寒の冷たい風にも負けず、カルガモたちは元気に泳いでいました。                                                                                                                                                       (^〜^)/
[PR]

by francesco1hen | 2013-02-04 17:59 | Comments(0)
2013年 02月 04日

「伊豆の瞳」青く美しい 一碧湖

b0221219_1684898.jpg


やさしい伊豆の山々にかこまれたところに、青く美しい一碧湖があります。「伊豆の瞳」とはよく名付けたものです。こんな美しい碧玉のような輝きをもった湖はそんなにありません。

碧玉は滅多に見かけることのできない高貴な「玉」です。深く澄んだ青い色の碧玉のような湖。それが伊豆の名所といえる 一碧湖 です。

b0221219_16132283.jpg

周遊歩道の丘からみえる「伊豆の瞳」一碧湖  伊豆らしい風景ですね!

b0221219_16155528.jpg

ひろがる湖の岸辺には、スワンボートや釣り船がつながれていました。ボートは客が来ないあいだは岸辺に上げられています。写っていませんが、カルガモ、マガモ、アヒル、小柄のオオバンなどが嬉々として泳いでいました。

b0221219_1622634.jpg

b0221219_16274341.jpg

左の岸のおくに、与謝野鉄幹と晶子の歌碑がありました。歌碑に湖が写っているのが面白い(^~^)/

b0221219_16302943.jpg

b0221219_16363193.jpg


b0221219_16335287.jpg



                
           うぐいすが よきしののめの空に啼き 吉田の池の碧水まさる

                                         晶子
[PR]

by francesco1hen | 2013-02-04 16:50 | Comments(0)
2013年 02月 03日

下田 ペリー 上陸記念碑から了仙寺まで

下田港は、1854年(安政元年)1月、ペリー提督が上陸した地点として、また、同年3月日米和親条約が締結された場所として有名です。現在は昔をしのぶ風景は見られませんが、ここだったのかという気はします。
b0221219_175963.jpg

b0221219_178280.jpg

b0221219_1713726.jpg

この地点から、歴史のロマンを感じさせる「ペリー・ロード」とよばれる道があり、その先きに日米和親条約が締結された了仙寺があります。
b0221219_17162840.jpg

b0221219_17204027.jpg

b0221219_17231056.jpg


1854年3月、日米和親条約を結び、(1)アメリカ船が必要とする燃料や食料などを供給すること、(2)難破船や乗組員を救助すること、(3)下田、箱館の2港を開いて領事の駐在を認めること、(4)アメリカに一方的な最恵国待遇を与えること、などが取り決められました。ついで、イギリス・ロシア・オランダとも和親条約を結んで、わが国は、200年以上にわたった鎖国政策から完全に転換しました。

ここから、開国と幕末の動乱が始まります。1858年(安政5)6月に、勅許をまたず日米修好通商条約が調印され、1860年には桜田門外の変で大老井伊直弼が暗殺され、尊王攘夷運動が激しくなり、倒幕運動が展開されて行きます。1868年(明治元年)1月から一年半に渡る戊辰戦争によって
江戸城は無血開城され、奥羽越列藩同盟の諸藩も打ち破られ、その中心の会津若松城も落城し、函館五稜郭に立てこもった榎本武揚らの軍も降伏し、国内は新政府によってほぼ統一されました。


                             ***


このような幕末の動乱のなかで生きた、綾瀬はるか扮する「幕末のジャンヌダルク」山本八重の生涯は、明治の時代には新島八重として、新しい女性の生き方をつらぬきました。
[PR]

by francesco1hen | 2013-02-03 18:18 | Comments(0)
2013年 02月 03日

伊豆下田 野水仙の香ただよう爪木崎

1月の終りに、海に浮かぶ大島や利島、新島や式根島、はるか遠くの神津島を眺めながら伊豆下田の爪木崎の野水仙を見てきました。
ここでは、早咲きの野水仙が約300万本が1月終わり頃まで咲きつづけるところです。暖かい伊豆の春の海も見たいし、水仙の香に惹かれて出かけてみました。

b0221219_1610321.jpg

b0221219_16141315.jpg

爪木崎の海(池の段と呼ばれています)と爪木崎灯台が見える風景
b0221219_16172380.jpg

灯台が見える丘の下にはこんな景色も見られました
b0221219_16244516.jpg

野水仙が広い場所で群生している風景は、見事なものでした
b0221219_16324089.jpg

日ごろ見る水仙は、床の間の花瓶に生けられた二三輪の花の姿です。それはそれで美しいのですが、群生して広く香を漂わせている美しい水仙の経験は、はじめてで新鮮でした。
b0221219_16401031.jpg


                    伊豆下田瓜木崎の野水仙群落地の風景でした
[PR]

by francesco1hen | 2013-02-03 16:55 | Comments(0)