家田足穂のエキサイト・ブログ

france1pen.exblog.jp
ブログトップ

タグ:永遠の命・無量寿 ( 4 ) タグの人気記事


2015年 04月 04日

復活の主日 復活の聖なる徹夜祭 (2017_4_16)

[ 主 キリストの復活  「わたしは復活し、あなたと共にいる」]


b0221219_21205287.jpg


グレコ 《キリストの復活》

この絵のようなキリストの復活の姿は、聖書には記述されていません。これは画家の想像によるものです。しかし、復活の栄光に輝くようすは、このような輝かしいものであったに違いありません。いや、もっと神秘的な想像もできない輝きであることでしょう。


                           *


2017年4月16日の日曜日は、カトリック教会では、復活の主日です。つまりイースター・復活祭です。
教会では、土曜日の夜から復活の聖なる徹夜祭がおこなわれ、翌日曜日に復活の主日を迎えます。


[ 復活の聖なる徹夜祭 ]

典礼の儀式では、第一部 光の祭儀で、司祭がΑとΩ(アルファとオメガ=初めと終り)の徴のついた復活のローソクを捧げながら「キリストの光!」を三回唱えながら行列を行います。つづいて、荘厳な「復活賛歌」を歌いあげます。

第二部 ミサのことばの典礼は、第一朗読から第七朗読まで創世記、出エジプト記、イザヤの預言、バルクの預言、エゼキエルの預言などが朗読され、あいだに答唱詩編が歌われます。つづいて、使徒書の朗読と聖書朗読がおこなわれます。

第三部 洗礼式(古代から復活祭のときによく洗礼式が行われました)。

第四部 ミサのもっとも中心的部分である感謝の典礼が行われます。感謝の典礼が始まるときの叙唱では、盛大につぎのように唱えます。

「聖なる父よ、過ぎ越の小羊キリストが捧げられたこの時、感謝と喜びに満ち溢れてあなたを讃えます。キリストは死からの復活によって罪を打ち破り、倒れていた世界を立て直し、新しい命をわたしたちにお与えになりました。全世界は復活の喜びに満ち、すべての天使はあなたの栄光を讃え終わりなく歌います」。

これにつづいてミサは、聖変化と聖体拝領がおこなわれ、感謝と喜びのうちにおわります。ミサの終りは「行きましょう。主の平和のうちに!」これに答えて「神に感謝!」です。



                            *



b0221219_22193495.jpg

ジョット  《復活のキリスト マグダラのマリアに現われる》  ヨハネ福音書の記述による

b0221219_224628100.jpg



b0221219_2255996.jpg

フラ・アンジェリコ 《ノリメ・タンゲレ (わたしに触れるな!)》  ヨハネ福音書による


                            *


                  [ キリストの受難と十字架の死と復活について ]



ヨハネ福音書が伝えている「ニコデモとの対話」のなかで、イエスは「神は独り子をお与えになるほど、この世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びることなく、永遠の命をえるためである」と言っています。

この世界について、神は始めから救いの計画をもっていました。世界と人間が創造され、アダムとエヴァが原罪を犯し、人類が罪の暗闇に苦しんでいるとき、メシアを送って人類を救う計画のはじめとして、神の子イエスをマリアに懐胎させ(受胎告知)、受肉の神秘によって神の子を人間として世に送り出しました。成長したイエスは奇跡を行うと共に福音を宣教して、人々に神の国の永遠の命の何ものにもかえることのできない価値あるものとして教えました。

いよいよ時が来て、最後の晩餐のあとイエスの受難と十字架の死のときが来ました。神の子イエスが、救い主キリストとして自分のすべてを父である神に犠牲として捧げ、人類の罪をあがなう「救いの業」十字架の受難と死を成し遂げました。そして墓に葬られて三日の後、イエスは復活したのです。イエスの復活は、キリスト(救い主)が、真の神の子であったことを鮮明にする出来事でした。そして「イエスの十字架の死と復活」は、「神の栄光」の現れであるといわれます。

イエスの十字架の死と復活は、父である神の救いの計画が達成されたこと、すなわち「神の栄光」を示しています。「神の栄光」とは、「神の救いのわざ」の素晴らしさが輝きでることです。よりやさしい言葉でいえば、神の輝く「喜び」です。

その喜びは、救われた者の「喜び」となります。そして、その喜びは神の国における《永遠の命》です。永遠の命の喜びは、神と完全に「一つになる」歓び、至福の喜びのほかはありません。

それはヘブライ語のことばでいうと《シャローム!》(神の平和・平安)です。ついでにいうと、サンスクリット語の《ニルヴァーナ》《シャンティ》(涅槃・寂静)です。これをやさしい言葉でいうと「平安・平和」ということになります。《平和・平安》は、人類共通の最高に大切なものであることが分ります。

                           *


b0221219_22554232.jpg

レンブラント 《エマオのキリスト》  復活ごイエスが二人の弟子に会う出来事



イエスが復活した同じ日に二人の弟子が、エルサレムから離れたエマオに向かって歩きながら、これまでの出来事について心配しながら話し合っていました。一人の旅人がちかづいてきていっしょに歩き始めました。

心配していることを聞いたその人は、「メシアは、必ずこのような苦しみをうけて後、その栄光に入るはずではなかったか」と言いました。そして、モーセから始めて、すべての預言者が、メシアについて聖書全体にわたって書いていることを、二人に説明しました。

やがて、彼らはめざす村にちかづいたので、泊まるようにすすめました。食卓に着いたとき、旅の人はパンを取り、賛美をささげて、二人の弟子に与えました。このとき弟子の目には、イエスということがはっきりと分りました。気が付いたときイエスの姿は消えていました(ルカ福音書24・13−35)。




                           *

[PR]

by francesco1hen | 2015-04-04 23:02 | Comments(0)
2012年 07月 20日

(5)《 円形の聖堂 》 カトリック南山教会

円形の教会建築は、古代ローマ帝国の《 パンテオン 》(万神殿)が、キリスト教時代になって教会として使われたほかは、あまり例をみません。円形の教会は近現代になってから見られます。

最近の例ですと、東京四谷のカトリック麹町教会(通称、聖イグナチオ教会)があります。これは《 内接円の円形 》の大聖堂です。

b0221219_16432792.jpg

b0221219_16434124.jpg











名古屋市には、ユニークな《二つの外接円の円形聖堂》のカトリック南山教会があります。

b0221219_16503824.jpg

b0221219_1652794.jpg



この南山教会は、1950(昭和25)年に南山学園の職員のための聖堂として建てられました。 その後、名古屋教区の小教区の教会となりました。 1958(昭和33)年には、現在の聖堂の聖別式と献堂式が行われ、岡の上の教会として憧れの対象の一つとなっています。

この教会のユニークな形は、外接する二つの円筒の構造になっています。内部の特徴は、祭壇を中心にした円形の聖域をかこむような会衆席が円形になっていることです。そのことは写真を見ればよく分ります。

b0221219_16533624.jpg

b0221219_17194420.jpg

b0221219_17203550.jpg


南山教会聖堂を外側から、北側からと背後からの外観です。これで外観と内部の形がよく分ります。

b0221219_17205472.jpg

b0221219_17222671.jpg



このユニークで斬新な教会建築について、当初多くの神父たちから「どう思いますか」という質問を受けました。さまざまな反応があって神父たちも気になっていたのだと思います。それほど斬新な教会建築でした。私自身は当初から、この聖堂があらゆる面から好ましい特徴と意味を豊かにもっていることを感じていました。

東京の聖イグナチオ教会の《 円形の会衆席と内接する円形の祭壇部分 》と南山教会の《 外接円の祭壇部分と会衆席 》という形のなかに、キリスト教のもっとも大切なことが示されているように考えられます。


最後の晩餐の夜イエスは、愛について弟子たちに詳しく語りました。その一つがヨハネ福音書14章20節の言葉です。

「わたしが父の内におり、あなたたちがわたしの内におり、そして、わたしがあなたたちの内にいることを、その日、あなたたちは悟であろう。」(*その日、とは、天の国に入ったときのこと。)

このことは、天国に入ったときに、救いの恵みを受けたものは《 父と子と聖霊の三位一体の神 》と完全に《 一つになっている 》ということです。
《 内接円や外接円 》は、《 神と人間が一つ 》になっている象徴的な形でもあるのです。


《 円 》は、永遠や永遠の存在を意味し、また、神の完全性、全能・永遠性を表わしています。
《 円のなかにい 》ることは、神とともにいること、さらに、円形の聖堂でミサを捧げ、聖体拝領を受けることは、神である 《 キリストと一致している 》ことにもなります。

b0221219_1801928.jpg



    「一切衆生」「二世安楽」 現世においても、来世においても、人びとが幸福であるように!
[PR]

by francesco1hen | 2012-07-20 18:21 | Comments(3)
2011年 08月 11日

(7)最後の晩餐におけるイエスの別れの言葉(挨拶)

最後の晩餐と十字架上の犠牲(救い)は、イエスの生涯が集約的に表わされている場面です。
イエスは、神の愛がどのようなものであるかを人間に分らせるために生涯のすべての場面を使って、「神は愛である」ということを話してきました。そして、最後の晩餐の時には「愛について」徹底的に弟子たちに話しました。そして翌日には、十字架上でそのことを実際に示しました。

イエスは、エルサレムの最後の晩餐の席で弟子たちに語りました。「わたしはあなたたちに平安を残す。わたしの平安をあなたたちに与える」。イエスが述べた「平和・平安」は、神と人間の愛における完全な一致です。神の国においてはじめて実現される「愛の完成」とは、全能永遠の命である「神と一つに」なることによって、人間が神の永遠の命に入ることを意味しています。

その意味は、さらに同じ日の晩餐のときのイエスの言葉で表わされました。

「わたしが父の内におり、あなたたちがわたしの内におり、そして、わたしがあなたたちの内にいることを、その日(天の国に入ったとき)、あなたたちは悟であろう」(ヨハネ14,20)

このことは、全能永遠の神(父と子聖霊の三位一体の神)と人間が、完全に融け合うように「一つにる」という真理を短いことばで言い表しているといえます。

このように人間は、神からの愛に招かれて、その神の愛の中で「永遠の命」、すべてにおいて満たされた《いのち》を生きるのです。

神の方に向かうように創られた人間は、その源泉であり目標である神のもとに戻ったとき、はじめて「愛の完成」としての「永遠の命」に生きるのです。

b0221219_17103260.jpg

ジョット 「最後の晩餐」 パドバのスクロヴェーニ礼拝堂《イエスの生涯》から
b0221219_17151391.jpg

ジュリアーノ・ヴァンジ 紫の服の男
b0221219_17154143.jpg

ヴァンジ彫刻庭園美術館にて
[PR]

by francesco1hen | 2011-08-11 17:19 | Comments(0)
2011年 05月 17日

「大切なもの」は何でしょうか                  「捨てる」という霊性について(14)

すべてに勝る価値とは


b0221219_1150593.jpg


フランチェスコとその兄弟たちが、出合うすべての人びとに「神の平和があなたたちの上にありますように」と伝えた挨拶の「平和」は、現代の世界で最も広く強く求められています。平和を実現するためには、人間の諸権利が認められる正義が必須の条件です。しかし、正義だけでは現実の諸問題は解決されません。何時の時代もそうですが、必ず存在する「政治的・社会的弱者」に対する配慮がないところに「平和」は実現されません。

正義と平和が深くかかわっているように、「平和」と「命」は深い結びつきをもっています。生命の本来のあり方は幸福に生きることです。すべてのものが幸福を願っていることは、言い換えれば、平穏無事、平和に生きることと同じです。

欠けたところのない状態の「平和」は、人間に与えられている諸権利が保証され、支配による不自由や抑圧、貧困や欠乏からの解放によって幸福に生きることです。そのためには、必要とされるものが
最低限において満たされなければなりません。完全に満たされている状態が「平和」です。フランチェスコや一遍たちは、まず、このようなことに心を注いでいました。


さらに「平和の挨拶」の深い意味は、この欠けたところがない状態をいう「完全に満たされた命」、
すなわち、「神の平和」を人びとに知らせることでした。神の国における「永遠の命」を、完全な善である父なる神のうちに見いだすことでした。「神と一つになる」神の愛における至福こそ、「平和の挨拶」の究極の目標でした。「神の平和」とは、このような世界をいうのです。


また、一遍たちが諸国遊行の旅で勧めた念仏「南無阿弥陀仏」は、欠けたとこのない「完全円満」の
阿弥陀仏との融合一体、つまり極楽浄土での往生・成仏を確信させるものでした。念仏によって救われた「無量寿」の魂は、大いなる生命のうちにある「絶対の安らぎ(ニルウ゛ァーナ=涅槃・寂静)」の世界にあるのでした。

b0221219_1152482.jpg



フランチェスコにおいても一遍においても、一切のものを捨てた「回心」の中で究極に求めたものは
すべてのものに勝る価値あるもの、神の国における「永遠の命」であり、極楽浄土における成仏、「
無量寿」であったのです。

フランチェスコの「平和の挨拶」を受けた人びとは、彼が語り勧める福音の言葉を信じ、喜びにあふれながら「永遠の命」に憧れを抱いていました。また、一遍ら時衆の踊り念仏の中で救われたものの歓喜を体で現わし、念仏札を手にして念仏を唱えた人びとは、阿弥陀仏と一つになる成仏を信じ、安心のうちに生きる歓びを実感したのです。


生きることのさまざまな選択肢に恵まれず、欲求や欲望の選択肢の乏しかった時代の人びとは、幸いにも最高の価値を求めやすかったかもしれません。


                     *



《シャローム・平安!》《シャンティ・平和!》《ニルルウ゛ァーナ・絶対の安らぎ!》
[PR]

by francesco1hen | 2011-05-17 17:50 | Comments(0)