人気ブログランキング |

家田足穂のエキサイト・ブログ

france1pen.exblog.jp
ブログトップ
2019年 03月 18日

[ 神からの恵みと真理(真実)] ー 神から出て神に帰る人間 ー (3)

(3)世界の終末における救いの完成「愛の完成」

b0221219_16520412.jpg
              エル・グレコ 《 復活のキリスト 》




 ヨハネによる福音書の6章40節につぎの言葉があります。

 「わたしの父(である神)のご意思とは、子(キリスト)を信じる人が皆、永遠の命を持ち、
 わたしが、その人を終わりの日に復活させることである」。

愛によって人を創造された神は、世界の終末のキリストによる救いの完成で、「肉身の復活と永遠の生命」をもつ者として、人を完全なものにします。

完全な人間の最終的な姿は、死によって失った肉体を復活させ、霊肉の「永遠の命」を持った者です。しかも、それが、神と「完全に一つ」になった「愛の完成のうちに在る」ことでした。 


 そのすがたは、パウロのコリント人への手紙につぎのように書かれています。

  「顔の覆いを取り除かれて、わたしたちは皆、鏡のように主の栄光を映し出しながら、
  主の霊によって栄光から栄光へと、主と同じ姿をもった者に変えられていくのです」(3 ,18)。


            終わりの日には、人は「神と一つ」になって、神の栄光の中にあるのです。

b0221219_17031989.jpg

b0221219_17025695.jpg
              ジョット 《 最後の審判 》 (パドヴァのスクロヴェーニ礼拝堂)





                            *





                         [ エピローグ ]


  ポール・ゴーギャンの大作の画題は、
 「われわれは、どこから来たのか、われわれは何者か、われわれは、どこへ行くのか」という問いかけでした。


        わたしたちは「神から来た者」です。

        わたしたちは「神と完全に一つになる者」です。

        わたしたちは神に帰り、「愛の完成」のうちに入ります。


                          *


               
       「わたしたちの源泉は、神であり、神は究極の目標です」




                          *





 新約聖書の最後の「ヨハネの黙示録」には、世界の終末について、次のような記述があります。 


  「新しい天と地」と「新しいエルサレム」(黙示録 21, 1 - 2. 21, 10 - 11. 21, 22 - 23 .)

  
   わたしはまた、新しい天と新しい地とを見た。先の天と先の地とは消え去り、もはや海もない。
   わたしは、聖なる都、新しいエルサレムが、神のみもとから出て天から降るのを見た。

   天使は、霊に感じていたわたしを、高い山に連れて行き、
   聖なる都エルサレムが、神のみもとから出て天から下ってくるのを見せてくれた。
   都は神の栄光に包まれていた。その輝きは、最も高価な宝石のようであり、透きとおった碧玉のようであった。 

   この都の中に神は見えなかった。万物の支配者である主と小羊(キリスト)とが、都の神殿だからである。
   この都には、それを照らす太陽も月も必要がない。神の栄光が都を照らし、小羊が都の明かりだからである。




b0221219_16453051.jpg
                    エル・グレコ   《 キリスト 》


                            *



                  「わたしは道であり、真理であり、命である」











# by francesco1hen | 2019-03-18 11:32
2019年 03月 18日

[ 神からの恵みと真理(真実) ] ー 神から出て神に帰る人間 ー (2)



(2)キリストの救いの「わざ」(十字架の受難による救い)

《 神の受肉の神秘 》(受胎告知)

b0221219_16503845.jpg
               フラ・アンジェリコ  《 受胎告知 》                                  
 
                        
b0221219_16524722.jpg
                             ロシア・イコンによる《 受胎告知 》
 
                       


b0221219_16511042.jpg
フラ・アンジェリコ   《 受胎告知 》(修室の壁画)



 「受肉」=「託身」とは、神が人間を救うために「人となること」です。救い主(メシア=キリスト)が、この世にうまれて人となることを、「受肉」(incarnatioin)・「託身」といいます。

 
b0221219_16483712.jpg
  
              フラ・アンジェリコ   《 受胎告知 》




 マリアが天使ガブリエルから受胎告知を受けて、メシア・イエスが生まれることになりました。


b0221219_16492051.jpg
                 ジョット  《 主の降誕 》


 イエスが生まれてからの時代からを新約聖書の時代といいます。この時代にイエスによって、神ヤーウェは、父と子と聖霊の交わりのうちにある「三位一体の神」といわれるよう啓示されました。

ヨハネによる福音書は記しています。「み言葉は人となり、我々のうちに住むようになった。我々はこの方の栄光を見た。父の元から来た独り子としての栄光である。独り子は恵みと真理に満ちていた」(ヨハネ 1. 14)。

 
メシア・イエスの生涯は、神の子が人となって(受肉して)福音宣教をすること、十字架の犠牲による「救いのわざ」を果たすことでした。

b0221219_11162101.jpeg
                   イエスが福音宣教を はじめたガリラヤ湖

 
 イエスの福音宣教の第一声は、「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」でした。これは、神の国を求め、神の命にあずからせる「永遠の命に生きる恵み」があること(福音)を信じなさい、ということです。

 
「永遠の命」に生きることは、神の国で「神と一つ」になり、「人が神から来て、神に帰る」という「神からの恵みと真理」を受けることを意味しています。

 神の似像として造られた人間は、神の英知とはからいの中で、幸福に過ごすことができました。しかし、罪の陰に陥って不幸なこともありました。この状態から救い出すのがメシア・イエスの使命でした。

 人となった救い主(メシア)が十字架に付けられ、その「受難の愛」が、すべての人の救いの基となったのです。父である神が、その独り子を救い主としてこの世に送ったのは、神に似せて創造した人間を、慈しみと憐れみの愛によって愛されたからです。


b0221219_16514959.jpg
                   エル・グレコ   《 十字架上のキリスト 》



 それはキリストを信じる者が一人も滅びることなく、永遠の命を得させるためでした。
永遠の命とは、人が「神と一つ」になり、神の命を生きることです。 これは神からの最も大きな「恵み」です。


神が人となることは「受肉の謙遜」といわれます。人を贖うために十字架で苦しみのうちに死んだキリストの愛を「受難の愛」といいます。この「受肉の謙遜」と「受難の愛」は、救いという「神の恵み」です。


b0221219_16531883.jpg
                  ヴェラスケス  《 磔刑のキリスト 》


b0221219_13573050.jpeg
レオナルド・ダ・ヴィンチ  《 最後の晩餐 》



この十字架の救いが行われた前の日に、最後の晩餐がありました。この夜、イエスは様々なことを弟子たちに話しました。中でも重要なことは、つぎの言葉でした。   

 「わたしが 父のうちにおり、あなたがたが わたしのうちにおり、そして、わたしが あなた方のうちのいることを、
 その日、あなた方は悟るであろう」(ヨハネ 14 , 20)。

その日とは、「神の国」に入った時のことです。神の国に入るということは、神と「完全に一つになる」ことです。
この他にもイエスは、「愛について」さまざまなことを語りました。


b0221219_13580079.jpg
                   ジョット 《 最後の晩餐 》



 そして語り終えた後、ゲッセマネの園に行き、自分のためと弟子たちのため、そしてキリストを信じる者ために祈りました。

 彼等のためには、「わたしが 彼等のうちのおり、あなたが わたしのうちにおられるのは、彼等が完全に一つになるためです」(ヨハネ 17, 2)と祈りました。

このイエスの祈りは、前出の「神の国」に入った時に悟ることでした。キリストの十字架の「救いのわざ」は、神から出た者が神に帰ったとき、「神と完全に一つなる」ことができるようにすることでした。


                   これが救いの恵みであり、真理・真実です。


b0221219_16522080.jpg
                 ルーベンス   《盗賊とともに磔の刑を受けたキリスト》





                          * * *




b0221219_16454421.jpg
               《 パントクラトール(万物の支配者キリスト 》(アトス山修道院)







                            *








# by francesco1hen | 2019-03-18 11:21
2019年 03月 18日

[ 神からの恵みと真理(真実) ] ー 神から出て神に帰る人間 ー (1)

                        [ エピローグ ]


       《 われわれは どこから来たのか、われわれは 何者か、われわれは どこへ行くのか 》


フランスの画家 ポール・ゴーギャン(1848-1903)の2度目のタヒチ島での滞在中に描いた畢生の大作の画題は「エピローグ」の言葉です。

  この題名の「問いかけ」は、人間の存在にとっての根源的な問いかけです。この問いを避けて通れるものではありません。


(1)天地創造と人の創造


b0221219_16473274.jpg

 天地の創造について、詩編104 「創造主への賛美」では、自然の中に見られる 神の英知と栄光を讃えます。
そして、自然界の創造では、植物・太陽・月・生き物の創造が 神の恵み豊かなものであることを 美しいことばで歌っています。
最後には、すべてのものに対する神の 英知と はからいを述べて、神を賛美して結んでいます。

 人の創造について、創世記は次のように述べています。「神はご自分にかたどって 人を創造された」(創 1. 27)。
 また、「神である主は 土の塵で人を形づくり、命の息をその鼻に吹き入れられた。そこで 人は生きるものとなった」(創 2. 7)。

 神に似せて造られ、「命の息」を吹き入れられた人間は、「神の似像」(iago Dei)であり、神の本性にあずかりうる「不滅の霊」をもった存在になりました。与えられたこの「不滅の霊」は、神と命を共にできる「永遠の命」です。


b0221219_11181032.jpeg
              
b0221219_16495774.jpeg
       
b0221219_16481139.jpg

 このように素晴らしいものとして造られたアダムとエヴァは、蛇の誘惑を受け、禁断の食物を食べて失楽園という不幸な姿をすることになりました。
 そのような不幸を背負った人間について、イザヤ預言者が、その預言書43章1-8 節で、エジプトから脱出したイスラエルの民が 前6世紀にバビロン捕囚から解放されることを記した言葉は、

「ヤコブよ、イスラエルよ、お前を創造さらた方、主は、今、こう仰せになる。・・・・ まことに、わたしはお前の神、主、お前の救い主、・・・。お前は わたしの目に貴く、重んじられる。わたしは愛するから、人をお前の代わりとし、諸国の民をお前の命の代わりとする。・・・・ わたしの息子を遠くから、娘を地の果てから連れてこい。これらの者はみな、わたしの名をもって呼ばれる者。わたしがわたしの栄光のために創造し、形づくり、作り上げたた者」。

という、驚くべき言葉でした。神に似せて創造された人間が、神に愛される貴重な存在であることを示し、その存在が神の栄光の輝きとなるというのです。

b0221219_11092937.jpeg
                   モーセが「十戒」を受けたシナイ山


もともと人類の代表として選ばれたイスラエルの民は、モーセがシナイ山で「十戒」を受てから、律法を守る民となりました。モーセ五書にでている律法は、人間が人間らしくなり、神に向かって聖くなるように与えれれた神ヤーウェの言葉です。

律法の核心となる言葉は、「わたしは聖なるものであるから、あなたたちも聖なるものとなりなさい」(レビ記 11, 45)です。

「律法」は、「神の似姿となる」ように人を招くヤーウェの言葉です。そして、神の愛に招かれている人の生き方を明示しています。
このように律法をまもりながら生きる人間は、詩編104 「創造主への賛美」の中で歌われたように、神の恵みの豊かさの中で生きていました。しかし、原罪の陰のある人間には、イザヤ書に書かれていたように「救い主」による神の救いが必要でした。



 「イスラエルの民の前史」(パレスチナ定住・出エジプト・バビロン捕囚)

 遊牧民であったヘブライ人(宗教的な呼び方では、イスラエルの民)は 前1500年ころパレスチナに定住し、その一部は飢饉の時には エジプトの移住しました。しかし、エジプトでは新王国の圧政に苦しみ、前12世紀に 指導者モーセに率いられてエジプトから脱出しました(出エジプト)。
 
 前1000年頃ヘブライ王国を建設し、ダヴィデ王・ソロモン王にもとで繁栄しましたが、王の死後、王国は北のイスラエル王国と南のユダ王国に分裂しました。その後イスラエル王国はアッシリアに滅ぼされ(前722)、ユダ王国も新バビロニアに滅ぼされて、前586年住民の一部の多くは、バビロンに連れ去られました(バビロン捕囚 586-538 B.C. )。


紀元前8世紀にあらわれた 預言者ホセア は、神の愛の預言者、また、前8世紀のヨハネ と言われています。
何故ならば、彼は神ヤーウェの愛について多くを書き記しているからです。彼の預言書の11章には つぎのように書かれています。

 「イスラエルが幼いころ、私は彼を愛した。わたしは わたしの子たちをエジプトから呼び出した。
 わたしはエフライム(イスラエルと同じ)に歩むことを教え、彼らをわたしの腕に抱えた。
 しかし、彼らはわたしに癒されたことを、知らなかった。     (父母性的な愛)

 わたしは愛の紐や愛の絆で 彼らを導いた。わたしは彼らに対しては、赤子を抱き上げ 頬ずりをする者ようであった。
 わたしは身をかがめて 彼らに食べさせた。   (慈しみの愛 強い絆で結ばれた愛)

 わたしの民は わたしを見捨てたために弱った。
 エフライムよどうしてお前を見放すことができようか。 ・・・ わたしの心は思い乱れ、わたしはますます憐れを催す。
 わたしはもはや怒りを燃やさない。わたしは 再びエフライムを滅ぼすことはない。
 わたしは神であって、人ではないから。わたしはお前とともに 聖なる者で、破壊(滅ぼす)することを好まない」。
                       (憐れみの愛 捨てはおけない気持ち、共感同苦)

このように神の愛の預言者ホセアは、イスラエルの民の不幸な状態に対して、父母性的な愛と慈しみの愛と憐れみ深い神の愛を明らかにしたのです。

アッシリア帝国に支配されて、また、バビロン捕囚下の民族の苦難に苛まれる人々の中に、やがて救い主(メシア)への待望の機運が起ってきました。

b0221219_11102366.jpeg


                             *






# by francesco1hen | 2019-03-18 11:14
2019年 03月 04日

《 天地創造の神を讃える人間の賛美 》 ー 詩編104 「創造主への讃歌」 ー

b0221219_16473274.jpg

b0221219_11181032.jpeg

《 天地創造と神のはからい そして 人が生きる喜びの讃歌 》


詩編104は、創造主への賛美をつぎのように歌っています。この詩編は、自然の中に見られる神の英知と栄光を讃えます。


 心を尽くして神をたたえよう。わたしの神ヤーウェ、あなたはまことに偉大なかた。
 誉と輝きを身に帯びて、衣のように光をまとわれる。


と歌い始め、つづいて、創世記1章の順をおって 神の創造のわざを 歌います。


 あなたは地の基をすえ、地はとこしえに揺らぐことがない。
 あなたが大水で衣のように地をおおわれると、水は山々をおおい隠した。
 水は山から谷に下り、定められたところに流れた。 


と美しいことばで神を讃えます。そして、
自然界の創造では、植物・太陽・月・生き物の創造が、神の恵み深いものであることを美しい詩ののことばで歌います。


 あなたは谷間に泉をわき出させ、山かげを流れる沢とされる。
 野のすべてのけものは その水を飲み、野に住む ろばも 渇きをいやす。
 空の鳥が そのほとりに巣を作り、木々の梢からは さえずりが聞こえる。

 あなたは高いところから山々を潤し、地は あなたのわざの実りで満たされる。
 家畜のために若草がもえ、人は作物を育て、地から糧を得る。
 人の心を喜ばせる ぶどう酒も、顔をつややかにする油も、人の命をささえるパンも。

b0221219_11174152.jpg
 
神の植えられたレバノン杉、神の木々は潤いに満ちている。
 小鳥は そこに巣を作り、こうのとりは糸杉に巣をかける。
 小高い山は やぎの すみか、岩場は あなぐまの隠れる ねぐら。
 あなたは月を造って四季を定め、太陽に沈む時を教えられる。


最後には、すべてのものに対する 神の英知とはからい を述べ、神を賛美して結びます。


 神よ、あなたが造られたものは数えきれない。英知によって形造られたものは地に満ちている。
  
 命のある すべてのものはあなたを待ち望み、あなたは必要な時に食物を与えられる。
 あなたが与えられるものを 彼らは集め、恵まれるよいもので満たされる。

 栄光は神にとこしえに。造られた すべてのものは 神の喜び。

 わたしは生涯、神に向かって歌い、命のある限り神を讃えよう。
 わたしの歌が 神の喜びとなるように。わたしは 神のうちにあって喜ぶ。


このように詩編104 は、すべてのものが神を讃える すばらしい詩情あふれる詩編です。
創造の偉大さ、大自然の中で生きるものの喜びによって、創造主である神を この上なく賛美しています。



b0221219_11160666.jpg

b0221219_11151068.jpg



# by francesco1hen | 2019-03-04 11:22
2019年 01月 17日

「キリストの洗礼」ー その深い意味 ー 

今週の日曜日1月13日 (2019) は、カトリック教会では「キリストの洗礼」を記念する祭日でした。


ルカによる福音書は、ヨルダン川の辺りで、キリストが洗礼を受けたことについて、次のように記しています。

 そのとき、民衆はメシアを待ち望んでいて、洗礼者ヨハネについて、もしかしたら彼がメシアではないかと、皆心の中で考えていた。そこで、洗礼者ヨハネは皆に向かって言った。

「わたしはあなたたちに水で洗礼を授けるが、わたしよりも優れた方が来られる。わたしは、その方の履物の紐を解く値打ちもない。その方は、聖霊と火であなたたちに洗礼をお授けになる」。

 民衆が皆洗礼を受け、イエスも洗礼を受けて祈っておられると、天が開け、聖霊が鳩のように目に見える姿でイエスの上に降って来た。   すると、「あなたはわたしの愛する子、わたしの心に敵う者」という声が、天から聞こえた。


b0221219_22230696.jpeg
                         ヴェロッキオ《キリストの洗礼》



 洗礼者ヨハネが、「その方は、聖霊と火で・・・洗礼をお授けになる」と言った「洗礼」の元の意味は「沈める」「浸す」です。      イエスは 洗礼によって人を、聖霊(火はそのシンボル)という「神の命」の中に浸す、という意味です。


b0221219_22194456.jpg
                  ジョット 《キリストの洗礼》



メシア・イエスは洗礼を受けたのち、ガリラヤで福音宣教の第一声をあげました。

一番早く書かれた マルコによる福音書 には、次のように書かれています。

 イエスはガリラヤに行き、神の福音を宣べ伝えて、「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」と言われた。
  
 * 悔い改めて というのは、これまで世俗の富を求めてきた考え方を改めて、一番大切な「神の国」を求める生活をしなさい、ということです。


b0221219_22213492.jpg
                 ジョット 《キリストの昇天》




 イエスが昇天によってこの世を離れる時の弟子たちへの最後の言葉は、「あなたたちは行って、すべての国の人々を弟子にしなさい。すなわち、父と子と聖霊のみ名に入る洗礼を授け、わたしがあなた方に命じたことを、すべて守るように教えなさい」でした。

ここで「み名に入れる」の み名は、名前で呼ばれる「神そのもの」を指し、父である神 と 子であるキリスト と 聖霊の「三位一体の神の命」の中に入る(沈める、浸す)こと、神の本性に与るこを意味しています。


洗礼は、キリスト教の信仰に入る入信式です。その「洗礼の秘蹟」とは、特別な神の恵みをうける徴として水で洗う(浸す)という行為によって「神の命」に入ることです。

そのことは、神にかたどり、神に似せて創造され「命の息」を与えられた人間の本性が、「神と一つになる」ことのできる存在であることを示しています。



b0221219_22142963.jpg
                 ロシア・イコンによる《キリストの洗礼》









# by francesco1hen | 2019-01-17 10:56
2018年 12月 25日

[ Merry Christmas !! ・ 救い主イエスの降誕 ](3)

b0221219_16060202.jpg
                                         
                                   
b0221219_17071562.jpeg

(3)メシア・救い主イエス降誕の喜び!

 ヘンデルのオラトリオ《 メサイア 》は、第1部後半において

第13曲 《 ピファ ー 牧歌的シンフォニー 》 で、イエスが生まれたベツレヘムの原野の情景を奏でます。

つづいて、第5楽曲群で「メシアの誕生・人となったメシアへの賛美」を歌います。
この歌詞はルカによる福音書2章8−14節の「羊飼いたちのイエス訪問」の言葉が、歌詞となっています。

第14曲a 「その地方で羊飼いが野宿をしながら」を。

第14曲b 「主の天使たちが近づき」を歌い、野宿する羊飼いたちに天使が接近した時の羊飼いたちの恐れを表現します。

第15曲「天使たちは言った」で天使はメシアの誕生を告げます。

第16曲「すると、この天使に天の大軍が加わり」で、おびただしい天使の群れの賛美が、そして

第17曲「いと高きところでは栄光、神にあれ!」が、天上の賛美と地上の賛美の響きを合唱します。

 第6単独楽曲 「メシア降誕の喜び」は
第18曲「娘シオンよ、大いに踊れ」は、ソプラノのアリアで「喜びと平和の知らせ」を歌います。(ゼカリア書 9, 9-10)


b0221219_17480059.jpg
エル・グレコ  《 救い主イエスの降誕 》



                              *


クリスマスは、「救い主キリストの誕生を祝うミサ」で、これまで 述べてきた「イザヤによるメシアの出現の預言」「メシア受肉の神秘」「救い主イエスの降誕」を想起し、人類の救い主が与えられたことを喜び感謝するときです。

クリスマスから2週間後の日曜日は「主の公現の主日」として【 東方の3博士の救い主イエスの訪問 】が祝われます。これは救い主の誕生が公にされたことを意味します。


b0221219_18122167.jpg
                  ジョット 《 東方の三人の博士の来訪 》








# by francesco1hen | 2018-12-25 18:18
2018年 12月 25日

[ メシア受肉の神秘 ・ マリアへの受胎告知 ・ 救い主イエスの降誕 ](2)

b0221219_14552384.jpg
               フラ・アンジェリコ  《受胎告知》(マリアへのお告げ)

(2)メシア受肉の神秘

「受肉」という見慣れない言葉は、incarnation =「 託身」とも訳されています。
「メシアの受肉」は、父と子と聖霊の三位一体の神の子キリスト(メシア)が、処女マリアから「からだ(肉)」を受けて人となったことを表す言葉です。  《受胎告知》(マリアへのお告げ)の絵がそのことを物語っています。

「受肉」は、見えない神が「目に見える人の姿をもってこの世に現れるという神秘」を表す言葉です。
聖書のことばでは、「言(ことば)は人間となり、われわれの間に住むようになった」という表現になっています。

「マリアへのお告げ」については、ルカによる福音書1章26ー38節で、このことを記しています。

 天使ガブリエルはマリアの所にきて、「恵まれた者、喜びなさい。神はあなたとともにおられます。・・・
マリア、恐れてはなりません。あなたは神から恵みをいただいたのです。あなたは身ごもって男の子を産むでしょう。
その名をイエスと名付けなさい。彼は偉大なものとなり、いと高きおん者の子と呼ばれます」と告げました。

 そこでマリアは天使に、「どうしてそのようなことがありましょうか、わたしは男の人を知りませんのに」と言った。
天使は「聖霊があなたに臨み、いと高きおん者の力があなたを覆うでしょう。それゆえお生まれになる子は聖なるもので、神 の子と呼ばれるでしょう」と。マリアは「お言葉どおりに、この身になりますように」と答えた。そして天使は彼女から離れ 去った。

b0221219_15455639.jpg
              フラ・アンジェリコ  《マリアへのお告げ》


* メシアの名「イエス」は、ヘブライ人の人名「ヨシュア」のギリシア語化したもので「ヤーウェは救う」という意味です。

イザヤ書7章14節の「見よ、おとめが身ごもって男の子を産むであろう。その名はインマヌエルと呼ばれる」と預言しまた。この名は「神はわれわれと共にいます」という意味です。

                             ***

つまり、受肉して、人となった神子イエスは、人々を救うためにこの世において、「あなたがたと共におられる神」なのです。



b0221219_16060202.jpg
                  ジョット  「馬小屋でのイエスの降誕」












# by francesco1hen | 2018-12-25 16:13
2018年 12月 25日

[ Merry Chrismas !・メシア受肉の神秘・救い主イエスの降誕 ](1)

b0221219_22391112.jpg
              フラ・アンジェリコ 《 受胎告知 》



(1)預言者イザヤの「メシア出現の預言」

イザヤ預言書は、救い主(メシア)の預言を書き記しています。マタイによる福音書はイザヤ書から5つの預言を引用しています。その最初の預言の言葉が、

 《ひとりのみどりごがわたしたちのために生まれた。ひとりの男の子がわたしたちに与えられた。
 その名は「驚くべき指導、力ある神、永遠の父、平和の君」と唱えられる》(イザヤ書 7, 5)

と来臨するメシアの姿の不思議を記しています。

この言葉は、ヘンデルの《メサイア》第1部を結ぶ第12曲 For unto us a child is born の歌詞として歌われます。(コーラス)

《メサイア》第1部 旧約のメシアに関する四つの預言の最後の曲が、第12曲「来臨するメシアの姿の不思議」を歌う合唱です。









# by francesco1hen | 2018-12-25 13:35
2018年 09月 12日

「無常という事」と「究極の幸福」

「無常という事」

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり。娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。

b0221219_21234651.jpg

「無常」は昔のことだけではなく、現代においても世は「無常」です。

小林秀雄は「無常という事」(1942)というエッセイで、「現代人は、鎌倉時代のなま女房(若い女)ほどにも、無常という事がわかっていない。常なるものを見失ったからである」と警告しています。




「常なるもの」は、どこにあるのでしょうか。

聖書につぎの言葉があります。

「天地は過ぎ去る。しかし、わたしの言葉は過ぎ去ることがない」(マタイ 13・31)。

「わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通ってでなければ、だれも父である神のもとに行くことはできない」(ヨハネ 14・6)。

          三位一体の神こそ、「常なるもの」・真理であり、永遠の命です。

b0221219_21251507.jpg
             父と子と聖霊の三位一体の神が、「常なるもの」です。




人間に必要な「平安と平和」ー 幸福

釈迦が悟りを開き、その境地で死の世界に入ったようすを表わす絵を「仏涅槃図」といいます。

b0221219_21262132.jpeg
                高野山金剛峰寺の「仏涅槃図」



釈迦の入滅(死)を「涅槃・寂静」(漢訳)ともいいます。サンスクリット語で〈ニルヴァーナ〉・〈シャンティ〉。その現代語訳は「絶対の安らぎ」と「平和」です。
悟りの境地に入った釈迦の死は、絶対の安らぎと平和でした。

  人間にとって「平和・平安」は、常に必要なものです。


最後の晩餐の夜イエスは、「わたしはあなた方に平安を残す。わたしの平安をあなた方に与える」と告げました。ここで「平安」は、真の幸福のことです。

  まことの幸福とは、完全に「神と一つになる」ことです。




「極楽」と「天国」 ー 究極の幸福 ー 

現代の日本では「極楽」は、死語のようです。一般に抵抗なく使われているのは「天国」です。

「極楽」(スクーヴァティ)の意味は「幸いのあるところ」です。


「天国」は、「天の国」または「神の国」ともいいます。究極の幸福のあるところです。その「神の国」とは、来世で人が完全に「神と一つになる」ことです。それが「究極の幸福」です。

         「神の栄光の中にある」ということであるとも言えます。

b0221219_21265264.jpeg


                         *






# by francesco1hen | 2018-09-12 10:53
2018年 09月 07日

[ 心に響く ことば ]

             〈 人の創造 の真意 〉

b0221219_21400416.jpeg


「神は自分にかたどって人を創造された。男と女とに創造された」(創世記 1・27)。


「神である主は土の塵で人を形づくり、命の息をその鼻に吹き入れられた。そこで人は生きるものとなった」(創世記 2・7)。


神に似せて造られ「命の息」を吹き入れられた人間は、神の似像(imago Dei)であり、神の本性に与りうる「霊」をもつ存在となりました。


                       *



                  〈 人の 永遠への想い 〉


コヘレトは書いています。

「神はすべてのものを、その時にかなったものとして美しく造られた。また、人の心に永遠の思いを授けられた」(コヘレトの言葉 3・11)と。


また、知恵の書は、

「命を愛される主よ、あなたはすべてのものをいとおしまれる。すべてはあなたのもの。実に、あなたの不滅の霊がすべてのものに及んでいる」(知恵の書 11・26)と記しています。


人に与えられたこの「不滅の霊」(魂)は、神と命を共にできる「永遠の命」です。


b0221219_21405209.jpg
                         *



                〈 人は 神の目に貴く、重んじられる 〉


神に造られた人間について、預言者イザヤは素晴らしい言葉をのこしています。


「人は、わたしの目に貴く、重んじられる」(イザヤ書 43・1)。

「これらの者はみな、わたしの名をもって呼ばれる者。わたしがわたしの栄光のために創造し、形づくり、造りあげた者」(イザヤ書 43・7)。


これらの言葉は、神によって創造された人間が、神に愛される貴重な存在であることを示し、その存在が、神の栄光の輝きとなるということです。

    だから「人間の尊厳」(Hominis Dignitati)が叫ばれるのです。


b0221219_21420089.jpeg
                         *


 
                   〈 貴重な存在である人間 〉


神に似せて創造され、「命の息」すなわち「不滅の霊」という命を与えられた人間は、神の愛の対象として、「神の命」の中に招かれています。

知恵の書は、人が貴重な存在であることを次のように書いています。


「あなたは存在するすべてのものを愛し、造られたものをすべて愛し、造られたものを何一つ忌み嫌われない。もし憎いものがあったとすれば、あなたはそれを形づくられなかったであろう。あなたが望まれなければ、どうして存在し続けることができよう」(知恵の書 11・24ー25)。


b0221219_21434088.jpg
                 パントクラトール(天地万物の支配者)


                         *


この知恵の書が書いているように、

     「神の目に貴く、重んじられる」人間は、神から愛される存在です。



                         *



            ラテン語のことば〈 hic et nunc 〉訳せば〈 今ここに 〉


今ここに「生きている」ことは 素晴らしい。そして、死後も「不滅の霊」(魂)が神とともに「永遠の命」を生きることは、〈 最高の善いこと 〉です。


b0221219_11152329.jpg
          ー 何かを感じているふたりの人 ー










# by francesco1hen | 2018-09-07 14:17
2018年 08月 18日

《 手が生み出す 木彫の世界 》 2

b0221219_21082762.jpg
    〈ひまわり〉

彫刻ギャラリーGakou の展示風景 〈ひまわり〉もそうですが、桑山賀行は、過ぎゆくものの美しさのうちに「無常という事」を追求している彫刻家であるように思われます。


「目で見る 桑山賀行展」

桑山賀行氏は、1948年 愛知県常滑市に生まれる。日展の評議員、審査員を務め、2007年 日展・内閣総理大臣賞受賞。2011年 清里の森 彫刻ギャラリーGakou 開館。

b0221219_21173048.jpg
    〈帆〉 廃れた案山子に「無常である事」を感じさせます。


b0221219_21175604.jpg
   〈風景 ー 海 ー〉 精密に船舶工学で造られた船も廃れた姿で残っている。


b0221219_21233303.jpg
    〈過去の街〉


b0221219_21230818.jpg
    〈道〉 道は、過去から未来へと続いていることを暗示しています。


b0221219_21235311.jpg
    〈演者 III〉部分

b0221219_21241611.jpg
    〈演者 VII〉「神の手によって動く人形」


b0221219_21292692.jpg
     〈蓮華〉


b0221219_21294685.jpg
      〈蓮華一笛〉

b0221219_21311308.jpg
     〈雲上の月見〉

b0221219_21313308.jpg
     〈雛祭り〉

                        *



b0221219_21315776.jpg
     〈窓〉 部分

                     
                        *



 桑山賀行氏は、希有の木彫家として多彩な作品で人を驚嘆させている彫刻家です。




# by francesco1hen | 2018-08-18 21:51
2018年 08月 18日

《 手が生み出す 木彫の世界 》  清里の森 彫刻ギャラリーGakou にて


b0221219_11413285.jpg
〈鳥のように〉海でも空でも何処でも駆け回ることができるような大きな翼、大きな帆、それに魚の尾をもつ船をイメージして造りました。(作者のことば)




[ 手で見る 小原二三夫 x 目で見る 桑山賀行 展 ]

 小原二三夫さんは、1952年青森県十和田市で、全盲の視覚障害者として生まれました。以来八戸盲学校・高等部・関西学院大学社会部を経て、現在は日本ライトハウス情報文化センターに勤務しておられます。

2013年「桑山賀行と土曜会 第22回手で触れて見る彫刻展」会場で、桑山賀行氏から木彫制作を勧められ、2014年の「桑山賀行と土曜会 第24回てで触れ見てみる彫刻展」に木彫数点を出品して、以後毎年出品されています。

この度は、「手で見る 小原二三夫 x 目で見る 桑山賀行 展」を清里の森 彫刻ギャラリーGakou で 2018年5月2日(水)から6日(日)まで開催。6月から10月までは第1週の土・日に開館されています。

b0221219_11322530.jpg

b0221219_11320628.jpg

b0221219_11314445.jpg

b0221219_11362770.jpg
    〈落ちる〉

「作者のことば」 
 歩道をブロック塀沿いに歩いていて、突然左脚が落ち、右膝だけでほとんど全体重を支えている情景を作品にしてみました。右膝の激痛のためショック状態になり、救急車が呼ばれました。前にあるのはストレッチャーです。


b0221219_11351043.jpg
     〈笛の音〉

 「笛の音」の笛を吹いている人は、レリーフなので充分に作り込めないと思って、立体で作ってみました。

b0221219_11372764.jpg
    〈なかよし〉

 2人の子どもが、なかよくシーソーのようなものに乗って、手をつないで揺られているところをイメージして彫ってみました。シーソーのようなもののどちらか一方の端を押さえると揺れます。こんな風景、見られるのでしょうか。

b0221219_11380085.jpg
    〈 考える II 〉

 船の形に似せた台に座し、頬杖をついて考えている姿を、磨崖仏のように彫り込んでみました。彫り込むのはなかなか難しかったのですが、磨崖仏には憧れています。


b0221219_11365891.jpg
     〈囚われの身〉

 前に向かって進もうとする人が、後ろから多くの目で監視され、手で押さえられ、ぎゅっとつながれている、そんな姿をイメージして作ってみました。このようなイメージは、若い頃から持っていました。

b0221219_11394571.jpg
     〈どうぞ〉

 この子のひろげた手に、なんでも「どうぞ」と言ってあげたくなるような、そんなイメージで作ってみました。大きな作品を作った時に出た端材で作りました。


b0221219_11402794.jpg
    〈風:なびく・ゆらぐ〉

 セット作品。風になびいたり揺らいだりする姿をイメージして彫ってみました。触るとゆらゆら揺れますし、2つを一緒に回してみても面白いです。
 このセット作品は、一つの円柱を螺旋状に2つに切り分けて作ったものです。出き上がるまでは「難産」でした。

b0221219_11405341.jpg
      〈かにさん散歩〉〈合掌〉 〈花風車〉

〈合掌〉地に座し、力強く、思いを込めて祈っている姿です。全体の形は、八戸の是川縄文館にある国宝の合掌土偶のレプリカに触ったときの印象を参考にしています。
 頭の後ろにあるのは、合掌している小さな手3つです。


                    *


手で見る 小原二三夫さんの木彫作品は以上のようです。生き方の色々な経験から生まれた作品の数々でした。




# by francesco1hen | 2018-08-18 17:02
2018年 08月 12日

サンメドウズ清里ハイランドパークの《 清里テラス 》

パノラマリフトで空中散歩です。                 

b0221219_17113772.jpg


天空テラスの賑わいは、このようです。

b0221219_17161633.jpg


天空テラスは、標高 1,900m です。眺望は格別です。

b0221219_17153824.jpg
眺望に感激している二人                  

b0221219_17134625.jpg

b0221219_17131942.jpg
テラスには30分計の砂時計があって、その間自由に使えます。
b0221219_17142289.jpg

    思い思いの人々の姿

b0221219_09520345.jpg



b0221219_17123196.jpg
b0221219_17125215.jpg
  
       石のテラスもなかなかです。ただ人はよってきませんね。




# by francesco1hen | 2018-08-12 17:39
2018年 07月 30日

「奥の細道」「露地口と露地」「狭い門と細い道」? 

〔1〕風雅の誠(まこと)を求める『奥の細道』

b0221219_22394784.jpeg
 「月日は百代の過客にして、行きかふ年も又旅人也」の序文で始る『奥の細道』の旅は、西行500回忌1689年(元禄2)松尾芭蕉と門人河合曾良が江戸を発って、下野、陸奥、出羽、越後、越中、加賀、越前、近江までの600里(2400Km)の旅でした。  
b0221219_22383867.jpeg
                        
b0221219_22385378.jpeg

 「みちのく」という辺境の地への旅で、芭蕉は多くの自然の美しさに出合い俳諧の真髄を求めました。
 この旅で芭蕉は、「不易流行」ということを深く知るようになったのです。

 「不易」とは、宇宙・大自然は変化「流行」しながらも、それを超越して不変である、ということです。
「流行」は、宇宙・大自然が、その時々に応じて変化していく有様をいいます。

 しかし、「不易」と「流行」は、対立するものではなく、大自然はたえず変化
(流行)しながらも不変(不易)であると、考える自然観であるといえます。

 俳諧では、真に「流行」を得れば自ずから「不易」を生じ、また、真に「不易」に徹すれば、そのまま
「流行」を生ずる、といわれています。



 芭蕉は、「奥の細道」の旅で「風雅の誠」を求めています。

 「風雅の誠」とは自我意識を捨て大自然と一体になった「永遠不変の境地」のことをいいます。

 それは「不易流行」の根底にあって、それを生み出すものです。
 そして、「風雅の誠」は、蕉風俳諧の根本理念になっています。


b0221219_22392507.jpg

                     
                        *



ところで平家物語では、「祇園精舎の鐘の音、諸行無常の響きあり」と「無常」と「常なるもの」は別のものです。しかし、芭蕉では「諸行無常」は「流行」です。無常でない「常なるもの」は「不易」です。

 俳諧においては「不易」と「流行」の根本は一つであり、芭蕉はそれを「風雅の誠」と呼んでいます。


古来わが国では、「大自然 = 神々」という考え方があります。これが芭蕉においては、大自然と一体になった「永遠不変の境地」(風雅の誠)となっています。これは俳諧に生きる者が求める「究極の境地」です。


 それはまた「大自然 = 神々と一体になった」という、心の深奥の願いであったといえるではないでしょう  か。


    


                        *




〔2〕露地口 と 露地から 茶室の「和・敬・清・寂」
                             

b0221219_16290088.jpeg
                            
b0221219_16302874.jpeg

 「露地」という細い道を通って、「にじり口」という狭い戸口から入る「茶室」とは、どのような処でしょうか。

b0221219_16365909.jpeg

 千利休の茶室で現存する唯一の妙喜庵待庵は、二畳敷という最小の茶室です。この小さな茶室空間は、数寄が凝らされて複雑になっていますが、この数寄屋風の小間は「宇宙自然の縮小としての茶室」です。たとえ小さな草庵であっても、そこでは宇宙自然の広がりが象徴されています。

 
                        *


 茶道の祖村田珠光が、足利義政に茶道の精神をたずねられ「和・敬・清・寂」と答えた、四文字の意味を体現し、実践ることが茶道の本分とされています。

 千家では、利休が定めたこの四文字を「四規」として重要視しています。


 「和」の字は、禾と口で出来ています。その「和」は、戦争をやめ平和の状態にする講和の意味です。禾(食 物)を口にすると、人は和やかになります。茶室の主人と客が互いに心を和らげ、謹み敬い茶亊を行ないま  す。

 「敬」が重んじられるのは、互いを敬うことがあってこそ、「賓主互感」のよい茶会が成り立つからです。

 「清」も大切で、茶室や道具は清潔であることが求められます。それだけではなく、茶席に招かれる人は俗事  にまみれた人でなく、清い心の人でなければなりません。

 「寂」は、茶室が脱俗した静寂な場所を理想としていることを示しています。


 しかも「和敬清寂」は、茶亊と人のありかた全体が、これに貫かれていなければならない大切なことです。

 さらに言葉を重ねるならば、必要とされるものがすべて清さの中で整い、和やかで謙虚な気持ちで静寂のうち に、大切な時を楽しむのが、「和・敬・清・寂」の茶室空間です。


   それは、つぎの言葉でも表わされています。


「賓主互感」親密な交わり。     「一期一会」大切な出合い。
「一座建立」同席する人々の一体感。 「余情残心」いつまでも消滅しない充実感。



                       *



          「和敬清寂」の「和」と「寂」に関連して考えてみます。


 釈迦の悟りの境地を「涅槃寂静」といいます。「涅槃」のサンスクリット語〈ニルヴァーナ〉の現代語訳は、「絶対の安らぎ」です。「寂静」〈シャンディー〉の現代語訳は「平和」です。

 茶道の「和」と「寂」は、「涅槃寂静」=「絶対の安らぎ」と「平和」に通じるものがあります。

 茶道の究極の境地は、善いもので満たされた人間の「平和・平穏」の世界ではないでしょうか。それは茶道という「場」での、精神的に深い 心の在り方 です。



                       *




〔3〕永遠の命を求める「狭い門 と 細い道」 ー 道・真理・命 ー

b0221219_16354942.jpeg

  「わたし(イエス)は門である」。そして「わたしは善い羊飼いである。・・・
わたしは善い羊飼いであり、自分の羊を知っている。わたしの羊もまたわたしを知っている。・・・ そして、わたしは羊のために命を捨てる」(ヨハネ 10・7.14 -15)とイエスは、人々の語りました。

 この個所の「知る」は、単に知り合うという意味ではなく、両者のあいだの深い信頼と愛の絆があり、心の交流があることを意味しています。

 それは「狭い門 と 細い道」を通る者のすがたです。



b0221219_16352163.jpeg

 また、イエスは「わたしの後に従いたい者は、おのれを捨て、自分の十字架をになって、わたしに従いなさい。自分の命を救おうとする者はそれを失い、わたしのため、また福音のために命を失う者は、それを救う」(マルコ 8・34 -35)と言っています。



 さらに、最後の晩餐の時には、「新しい掟」を与えました。

b0221219_22124916.jpg

 「互いに愛し合いなさい。わたしがあなた方を愛したように、あなた方も互いに愛し合いなさい」(ヨハネ 13・34 )と。

 二度目には、「わたしがあなた方を愛したように、互いに愛し合うこと、これがわたしの掟である。愛する者のために命を捨てること、これ以上の愛はない」(同 15・12 -13)と加えました。

 さらに三度目には、「あなた方が互いに愛し合うこと、これがわたしの命令である」(同 15・17)と「新しい掟」を命じました。



 晩餐の夜の「イエスは真の〈ぶどうの木〉」のたとえでは、

 「わたしはぶどうの木であり、あなた方は枝である。人がわたしのうちに留まっており、わたしもその人にうちに留まっているなら、その人は多くの実を結ぶ」(ヨハネ 15・5)と、親しく語りました。


b0221219_22120276.jpg


 晩餐が終わってからイエスは、ゲッセマネの園でイエスを信じる者のために祈りました。それは父である神への次のような「祈り」でした。


 「どうか、皆を一つにしてください。父よ、あなたがわたしの内におられ、わたしがあなたの内にいるように、彼らもわたしの内にいるようにしてください。・・・ 


 わたしたちが一つであるように、彼らも一つになるためです。わたしが彼らの内におり、あなたがわたしの内におられるのは、彼らが完全に一つになるためです」。
             
                            (同 17・ 21 - 23)


 この祈りは、晩餐の早い段階で弟子たちに告げていたつぎの言葉を、父である神に願った祈りであったのです。その言葉は、つぎのような「ふしぎな言葉」でした。


 「わたしが父の内におり、あなた方がわたしの内におり、
  そして、
  わたしがあなた方の内にいることを、
  その日、あなた方は悟であろう」。
                             (ヨハネ 14・20)


その日とは、「神の国」に入るときのことです。 神の国は「神そのもの」のことです。そのことは、今挙げた「ゲッセマネの園の祈り」で明らかにされたばかりです。



                      *



     「狭い門 と 細い道」の先には、神とともに在る「永遠の命」があるのです。


b0221219_22095720.jpg





# by francesco1hen | 2018-07-30 11:25
2018年 07月 23日

「茶室」にいたる 露地口・露地・にじり口

「茶室にいたる露地口・露地・にじり口」と「命にいたる狭い門と細い道」
  ー その比較 と 類似について ー


               〔 露地口から茶室まで 〕


 茶室にいたるまでの「場」の設定には重要な意味があります。いうまでもなく茶室のもつ意味は最も大きいのですが、茶室にいたるまでには、いくつかの重要な意味をもった「場」の設定が工夫されています。

 茶室のある庭を「露地」といいます。非日常的空間である茶室とそれをめぐる庭に入るためには、まず「露地口」を通らなければなりません。

b0221219_16290088.jpeg
 露地口は、日常的な空間と非日常的空間を区別するためのごく狭い入口です。
露地は「中潜」(なかくぐり)によって外露地と内露地に区別されています。

b0221219_16291625.jpeg
        「外露地」 その奥は「中潜」       

b0221219_16295560.jpeg
b0221219_16301151.jpeg
この二枚は「中潜」の例です。


 露地口と中潜という二重の結界(意識を変える場)がおかれることにより、露地も外露地と内露地に分れるようになりました。この外露地と内露地を区別するために作られたのが「中潜」です。                             

「中潜」の中門を通るといよいよ茶室に近づきます。   

b0221219_16304825.jpeg
「ツクバイ」       


 茶室の手前には、聖なる場所に入る身の清めと心構えを整えるために「ツクバイ」(蹲踞 = つくばうは、謙虚な姿勢、慎み深い清らかな心)が作られており、客はこのツクバイで水をくんで口と手を清めます。                   

結界を越えて、その度に緊張の度合いを高めながら、客は数寄の聖なる茶室への最後の戸口である「にじり口」と呼ばれる60センチ四方の最も小さな狭い入口に至ります。               

b0221219_16315740.jpeg
「にじり口」の一例     
               
                                       客は一礼して身をかがめながら「にじり口」から数寄を凝らした茶室に入ります。「にじり口」から入ると狭小な茶室空間は大きく感じられ、無限の可能性をもつようになったと言われています。                         

b0221219_16365909.jpeg
「妙喜庵」と呼ばれている茶室


 
                         *



 
                 〔 命にいたる 狭い門 と 細い道 〕


b0221219_16333070.jpeg



 聖書に「二つの門」や「狭い戸口」という個所があります。とくに有名なのは「狭い門」の所です。これは「露地口」と「にじり口」を思い出させます。

 狭い門から入りなさい。滅びへの道は広く、そこに通じる道は広々としていて、そこから入る者は多い。しかし。いのちへの門は狭く、そこに通じる道は細くて、それを見つけるものは少ない。 
                                      (マタイ 12・13 -14 )

b0221219_16301151.jpeg

 「狭い門」と「露地口」、「狭い戸口」と「にじり口」は形の上でも、意味的にも似ています。「露地口」は普通の広い門ではなく、非日常的な「和敬清寂」の茶道の世界に入る狭い入口です。「にじり口」も最も大切な茶道の場「茶室」に入る戸口です。


 「狭い門」は、実はイエスのことです。あるとき、イエスは「わたしは羊の通る門である。わたしを通って入るなら、その人は救われる」(ヨハネ10・9 )と言いました。

 イエスの福音の第一声は「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて(考え方を変えて)、福音を信じなさい」でした。福音を信じた者の究極的結果は、「神の国」ー 神とともに在る「永遠の命」です。


   「いのちへの門は狭く、そこに通じる道は細い」のです。 

   「茶室」にいたる「露地口・露地・にじり口」と同じように。


 「中潜」にも意味があります。

 イエスが旅にでようとしたとき、金持の青年が走りよって尋ねました。  

「先生、永遠のいのちを受け継ぐためには何をすればよいのでしょうか」。

イエスは答えました。「律法を守りなさい」と。「これらのことは皆、小さい時から守っています」と青年。

イエスはこの真面目な青年を、じっと見つめて、愛情を込めて、言いました。


 「あなたに欠けているものが一つある。行って、持っているものをことごとく売り、貧しい人々に施しなさい。そうすれば、天に宝を積むことになる。それから、わたしについて来なさい」。


青年はこの言葉を聞いて、悲しみ、沈んだ顔つきで去って行きました。多くの財産を持っていたからです。



 「露地口・露地・中潜」は、ある意味で関門です。世間的な執着を捨て、ひたすら茶道の「和敬清寂」の世界を求めることが必要とされるのです。


 イエスの門は、世間的な富よりも、より大切なことのみを求めているのです。
これに関してイエスは、「富を持つものが 神の国に入るのは、なんと難しいことであろう」。

 さらに加えて「金持が 神の国に入るよりは、らくだ が針の穴を通るほうがもっとやさしい」と。    
                           
                            (マルコ 10・23 -27)

 
 「にじり口」は、敵意や虚飾・雑念を捨て、純粋な「和敬清寂」茶道の世界に入る戸口です。 最も厳しい「狭い門」です。

 これと同じように、福音(イエスの門)では、イエスに従うことが求められています。


 イエスは群衆を弟子たちといっしょに呼び集めて、「わたしに従いたい者は、おのれを捨て、自分の十字架を担なって、わたしに従いなさい。


 自分の命を救おうと望む者はそれを失ない、わたしのため、また福音のために、命を失うしなう者は、それを救う。たとえ全世界を手に入れても、自分の命を失ったならば、なんの益があるだろうか」と語りました。

                            (マルコ 8・34 -36)


        「神の国・永遠の命」への 門は狭く、そこに 通じる道 は細いのです。


b0221219_16365909.jpeg


 「広い門・広い道」とは、現世的な 富の豊かさや、自己中心的な 快適なこと のみを求めることが、
「滅びへの道」になるのです。


b0221219_16333070.jpeg


                         *



               ヨハネによる福音書に、有名な言葉があります。
                     〔 道・真理・命 〕

      
              「わたしは道であり、真理であり、命である。
              わたしを通ってでなければ、
              だれも父(である神)のもとに行くことはできない」。

                      (ヨハネ 14・6)


b0221219_17390198.jpg





# by francesco1hen | 2018-07-23 11:44
2018年 07月 20日

詩編 22「メシアの受難の詩」と 《 メサイア 》の楽曲

b0221219_17302116.jpg
            エル・グレコ  「エリ、エリ、レマバクタニ!」


詩編22 は、他人から非道に扱われ、神との断絶を体験する人の嘆きの詩といわれています。したがって、「神のしもベの苦しみと願い」 という題を付けられることもあります。

しかし、その多くの言葉は、イエスの受難の情況を彷彿させるものがあり、また、新約聖書のイエスの受難に引用される個所が多いので有名です。

 それで、この詩編は「メシアの受難の詩」 といわれています。

              

                   *



             詩編22「メシアの受難の詩」



22・2  わたしの神よ、わたしの神よ
      なぜわたしをお見捨てになるのですか。
 
         (この言葉は、マタイ27・46 マルコ15・34で引用される)

      なぜわたしを遠く離れ、救おうともせず
      呻きの声も聞いてくださらないのか。

   3  わたしの神よ
      昼は、呼び求めても答えてくださらない。
      夜も、黙ることをお許しにならない。

   4   だがあなたは、聖所にいまし
      イスラエルの賛美を受ける方。

   5  わたしたちの先祖はあなたに依り頼み
      依り頼んで、救われて来た。 

   6  助けを求めてあなたに叫び、救い出され
      あなたにより頼んで、裏切られたことはない。

   7  わたしは虫けら、とても人とはいえない。
      人間の屑、民の恥。  

  8  わたしを見る人は皆、わたしをあざ笑い   (ルカ23・35-37で)
   唇を突き出し、頭を振る。

      (マタイ27・39-44 マルコ15・29で、《メサイア》 27曲の歌詞。)

   9  「主に頼んで救ってもらがよい。
      主が愛していておられるなら、助けてくださるだろう」

               (マタイ 27・43-44で、《メサイア》28曲の歌詞。)

  10  わたしを母の胎内から取り出し
      その乳房にゆだねてくださったのはあなたです。
  11  母がわたしを身ごもったといから
      わたしはあなたにすがってきました。
      母の胎内にいるときから、あなたはわたしの神。

  12  わたしを遠く離れないでください    
       苦難が近づき、助けてくれる者はいないのです。

  13  雄牛が群がってわたしを囲み
      バシャンの猛牛がわたしに迫る。 
  14  餌食を前にした獅子のようにうなり
      牙をむいてわたしに襲いかかる者がいる。

  15  わたしは水となって注ぎだされ    (無抵抗になすがままにされる)

      骨はことごとくはずされ       (肉体的に激しい苦痛を受ける)

      心は胸の中で蝋のように溶ける。         (魂の苦悩の表現)

  16  口は渇いて素焼きのかけらとなり    (ヨハネ 19・28で「渇く」)

      舌は上顎にはり付く。       (十字架上の苦難を想像させる表現)


b0221219_17152157.jpg
グリューネヴァルト    「イエスの磔刑」         


      あなたはわたしを塵と死の中に打ち捨てられる。

  17  犬どもがわたしを取り囲み
      さいなむ者が群がってわたしを囲み  
      獅子のようにわたしの手足を砕く。  (ヨハネ 19・34「刺し貫き」)


b0221219_17294248.jpg
          ルーベンス  「刺し貫かれるイエス」



     18  骨が数えられる程になってしまったわたしの体を
         彼らはさらしものにして眺め
      19  わたしの着物を分け
         衣を取ろうとしてくじを引く。
     
                  (マタイ 27・35 と ヨハネ 19・23-24 で)

  20  主よ、あなただけは
     わたしから遠く離れないでください。
     わたしの力の神よ
    今すぐにわたしを助けてください。
   21  わたしの魂を剣から救い出し
       わたしの身を犬どもから救い出してください。
22  獅子の口、雄牛の角からわたしを救い
       わたしに答えてください。



                  *

  
   「詩編22」の22節以下は省略。あと、32節までつづきます。


b0221219_17240569.jpg
      アヴィニオンのピエタ
     

                   *



ここに掲げた「詩編22」には、メシアの受難におけるイエスの肉体的・精神的苦痛と苦悩、苦難における例えようもない孤独感に苛まれていることが、余すところなく表わされています。


                   *



       「詩編22」からの歌詞による《 メサイア 》の楽曲


《 メサイア 》第10楽曲群 第27曲と28曲の主題は、ゴルゴタの丘におけるメシア受難の描写です。

十字架上のイエスに浴びせられる群衆の嘲笑と悪意の言葉、メシアへの神を恐れぬ侮辱と暴言が中心になっています。

その声楽的語法は、テノールの〔レチタティーヴォ・アコンパニャート〕と〔合唱〕という形が採られています。



第27曲「彼を見る人は皆、彼を嘲笑い」(メシアに対する群衆の嘲笑と悪意)

   彼を見る人は皆、彼を嘲笑い、唇を突き出し、頭を振る。    
                              (詩編22・8)


第28曲「主に頼んで救ってもらうがよい」(メシアへの侮蔑と暴言)

   「主に頼んで救ってもらうがよい。主が愛しているなら、助けてくれるだろう」
                              (詩編22・9)



b0221219_17183452.jpg
        エル・グレコ  「成り終われり」 イエスの十字架上での死



                    *






# by francesco1hen | 2018-07-20 11:03
2018年 07月 16日

中山湖・鐘山の瀧とその渓流  「凉し」写真集

b0221219_17290244.jpg
b0221219_17295134.jpg
      朝の鐘山の瀧

 

                         *


鐘山渓流
b0221219_17310596.jpg
     

b0221219_17390198.jpg



b0221219_17410944.jpg


b0221219_17321566.jpg

b0221219_17314212.jpg
b0221219_17384049.jpg


b0221219_17324898.jpg

                  


                        *





b0221219_17395600.jpg


〈 完 〉






# by francesco1hen | 2018-07-16 17:58
2018年 07月 15日

ヘンデル《 メサイア 》の歌詞になった「イザヤ53章」

《 メサイア 》第9楽曲群 ヤーウェの苦難のしもベの贖罪の真相

第23曲「彼は軽蔑され、人々に見捨てられ」 (受難のメシアの悲惨な姿)

b0221219_17152157.jpg

〔歌詞・テキスト〕〔コントラルトのアリア(独唱)〕


彼は軽蔑され、人々に見捨てられ、多くの痛みを負い、病を知っている。

                              (イザヤ書53・3)

 打とうとする者には背中をまかせ、ひげを抜こうとする者には頬をまかせた。
 顔を隠さずに、嘲りと唾を受けた。
                              (イザヤ書50・6)



b0221219_21424162.jpg


                         *


イエスの受難の真相を伝えるこの希有な言葉として歌われる 第23曲のテキストは、くり返しくり返し歌われる表現の意味を目に見えるようにイメージしないかぎり、決して心撃つ歌にはならない。また、歌の心を心に受け止めることはできない。

大切なことは、「ヤーウェの受難のしもベの歌」の全体を集約したような、この曲のテキストの言葉そのものの意味を素直に捉えることが肝要です。


                         *


第24曲「彼が担ったのはわたしたちの病」(罪に目覚めた人の良心の声)

〔歌詞・テキスト〕〔合唱〕

 彼が担ったのはわたしたちの病、彼が負ったのはわたしたちの痛みであった。
 彼が打ち砕かれたのは、わたしたちの咎めであった。
 彼の受けた懲らしめによって、わたしたちに平和が与えられた。

                             (イザヤ書53・4-5 )


第25曲「彼の受けた傷によって」(メシアの贖罪の意味)

〔歌詞・テキスト〕〔合唱〕

 彼の受けた傷によって、わたしたちはいやされた。

                              (イザヤ書53・5)


第26曲「わたしたちは羊の群れ、道を誤り」(罪の告白の言葉)

〔歌詞・テキスト〕〔合唱〕

 わたしたちは羊の群れ、道を誤り、それぞれの方角に向かって行った。
 そのわたしたちの罪をすべて、主は彼に負わせた。
                              (イザヤ書53・6)


                         *



第23曲のアリア「彼は軽蔑され、人々に見捨てられ」と、これに続く
第24曲「彼が担ったのはわたしたちの罪」
第25曲「彼の受けた傷によって」
第26曲「わたしたちは羊の群れ、道を誤り」の連続する三つの合唱の

テキストの言葉は、「苦難のしもベ」の悲惨なすがたを知って、これに無関心であったことを悔い、自分自身の罪の重さを悟る目覚めた人の良心の声、メシアの贖罪の意味を噛み締めた上での罪の告白の言葉です。


                   
                        * * 



第11楽曲群 メシアの十字架上での死と復活

 第29曲「嘲りに心を打ち砕かれ」(エルサレムの婦人たちの同情)
 第30曲「目を留めよ、よく見よ」(百人隊長らの心ある人々の感動)
 
b0221219_17294248.jpg


第31曲「彼は命ある者の地から断たれた」(メシアの十字架上の死)

〔歌詞・テキスト〕〔ソプラノのアコンパニャート〕

 あなたの民の背きゆえに、彼が神の手にかかり
 命あるもの地から断たれたことを。
                            (イザヤ書53・8)


b0221219_22451544.jpg

b0221219_16315244.jpg

 第32曲「あなたは彼を陰府(死の国)に渡すことなく」
                       (メシアの埋葬・復活への希望)
 〔ソプラノのアリア〕


 第33曲「城門よ、頭を上げよ」(復活した「栄光の王」メシアの輝かしさと力)

 〔合唱〕

b0221219_22593975.jpg
      エル・グレコ  〈 キリストの復活 〉

  キリストの復活を見た者は一人もいません。復活のようすは画家の想像によるものです。


b0221219_11381964.jpg
       フラ・アンジェリコ 

      〈 復活したキリスト・イエスに最初に出会ったマグダラのマリア 〉



                        *






# by francesco1hen | 2018-07-15 16:13
2018年 07月 13日

イザヤ書53章の「ヤーウェの苦難のしもベの歌」

イザヤ書53章の「ヤーウェの苦難のしもベの歌」は、旧約聖書におけるメシア預言の頂点となっています。

この歌が「文学の奇跡」といわれる理由は、イザヤ預言者が十字架の下に立って、磔刑のイエスを観ていたかのようにイエスの姿を描いていることです。

これは今まで、いずれの画家も描きえなかったイエスの受難の真実のすがたを、イザヤが「詩文のかたち」で書き残しているのことから「文学の奇跡」といわれるのです。


   
    「ヤーウェの苦難のしもベの歌」 (52・13 ー 53・12)


52・13 見よ、わたしの僕は栄える。
     はるかに高く上げられ、あがめられる。
   14 かつて多くの人をおののかせたあなたの姿のように
     彼の姿は損なわれ、人とは見えず
     もはや人の子の面影はない。
   15 それほどに、彼は多くの民を驚かせる。
     彼を見て、王たちも口を閉ざす。
     だれも物語らなかったことを見
     一度も聞かされなかったことを悟ったからだ。

53・1 わたしたちの聞いたことを、誰が信じようか。
     主は御腕の力を誰に示されたことがあろうか。

   2 渇いた地に埋もれた根から生え出た若枝のように
     この人は主の前に育った。
     見るべき面影はなく
     輝かしい風格もなく、好ましい容姿もない。

   3 彼は軽蔑され、* 人々に見捨てられ * *
     多くの痛みを負い、病を知っている。
 
                   ( * マルコ 10・34. ルカ 18・31-33を見よ)
                    ( * * マタイ 2631. ヨハネ 16・32 を見よ)
                    
                      (《メサイア》第23曲の歌詞の前半)

    わたしたちに顔を隠し、わたしたちは彼を軽蔑し、無視していた。

  4 彼が担ったのはわたしたちの病
    彼が負ったのはわたしたちの痛みであったのに
    わたしたちは思っていた。
    神の手にかかり、打たれたから、 彼は苦しんだ、と。

  5 彼が刺し貫かれたのは、わたしたちの背きのためであり
 
    彼が打ち砕かれたのは、わたしたちの咎めのためであった。
    彼の受けた懲らしめによって、
    わたしたちに平和が与えられ      
                       (《メサイア》第24曲の歌詞)
    
    彼の受けた傷によって、わたしたちはいやされた。

                       (《メサイア》第25曲の歌詞)
  6  わたしたちは羊の群れ
    道を誤り、それぞれの方角に向かって行った 。
                      
                        (《メサイア》第26曲の歌詞)


    そのわたしたちの罪をすべて *     ( * マタイ 26・31. 26・56 を見よ)
    主は彼に負わせられた。
  7 苦役を課せられて、かがみ込み *
                 ( * マタイ 26・67-68 と 27・27-30 を見よ )

    彼は口を開かなかった。*  
                  ( * マタイ 26・63 と ヨハネ 19・ 9 を見よ)

    屠り場に引かれる小羊のように *          ( * 黙示録 5・6 を見よ)
    毛を切る者の前にもの言わない羊のように
    彼は口を開かなかった。

b0221219_12330096.jpg

  8 捕らえられ、裁きを受けて、彼は命を取られた。*

       ( * ヨハネ 18・3-11./ 18・19-24./ 18・28-19./19・28-37 を見よ)

b0221219_17262310.jpg

        彼の時代の誰が思い巡らせあであろうか。

        わたしの民の背きのゆえに、彼が神の手にかかり
        命ある者の地から断たれたことを。 
                          (《メサイア》第31曲の歌詞)

b0221219_16315244.jpg
      ジョット   〈ピエタ 聖母マリアの悲しみ〉


    9 彼は不法を働かず、その口に偽りもなかったのに *
                     ( * ヨハネ 18・38. / 19・16 を見よ)

      その墓は神に逆らう者と共にされ *
               ( * マタイ 27・33-38/ ヨハネ 19・16-18 を見よ)
      富める者と共に葬られた。*       ( * マタイ 27・59-60 を見よ)

   10 病に苦しむこの人を打ち砕こうと主は望まれ
      彼は自からを償いの捧げ物とした。
      かれらは、子孫が末永く続くのを見る。
      主の望まれることは、彼の手によって成し遂げられる。

   11 彼は自らの苦しみの実りを見、それを知って満足する。
      わたしの僕は、多くの人が正しい者とされるために
      彼らの罪を自ら負った。

   12 それゆえ、わたしは多くの人を彼の取り分とし
      彼は戦利品としておびただしい人を受ける。
      彼が自らをなげうち、死んで
      罪びとのひとりに数えられらからだ。*
                 ( * マルコ 15・26-27. と ルカ 22・37 を見よ)

      多くの人の過ちを担い
      背いた者のために執り成しをしたのは
      この人であった。


b0221219_17154745.jpg
     ルオー  〈 キリストの顔 〉
           

                        *


このイザヤ53章の「ヤーウェの苦難のしもベの歌」を、使徒パウロは次のように要約しています。


キリストは神の身でありながら、神としてのありかたに固執しようとはせず、かえって自分をむなしくして、しもベの身となり、人間と同じようになった。

その姿はまさしく人間であり、死にいたるまで十字架の死にいたるまで、へりくだって従う者のとなった。

それゆえ、神はこの上なく彼を高め、すべての名にまさる名を惜しみなくお与えになった。
こうして、天にあるもの、地にあるもの、地下にあるものはすべて、イエスの名においてひざをかがめ、
すべての舌は「イエス・キリストは主である」と表明し、父である神の栄光を輝かす。

                      (フィリピの信徒への手紙 2・6 -11)


このフィリピの信徒への手紙で、「死にいたるまで、十字架の死にたるまで、へりくだって従う者となった」と要約された、イザヤ53章7-10節のメシア受難の描写は、まさにイエスの受難の真相に迫るものです。

b0221219_17175524.jpg
ベラスケス イエスの死



     イザヤ53章に「主の僕の苦難の後の栄光」という標題が付けられている聖書の訳もあります。


    
 *




   





# by francesco1hen | 2018-07-13 12:40
2018年 07月 04日

 『知恵の書』の記述 と 現代人の生き方

b0221219_12483881.jpeg
    

旧約聖書の収められている『知恵の書』が書かれたのは、前2世紀に七十人聖書が完成された後の前88年ー前30年の間と推定されています。

著者はユダヤ人でギリシア哲学思想に精通し、旧約聖書の内容にも明らかでした。ギリシア語で書かれた『知恵の書』の特徴は、不思議なことに旧約聖書と新約聖書をつなぐ役割をもっていることです。

ところで、今日『知恵の書』の2章を読むときに驚くことは、これが前 1世紀に書かれたのもかかわらず、現代世界に住む人間の個人の生き方や国家・経済の在り方を浮かび上がらせるような記述があることです。『知恵の書』には、そのことが次のように記述されています。


2・1 彼らは正しく考えず、互いに言い合う。
    「われわれの一生は短く、悲しみに満ちている。人は最期にあたって何もすすべはなく、また陰府      (死)から人を救い出した者は誰もいない。

  2 われわれは偶然に生まれたものであり、後には、まったく存在しなかった者のようになる。われわれの    鼻の息は煙、人の思いは心臓の鼓動から出る火花にすぎない。

  3 鼓動が止まると、体は灰となり、魂は軽い空気のように消え失せる。

  4 われわれの名は時とともに忘れられ、だれもわれわれの業を思い出してくれない。われわれの一生涯は    薄れゆく雲のように過ぎ去り、霧のように散らされる。日の光に追われ、その熱に溶かされながら。

  5 わらわれの生涯は影のように、ひとたび最後が来れば、やり直しはできない」。 


b0221219_17464407.jpeg


この『知恵の書』のことばからは、死から先はないという人々の声が聞こえてくるようです。長時間の延命治療も人の生命を救うことはできず、「体は灰となり、魂は軽い空気のように消え失せる」結果に終わります。人の業績は間もなく人々の記憶から消え去り、人の生涯は雲散霧消してしまいます。

このように人の死の先には何もないと考えることは、人間の悲惨を感じさせるものでしかありません。死が人間の存在を完全に消滅させるということは、人間にただただ恐怖感を与えるだけです。  


そこで、彼らは次のように考えます。


  6 「さあ、目の前にある善いものを楽しもう。若い時のようにこの世のものをひたすら貪ろう。

  7 善い酒と香料におぼれ、春の花を見逃さず、
  8 バラのしぼみがしおれぬうちに、冠にしよう。

  9 われわれが飲んで騒がぬ野辺はないようにしよう。楽しみの跡を至る所に残しておこう。これこそわれ    われの取り分、われわれの定めなのだ。

 10 貧しい義人を虐げよう。年を重ねた老人の白髪も敬いはしない。

 11 わらわれの力を正義のものさしとしよう。弱さは無益なものとされているのだから」。 


この記述からは、現代世界の政治や経済の状況が現れてくるような気がします。


b0221219_17480844.jpeg


b0221219_17470517.jpg
    世界的に広がる貧富の格差


b0221219_17491557.jpeg

人間が生きるために必要なものかと疑わせるような、富の豊かさを象徴する豪華な高層ビルの建物や住居。

高級グルメや高額商品を節度なく求める消費文化の現代人の行動は、贅沢な物質主義の虚飾ともいえる果実を貪るような愚かな姿に思えます。

その生き方が、たとえ生き甲斐のある充実した生活であっても、かならず訪れる死によって終わってしまうものであるならば、「生きる目的」をもたないその行動は、意味のない生涯であったとしか言えません。


「鼓動が止まると、体は灰となり、魂は空気のように消え失せる」ことは果たしてそのようでしょうか。


目に見える外面的な世界のことよりも、人間自身の内面(魂)に眼を向けて、新しい世界を見いださなければならない時ではないでしょうか?



b0221219_17460032.jpeg

「われわれの名は時とともに忘れられ、誰もわれわれの業績を思い出してくれない。われわれの一生は薄れゆく雲のように過ぎ去り、霧のように散らされる」

という文字を読むとき、すべての人は生まれかつ、例外なく死に、死ぬ時はいかなる人も財産を持っていくことはできない。


    だから、死で終わる人間の生涯は、何であるかを問わざるをえなくなります。


b0221219_10154962.jpeg


イエスのガリラヤでの福音宣教の第一声「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」という言葉は、人々がこれまで抱いてきた現世的な価値観の転換をせまる衝撃的なものでした。


イエスが人々に迫る呼びかけは、人々を幸福にするのは、地上の富ではなく、神の国(永遠の命)と神の前に正しい生活を求めることこそが、最も価値のある幸福・神の国にいくことができる、というメッセージでした。


                                 *


b0221219_12483881.jpeg


b0221219_21174218.jpg
    ルオー「キリストの顔」







# by francesco1hen | 2018-07-04 21:40
2018年 07月 02日

不思議な旧約聖書の『知恵の書』と「詩編30番」

b0221219_10144713.jpeg
               モーゼが『十戒』を授けられたシナイ山


  不思議な書物『知恵の書』

旧約聖書に収められている『知恵の書』は、紀元前1世紀(ある説によれば、
前2世紀)にギリシア語で書かれた著者不明の教訓書です。

著者はユダヤ人で、ギリシア哲学思想に精通し、旧約聖書にも明らかでした。
この『知恵の書』は、旧約聖書のうちで新約聖書と最も密接な関係をもっています。
それはこの書が、旧約聖書と新約聖書をつなぐような役割をもっていることです。

内容は多義にわたっていますが、ここでは、「死と生」に言及している個所を紹介します。
(知恵1章 13 -15. 2章 23 - 24.)



                         *



    
b0221219_10151463.jpeg
「死海」とよばれる湖         



神が死を造られたわけではなく、        
命あるものの滅びを喜ばれるわけでもない。   

生かすためにこそ神は万物をお造りになった。  
世にある造られたものには価値がある。     
滅びをもたらす毒はその中になく、       
死の力がこの世を支配することもない。     
神の正しさは不滅である。           


神は人間を不滅な者として創造し、       
ご自分の本性の似姿として造られた。      

悪魔の妬みによって死がこの世に入り、     
悪魔の仲間に属する者が死を味わうのである。  




神の本性の似姿(imago Dei = image of God)は、
     本来、人間が神の永遠性に与る存在である根拠です。     
 
       このことから「人間は、神の目に貴く重んじられる」       
       という意味の深さが理解できると思います。           




b0221219_10154962.jpeg
イエスが、福音を宣べ伝えはじめたガリラヤ湖



「詩編30」のことば


神よ、あなたはわたしを救い、
死の力が勝ち誇るのを許されない。
神よ、あなたは死の国からわたしを引きあげ、
危うい命を救ってくださった。

滅びは神の怒りのうちに、いのちは恵みのうちにある。
夜が嘆きに包まれても、朝は喜びに明けそめる。

神よ、いつくしみ深くわたしを顧み、わたしの救いとなってください。
  あなたは嘆きを喜びに変え、荒布を晴れ着に替えてくださった。


b0221219_10160872.jpeg
善き牧者イエスと共にいる羊たち      




「この詩編30」は、〈いのち〉の与え主である神に信頼しながら歌われたものです。

滅びは神の怒りのいうちに・・・「滅び」と訳されている語は「一瞬」ともとれます。

新共同訳では「いっとき、お怒りになっても、命を得させることを御旨としてくださる」と訳しています。                            


そして、この詩編には、イエスの福音や十字架の救いのわざを思い起こすことができるかのような、言葉が見受けられます。                       


b0221219_12491705.jpeg







# by francesco1hen | 2018-07-02 15:04
2018年 06月 29日

詩編 145「偉大な神への賛美」


b0221219_22021363.jpeg


         詩編 145「神の偉大さと慈しみを讃える」


      わたしたちの神は偉大、すべてを超えて 讃えられる方。
      その偉大さは はかり知れない。
      今の世は次の世に あなたのわざを語り告げ、
      あなたの偉大な力をほめ歌う。

      神よ、あなたは恵み と あわれみ に満ち、
      怒るにおそく、いつくしみ 深い。
      その恵みは すべてのものに及び、
      憐れみは 造られた すべてのものの上にある。

      神よ、造られた すべてのものは あなたを讃え、
      あなたに従う人は感謝して歌う。
      彼らは あなたの国の栄光を語り、
      力ある あなたのわざを告げる。

      すべての人は あなたの力ある業と
      あなたの国の栄光を 知るようになる。
      あなたの国は永遠の国。
      あなたの支配は世々に及ぶ。

      神のことばは正しく、
      そのわざには 偽りがない。
      神は悩みのうちにある者を支え、
      倒れる者を すべて立たせてくださる。
      神を待ち望む すべてのものに、
      いのちの糧を豊かに恵まれる。
      生きている すべてのものの願いを、
      神は豊かに満たされる。

      神が行なわれることは すべて正しく、
      そのわざは 慈しみに満ちている。
      助けを求める すべてに人、
      心から祈る人のそばに 神はおられる。

      神をおそれる人の願いを聞き入れ、
      その叫びを聞いて助けられる。
      神を愛する人はすべて神に守られ、
      神に逆らう者は退けられる。


      わたしは神の誉れを語り、
      すべての民は世々限りなく、
      尊い 神の名を誉め讃える。



b0221219_22024320.jpeg

                         *



この「神の偉大さと慈しみ」を讃える 詩編145番 には、神の愛を表わすヘブライ語の5つの言葉が すべて出てきます。この点でも、注目される 詩編です。

出てくる順に 「恵み」「憐れみ」「慈しみ」「知る」「愛」の5つです。

 「めぐみ」は、  ヘーン(恵みとしての愛・無償の愛)。
 「あわれみ」は、 ラーミム(心からの同情)。
 「いつくしみ」は、へセド(深いきずなの愛)。
 「知る」は、   ダート(深いところまで知る親しさ)。
 「愛」は、    アハベ(広い意味の愛・love)です。


ヘーンは、アモスの預言書に出てきます。あとの4つは、ホセアの預言書に出てきます。



b0221219_22240673.jpg







# by francesco1hen | 2018-06-29 23:39
2018年 06月 24日

詩編のことば「つねに人々と共にいる神ヤーウェ」

  
詩編 139 番「つねに人々と共にいる 神ヤーウェの はからい」

 
 神よ、あなたは わたしを心にかけ、わたしの すべてを知っておられる。
 わたしが 座るのも、立つのも知り、遠くから わたしの思いを見通される。

 歩くときも、休むときも見守り、わたしの行いを すべて知っておられる。
 くちびるに言葉が のぼる前に、神よ、あなたは すべてを知っておられる。

 後ろからも、前からも、あなたの手は わたしを守る。
 わたしを包む あなたの英知は神秘に満ち、あまりに深く、およびもつかない。

 あなたから離れて、わたしは どこに行かれよう。
 
 翼を駆って、東に逃れても、海を渡り、西の果てに住んでも、
 あなたの手は わたしを導き、あなたの右の手は わたしを離さない。

 
 あなたは わたしの体をつくり、母の胎内で、わたしを形造られた。 
 わたしを造られた あなたのわざは不思議。
 わたしは心から その偉大なわざを讃える。

 神よ、あなたの思いは きわめがたく、そのすべてを知ることはできない。
 あなたのはからいは限りなく、生涯わたしは その中に生きる。



                   *






b0221219_22143028.jpg

b0221219_22240673.jpg





# by francesco1hen | 2018-06-24 16:59
2018年 06月 22日

宇宙のすべてのもの賛美を呼びかける「詩編148番」

     詩編148番「宇宙の賛美」

  ハレルヤ。天は神をたたえよ。
  天にあるすべてのもは神をたたえよ。
  神の使いは神をたたえよ。
  すべての力は神をたたえよ。
 
  太陽と月は神をたたえよ。
  きらめく星座は神をたたえよ。
  大空は神をたたえよ。
  雲は神をたたえよ。

  神のことばで造られた 天にあるすべてのものは、
  神の名をたたえよ。
  
  地にあるものは神をたたえよ。
  海と そこにすむものは神をたたえよ。

  稲妻と霰、雪と霜は神をたたえよ。
  吹きすさぶ風は神をたたえよ。

  山と丘は神をたたえよ。
  実を結ぶ木、すべての糸杉は神をたたえよ。
 
  野のけもの、すべての家畜は神をたたえよ。
  地をはうもの、翼のある鳥は神をたたえよ。

  地を治める王、すべての民は神をたたえよ。
  すべての支配者は神をたたえよ。
  若者と おとめたちは神をたたえよ。
  年老いた者も、子供たちも神をたたえよ。

  すべてのもは神の名をたたえよ。
  神は偉大。その栄光は天地をおおう。ハレルヤ!



b0221219_22250116.jpg

この詩編 148 番が非常に好きであったアシジの聖フランチェスコは、兄弟たちとよくこの詩編を朗誦しました。

そして、後に姉妹キアーラの修道院の庭で、病苦に耐えながら《 兄弟太陽の賛歌 》という賛歌をつくり、神によって造られたものたちを兄弟姉妹と呼んで、ともに神を讃えました。

《兄弟太陽の賛歌》に興味をもつ方は、このエキサイト・ブログの

「アシジの聖フランチェスコの《兄弟太陽の賛歌》」

を検索して、または 探してご覧ください。


b0221219_22240673.jpg









# by francesco1hen | 2018-06-22 18:57
2018年 06月 22日

《 画家モネの睡蓮 》 と《 大船フラワーセンターのスイレン 》

 [ 印象派の画家クロード・モネ(1840-1826)の睡蓮の絵 ]


モネは 1899年からスイレンを描いていますが、オランジュリー美術館の「睡蓮の間」に展覧されている最晩年の〈睡蓮〉の大装飾画にいたるまで、「睡蓮」を主題にした作品は約200点残されています。

表現されたのは、初めは睡蓮の池の広い風景や日本風の橋のある池の睡蓮の美しさでした。しかし、次第に睡蓮の浮いている水面に向けられていきます。そして、太陽の光によって、季節や時間とともに変化していく光の効果を捉えようとしました。

b0221219_22023942.jpg
ジヴェルニー「モネの庭」(マルモッタン公式HPより)


b0221219_22033000.jpg




b0221219_22022037.jpg

b0221219_14051801.jpg
箱根ポーラ美術館・所蔵




 [ 大船フラワーセンターの〈 スイレン 〉]



b0221219_22183742.jpg

b0221219_22143028.jpg
b0221219_22250116.jpg


b0221219_22240673.jpg
b0221219_22242522.jpg
b0221219_22135833.jpg
b0221219_22155077.jpg


b0221219_22145240.jpg

b0221219_22151211.jpg

b0221219_22131977.jpg



                    *





    [ 詩編のことば ]


  神よ、あなたの慈しみは はかり知れない。
  あなたの翼のかげに人々は逃れ、
  あなたの家の豊かさに飽かされ、
  喜びの川から水を飲む。

  いのちの泉は あなたのもとにあり、
  あなたの光のうちに わたしたちは光を見る。

  あなたを知る者に 慈しみを、
  心の正しい人に豊かな恵みを注いでください。


        詩編 36・ 8-9. 10. 11.







# by francesco1hen | 2018-06-22 14:23
2018年 06月 17日

中村さん家の「ノウゼンカズラの花」

ノウゼンカズラ(凌霄花) 学名 Campsis gradiflora

b0221219_16213200.jpg

中村さん家の門脇で〈 ノウゼンカズラの花 〉が満開です。 


落葉つる植物です。赤橙色の花を鑑賞するために、古くから栽培されています。
中国原産の蔓植物で 6・7月に咲き、夏の間つぎつぎに咲きます。         

b0221219_16215220.jpg
b0221219_16220956.jpg
b0221219_16222854.jpg


漢字で「凌霄花」と書きますが、珍しい名前ですね。









《 詩編のことば 》



神よ、あなたのわざは わたしを喜ばせ、     
あなたの造られたものを わたしはたたえる。

神よ、あなたのわざは偉大、       
その思いは はかり知れない。       

心の鈍い者にはわからず、        
愚か者には悟れない。          

神に従う人は なつめやしのように栄え、 
レバノン杉のようにそびえる。      

神の家に植えられた人は、         わたしたちの神の庭で栄える。      

年を経ても なお実を結び、        
いつも いきいきと おい茂る。      


(詩編 92・5-7. 13-15)


b0221219_17480282.jpg


註。なつめやし 高さが30メートルほどにもなる常緑樹。
        レバノン杉とともに、繁栄や勝利のシンボルとされています。  

        レバノン杉 「香柏」とも訳されています。          
        高さが30メートル近くにもなり、枝を大きく広げる美しい木です。




       





# by francesco1hen | 2018-06-17 17:26
2018年 06月 16日

ミルテの花 「銀梅花」(マートル)




《 ミルテの花 》は「清純」という花言葉をもっています。  

b0221219_14372694.jpg
ミルテ(独)・銀梅花(和名)・マートル(通称)は、地中海沿岸地方原産で、明治時代に渡来しました。
常緑低木の花木です。梅花の白を銀色にたとえて「銀梅花」と名づけたらしいです。葉はハーブとして「マートル」と呼ばれ、羊肉(ラム・マトン)の香付けとして使われています。

                       *

《 ミルテの花 》(Myrthenblüthen)は、ヨハン・シュトラウス2世(1825-1899)が、1881年にウィーンナ・ワルツとして作曲しています。

オーストリア皇太子ルドルフとベルギー王女ステファニーの結婚式を祝う作品として作られたものです。
1881年5月8日、ウィーンのプラーター公園で催された国民祭で初演されました。当日は歓喜する20,000人の聴衆が集まりました。皇太子夫妻は、大群衆に遮られて演奏会場にたどり着くことができませんでした。

後日、弟のエドワルトが日を改めて、《 ミルテの花 》オーケストラ版と自らが作曲した《 ヴェールと冠 》を、皇太子夫妻の前で演奏したそうです。

その後もこのウィーンナ・ワルツは人気のワルツで、2018年のニュー・イヤー・コンサートで演奏されました。

b0221219_14370752.jpg


《 ミルテの花 》(Myrthen)は、R.シューマン(1810-1856)も 26曲からなる連作歌曲を作っています。

1840年9月12日結婚式の前日、シューマンは「愛する花嫁に」と書いた新しい歌曲集を、純潔の象徴である〈ミルテの花〉で飾って贈りました。


                        *


b0221219_14372694.jpg
    ミルテの花の学名は、  Myrtus communis   です。

   ミルテの花・銀梅花・マートルから、色々なことが分りました。


                        *


b0221219_16370430.jpg
       
       スイレンの花もキレイです。(大船フラワーセンターにて)





# by francesco1hen | 2018-06-16 16:46
2018年 05月 29日

神の栄光のなかで輝くわたしたち 「神と一つになる」

[ 三は位一体の神 ] について

旧約聖書の時代に、天地の創造主「神ヤーウェ」は、「主」(アドナイ)と呼ばれていました。

 この神は、父性的な神として知られていましたが、神の子イエスが福音を宣べ伝える言葉のなかで、ヤーウェの本当の「名」を明らかにしました。「父と子と聖霊」(父と子と聖霊の交わり)が神の名です。《名》は、そのものの本質を表わすものといわれます。


「父と子と聖霊」の神は、のちに「三位一体の神」といわれるようになりました。

b0221219_22122610.jpg
初期キリスト教時代の「三位一体の神」

    (父の懐に抱かれた神の子キリストと聖霊を表象する鳩が描かれています)


b0221219_22125029.jpeg
           北イタリアにあるアルベンガ洗礼堂に描かれた「三位一体の神」
   
       (三重のXpi=キリストは、三位一体の神を示し、鳩は十二使徒、周りは空の星)



 結論的にいえることは、神が「三位一体」であることを「信じる」ことはできるが、これを完全に「説明する」ことはできない、ということです。

 三位一体の神の「神秘」は人知の限界を超えることで、「信じる」ことによってのみ知ることができることです。




[ 晩餐の夜のふしぎな言葉 ]

b0221219_22171543.jpg
   レンブラント 「最後の晩餐」

    (彼の作品はこのエスキースのみで、完成作を遺していません)



最後の晩餐のとき、イエスは弟子たちにつぎのことを話しました。

「わたしが父のうちにおり、あなた方がわたしのうちにおり、そして、わたしがあなた方のうちにいることを、その日、あなた方は悟であろう」(ヨハネ福音書 14・20)。

その日というのは、神の国に入った(神の命に入った)ときのことです。このイエスの言葉は、すぐには理解し難いことばです。


〈イスラーム〉という言葉があります。その意味は、アラーへの「帰依」と一般に知られていますが、その深い意味は「神アラーとモスレム(信者)の円融無障の一致」で、完全に一つに融け合っている状態をしめす言葉です。

b0221219_22131084.jpeg
             モスクの天井のイメージは〈イスラーム〉のようです。


このように、人は神の国に入ったとき、父と子とすべての人々が、聖霊の交わりのなかで「完全に一つ」になっていることを悟るのです。


そして、その夜イエスは、「わたしを愛する者は、わたしの言葉を守る。わたしの父はその人をお愛しになり、わたしたちはその人のところに行き、ともにそこに住む」(ヨハネ 14・23)とまで語りました。




[ イエスはまことの〈ぶどうの木〉]

ヨハネによる福音書の15章は、心の温まる美しいことばのある箇所です。なかでもつぎの言葉は「こころ」に響いてきます。


「わたしはぶどうの木であり、あなた方はその枝である。人がわたしに留まっているなら、その人は多くの実を結ぶ。 ・・・・・ 

あなた方がわたしの掟を守るなら、わたしの愛に留まることになる。わたしが父の掟を守って、その愛に留まっているのと同じである。わたしがこれらのことをあなた方に話したのは、わたしの喜びがあなた方のうちにあり、あなた方の喜びが満ち溢れるためである」(ヨハネ 15・5. 10-11)。


b0221219_22133632.jpeg

b0221219_22201267.jpg
      ローマ・サン・サンクリメンテ教会の「キリストはぶどうの木」




[ ゲッセマネの園で祈る ]

晩餐の夜、十字架の受難がせまるなかゲッセマネの園で、イエスは自分自身と弟子たち、および、イエスを信じる者たちのために、父である神に祈りました。この祈りのなかで、ヨハネによる福音書14章20節の「ことば」が、明らかになります。


「どうか、すべての者を一つにしてください。父よ、あなたがわたしのうちにおられ、わたしがあなたのうちにいるように、彼らも一つになるためです。わたしが彼らのうちにおり、あなたがわたしのうちにおられるのは、彼らが完全に一つになるためです」(ヨハネ 17・21-23)。


この父である神へのイエスの祈りは、わたしたちの大きな希望と喜びです。さらにつづく祈りは、それ以上に喜びを大きくするものです。


「父よ。わたしにくださった人々が、わたしのいる所に、ともにいるようにしてください。世界が造られる前から、あなたがわたしを愛して、お与えくださった、わたしの栄光を彼らに見せるためです。 ・・・・・

 わたしを愛してくださったあなたの愛が、彼らにあり、また、わたしも彼らのうちにいるようになるためです」(ヨハネ 17・24. 26.)。

b0221219_22153390.jpeg
               ゲッセマネの園で祈るイエス (エル・グレコ)


わたしたちは信仰と愛によって、神の子イエスと「一つ」になり、父である神からも愛されます。わたしたちは、父と子と聖霊の交わりのなかで「一つの愛」となるからです。




[ 父と子と聖霊のみ名に入る ]

b0221219_22175824.png
                〈 円 〉にかぎりなく近い〈 八角形 〉


八角形は、限りなく円(完全)に近いかたちです。八角形は、円の「天」と四角の「地」の中間のかたちと言われます。

それは天の神の完全(神の国)に憧れる象徴として八角形の「鍾塔」になりました。また、父と子と聖霊のみ名に入る洗礼を受ける「洗礼聖堂」の形になりました。


b0221219_22182281.jpg
        八角形の「洗礼聖堂」 と 八角形の「鐘塔」 (ミラノの美しいロマネスク聖堂)



イエスは十字架の受難の「死」から、三日目に「復活」し、40日後に「昇天」しました。 地上から離れるとき、弟子たちに告げました。

「あなたたちは行って、すべての国の人々を弟子にしなさい。父と子と聖霊のみ名に入る(沈める)洗礼を授け、わたしがあなた方に命じたことを、すべて守るように教えなさい」(マタイ 28・19-20)。


「神の命」のなかに入る洗礼を受け、キリストを信じる者はすでに「永遠の命」を持っていることになります。そして、この世を終わって「神の命」に入るとき、


「わたしたちはみな、鏡のように主(神)の栄光を映し出しながら、主の霊(聖霊)によって栄光から栄光へと、主(神)と同じ姿に変えられていくのです」(コリント人への第二の手紙 3・18)と 使徒パウロは記しています。


  

 「神の命」に入るとき わたしたちは、神と「完全に一つ」になって、神の栄光のなかで輝くのです。




b0221219_16195928.jpg






# by francesco1hen | 2018-05-29 16:48
2018年 05月 12日

「神の目に貴く重んじられる人間」  ー 奥が深い聖書のことば ー

[ 神に創造された人間 ]

b0221219_22154118.jpeg


 人の創造について、創世記はつぎのように述べています。「神はご自分にかたどって人を創造された。人を神にかたどって創造され、男と女とに創造された」(創 1・27)。「また、神である主は土に塵で人を形づくり、命の息をその鼻に吹き入れられた。そこで人は生きるものとなった」(創 2・7)。

 神に似せて造られ「命の息」を吹き入れられた人間は「神の似像」( imago Dei )であり、神の本性に与りうる「霊」を持っている存在になりました。


 旧約聖書の中で、コヘレトは書いています。「神はすべてのものを、その時にかなったものとして美しく造られた」(コヘレトの言葉 3・11)と。

 また、知恵の書は「命を愛される主よ、あなたはすべてのもをいとおしまれる。すべてはあなたのもの。実に、あなたの不滅の霊がすべてのものに及んでいる」(11・26 - 12・1)と記しています。


 この不滅の霊は、神と命を共にできる「永遠の命」です。




                 
           
b0221219_21410044.jpeg
                      預言者イザヤ
[ 人は、神の目に貴く重んじられる ]

 神に造られた人間について、預言者イザヤは、その預言書43章 1- 8節で素晴らしい言葉を記しています。とくに4節と7節に注目したいと思います。

「お前はわたしの目に貴く、重んじられる」と「これらの者はみな、わたしの名をもって呼ばれる者。わたしがわたしの栄光のために創造し、形づくり、造りあげた者」は、神によって創造された者が神に愛される貴重な存在であることを示し、その存在が神の栄光の輝きとなるというのです。

 神に似せて創造され、「命の息」すなわち「不滅の霊」という命を与えられた人間は、神の愛の対象として「神の命」の中へと招かれています。


 知恵の書は、人が貴重な存在であることをつぎのように、「あなたは存在するものすべてを愛し、造られたものすべてを愛し、造られたものを何一つ忌み嫌われない。もし憎いものがあったとすれば、あなたはそれを形づくられなかったであろう。あなたが望まなければ、どうして存在し続けることができよう」と書いています(11・24-25)。

                    *


 しかし、原罪の不幸を引きずって苦しんでいる人間をあわれみ、父である神はこれを救おうとされたのです。キリスト・イエスはこのことを明らかにしています。

 「神は独り子をお与えになるほど、この世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びることなく、永遠の命を得るためである」(ヨハネ 3・16)という言葉です。



b0221219_22164998.jpg
救い主キリストの誕生(ジョット)       



[ 道であり、真理であり、命であるイエス ]


 イエスの福音の第一声は、「神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」です。悔い改めとは、これまでの世俗の富を求める生き方を止め、最も大事な「神の国」を求めなさい、そのためには、「善い知らせ」を信じなさい、ということでした。

 福音という言葉は、イザヤ預言書の61章1-2節に出てきます。「貧しい人に善い知らせを告げ」がその言葉です。(ルカ 4・18-19で引用される)

 イエスの福音は、貧しい者、病に苦しむ人々、徴税人、罪深い女、サマリア人たち罪びとにされていたり、社会から排除されていた人たちに向けられていました。


b0221219_21413698.jpeg

 この「小さくされていた」彼らも、神の目に貴く、愛されていた存在であり、イエスは、「わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪びとを招くためである」(マルコ 21・3 -17)と、彼らが心やすらぐ言葉を与えています。


 イエスがエルサレムに入り、受難が近づいていた頃、弟子たちに「人の子が来たのも、仕えられるためでなく、仕えるためであり、また多くの人のあがないとして、自分の命を与えるためである」(マルコ 10・44-45)と、イエス自身のことを述べています。

 最後の晩餐の時には、「新しい掟」を与えて、それを命じ、「受難の愛」(十字架)の救いに赴きました。


b0221219_22180153.jpeg
ゲッセマネの園で祈るイエス



b0221219_22182250.jpg

イエスの逮捕 受難が始る


b0221219_22183833.jpeg
ルーベンス作

b0221219_22190343.jpg
         十字架の救いのイエス・キリスト(エル・グレコ)



 十字架上の死のあと、三日目に復活して、40日後に昇天しました。キリストが昇天する時の弟子たちへの最後の言葉は、「あなたたちは行って、すべての国の人々を弟子にしなさい。すなわち、父と子と聖霊のみ名に入る洗礼を彼らに授け、わたしがあなたたちに命じたことを、すべて守るように教えなさい」(マタイ 28・28-29)でした。


b0221219_22193235.jpg
                  キリストの昇天
  

 ここで「み名に入れる」の、み名は、名前で呼ばれる「神そのもの」を指し、三位一体の「神の命」に入ることを意味しています。

 イエスの福音宣教の第一声の「神の国を求めよ」ということは、「神の命」に入ることであったのです。

b0221219_11002324.jpg
                  キリストの洗礼 (ヴェロッキオ)



 神にかたどり神に似せて創造され、「命の息」を与えられた人間の本性は、人が「神と一つになる」ことのできる存在であることを示しています。


                   *



       だから「人は神の目に貴く、重んじられる」存在です。





 *




[ 東方キリスト教の十二祝祭 ]
b0221219_22200651.jpg
          受胎告知            キリストの降誕    
         イエスの神殿奉献        キリストの洗礼
         キリストの変容         ラザロの復活

b0221219_22202111.jpg
          エルサレム入城          十字架のキリスト
          死者の国に降るキリスト      キリストの昇天
          聖霊降臨(ペンテコステ)     マリアの眠り(被昇天)


                         *



 
b0221219_22204180.jpg

               パントクラトール(天地万物の支配者キリスト) 




                    *   *   *






 [ イザヤ書 43章 4節 ]   を検索すると、たくさんの項目が出てきます。

「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している」という言葉は有名で、注目されています。


b0221219_21403165.jpeg
預言者イザヤ(ミケランジェロ)















# by francesco1hen | 2018-05-12 22:43
2018年 04月 29日

緑が濃くなった新緑の新林公園 2018_04_28

4月11日に「新林公園初期新緑グラデーションの歓びと愉しみ」を投稿しました。
4月28日に、新林公園をふたたび訪れました。人々にとっても愉しい日でした。

b0221219_21171635.jpg

新林公園の正門からの並木のエントランス          


b0221219_21175710.jpg
  旧福原家長屋門の入口                      

b0221219_21181260.jpg
端正な長屋門のかや葺き屋根                  

b0221219_21182943.jpg

b0221219_21242799.jpg

b0221219_21245086.jpg
    今年の藤の花は早く咲き、白いフジの花が清楚に咲いていました。

b0221219_21283624.jpg
    この道の手前方向に古民家があります。

b0221219_21185764.jpg
b0221219_21192449.jpg
    鯉のぼりが立てられる季節になりました。


b0221219_21285603.jpg
    緑濃い里山風の新林公園のメーン風景です。

b0221219_21292173.jpg
    二本の大きなメタセコイア(落羽松)。
    秋になり落葉のとき、落羽松という名が納得できます。


b0221219_21313048.jpg

b0221219_21294493.jpg
    落羽松の下を通っているテレビに出てくるような「女剣士」

b0221219_21304882.jpg
    メタセコイアの下で、ゆったりとした時間を過ごす二人
    よい休日でした。


                    *



           人々も喜ぶ、緑濃い新林公園の風景でした。









# by francesco1hen | 2018-04-29 22:11