家田足穂のエキサイト・ブログ

france1pen.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 12日

「神の目に貴く重んじられる人間」  ー 奥が深い聖書のことば ー

[ 神に創造された人間 ]

b0221219_22154118.jpeg


 人の創造について、創世記はつぎのように述べています。「神はご自分にかたどって人を創造された。人を神にかたどって創造され、男と女とに創造された」(創 1・27)。「また、神である主は土に塵で人を形づくり、命の息をその鼻に吹き入れられた。そこで人は生きるものとなった」(創 2・7)。

 神に似せて造られ「命の息」を吹き入れられた人間は「神の似像」( imago Dei )であり、神の本性に与りうる「霊」を持っている存在になりました。


 旧約聖書の中で、コヘレトは書いています。「神はすべてのものを、その時にかなったものとして美しく造られた」(コヘレトの言葉 3・11)と。

 また、知恵の書は「命を愛される主よ、あなたはすべてのもをいとおしまれる。すべてはあなたのもの。実に、あなたの不滅の霊がすべてのものに及んでいる」(11・26 - 12・1)と記しています。


 この不滅の霊は、神と命を共にできる「永遠の命」です。




                 
           
b0221219_21410044.jpeg
                      預言者イザヤ
[ 人は、神の目に貴く重んじられる ]

 神に造られた人間について、預言者イザヤは、その預言書43章 1- 8節で素晴らしい言葉を記しています。とくに4節と7節に注目したいと思います。

「お前はわたしの目に貴く、重んじられる」と「これらの者はみな、わたしの名をもって呼ばれる者。わたしがわたしの栄光のために創造し、形づくり、造りあげた者」は、神によって創造された者が神に愛される貴重な存在であることを示し、その存在が神の栄光の輝きとなるというのです。

 神に似せて創造され、「命の息」すなわち「不滅の霊」という命を与えられた人間は、神の愛の対象として「神の命」の中へと招かれています。


 知恵の書は、人が貴重な存在であることをつぎのように、「あなたは存在するものすべてを愛し、造られたものすべてを愛し、造られたものを何一つ忌み嫌われない。もし憎いものがあったとすれば、あなたはそれを形づくられなかったであろう。あなたが望まなければ、どうして存在し続けることができよう」と書いています(11・24-25)。

                    *


 しかし、原罪の不幸を引きずって苦しんでいる人間をあわれみ、父である神はこれを救おうとされたのです。キリスト・イエスはこのことを明らかにしています。

 「神は独り子をお与えになるほど、この世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びることなく、永遠の命を得るためである」(ヨハネ 3・16)という言葉です。



b0221219_22164998.jpg
救い主キリストの誕生(ジョット)       



[ 道であり、真理であり、命であるイエス ]


 イエスの福音の第一声は、「神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」です。悔い改めとは、これまでの世俗の富を求める生き方を止め、最も大事な「神の国」を求めなさい、そのためには、「善い知らせ」を信じなさい、ということでした。

 福音という言葉は、イザヤ預言書の61章1-2節に出てきます。「貧しい人に善い知らせを告げ」がその言葉です。(ルカ 4・18-19で引用される)

 イエスの福音は、貧しい者、病に苦しむ人々、徴税人、罪深い女、サマリア人たち罪びとにされていたり、社会から排除されていた人たちに向けられていました。


b0221219_21413698.jpeg

 この「小さくされていた」彼らも、神の目に貴く、愛されていた存在であり、イエスは、「わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪びとを招くためである」(マルコ 21・3 -17)と、彼らが心やすらぐ言葉を与えています。


 イエスがエルサレムに入り、受難が近づいていた頃、弟子たちに「人の子が来たのも、仕えられるためでなく、仕えるためであり、また多くの人のあがないとして、自分の命を与えるためである」(マルコ 10・44-45)と、イエス自身のことを述べています。

 最後の晩餐の時には、「新しい掟」を与えて、それを命じ、「受難の愛」(十字架)の救いに赴きました。


b0221219_22180153.jpeg
ゲッセマネの園で祈るイエス



b0221219_22182250.jpg

イエスの逮捕 受難が始る


b0221219_22183833.jpeg
ルーベンス作

b0221219_22190343.jpg
         十字架の救いのイエス・キリスト(エル・グレコ)



 十字架上の死のあと、三日目に復活して、40日後に昇天しました。キリストが昇天する時の弟子たちへの最後の言葉は、「あなたたちは行って、すべての国の人々を弟子にしなさい。すなわち、父と子と聖霊のみ名に入る洗礼を彼らに授け、わたしがあなたたちに命じたことを、すべて守るように教えなさい」(マタイ 28・28-29)でした。


b0221219_22193235.jpg
                  キリストの昇天
  

 ここで「み名に入れる」の、み名は、名前で呼ばれる「神そのもの」を指し、三位一体の「神の命」に入ることを意味しています。

 イエスの福音宣教の第一声の「神の国を求めよ」ということは、「神の命」に入ることであったのです。

b0221219_11002324.jpg
                  キリストの洗礼 (ヴェロッキオ)



 神にかたどり神に似せて創造され、「命の息」を与えられた人間の本性は、人が「神と一つになる」ことのできる存在であることを示しています。


                   *



       だから「人は神の目に貴く、重んじられる」存在です。





 *




[ 東方キリスト教の十二祝祭 ]
b0221219_22200651.jpg
          受胎告知            キリストの降誕    
         イエスの神殿奉献        キリストの洗礼
         キリストの変容         ラザロの復活

b0221219_22202111.jpg
          エルサレム入城          十字架のキリスト
          死者の国に降るキリスト      キリストの昇天
          聖霊降臨(ペンテコステ)     マリアの眠り(被昇天)


                         *



 
b0221219_22204180.jpg

               パントクラトール(天地万物の支配者キリスト) 




                    *   *   *






 [ イザヤ書 43章 4節 ]   を検索すると、たくさんの項目が出てきます。

「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している」という言葉は有名で、注目されています。


b0221219_21403165.jpeg
預言者イザヤ(ミケランジェロ)











[PR]

# by francesco1hen | 2018-05-12 22:43 | Comments(0)
2018年 04月 29日

緑が濃くなった新緑の新林公園 2018_04_28

4月11日に「新林公園初期新緑グラデーションの歓びと愉しみ」を投稿しました。
4月28日に、新林公園をふたたび訪れました。人々にとっても愉しい日でした。

b0221219_21171635.jpg

新林公園の正門からの並木のエントランス          


b0221219_21175710.jpg
  旧福原家長屋門の入口                      

b0221219_21181260.jpg
端正な長屋門のかや葺き屋根                  

b0221219_21182943.jpg

b0221219_21242799.jpg

b0221219_21245086.jpg
    今年の藤の花は早く咲き、白いフジの花が清楚に咲いていました。

b0221219_21283624.jpg
    この道の手前方向に古民家があります。

b0221219_21185764.jpg
b0221219_21192449.jpg
    鯉のぼりが立てられる季節になりました。


b0221219_21285603.jpg
    緑濃い里山風の新林公園のメーン風景です。

b0221219_21292173.jpg
    二本の大きなメタセコイア(落羽松)。
    秋になり落葉のとき、落羽松という名が納得できます。


b0221219_21313048.jpg

b0221219_21294493.jpg
    落羽松の下を通っているテレビに出てくるような「女剣士」

b0221219_21304882.jpg
    メタセコイアの下で、ゆったりとした時間を過ごす二人
    よい休日でした。


                    *



           人々も喜ぶ、緑濃い新林公園の風景でした。








[PR]

# by francesco1hen | 2018-04-29 22:11 | Comments(0)
2018年 04月 25日

京都 大原 寂光院 ー 平家物語ゆかりの ー

京都 大原 寂光院


     聖徳太子用明天皇間人皇后菩提之為開創
     高倉天皇国母建礼門院徳子皇后 閑居御所
                    大原西陵
     平家物語 灌頂之巻 大原御幸 諸行無常之寺



院の初代は、聖徳太子の御乳母人であった玉照姫(548年に出家)。以来、代々高貴の家門の姫君が法灯を守り続けてきました。

第二代の阿波内侍(藤原信西の息女)は、崇徳天皇の寵愛を受けた女官でしたが、建礼門院には宮中より仕えていました。出家後に入寺し「大原女」のモデルとされています。

第三代の建礼門院徳子(平清盛の息女、高倉天皇の中宮で安徳天皇の国母)は、文治元年(1185) 九月に入寺。源平の戦いに敗れ、壇ノ浦で滅亡した平家一門とわが子安徳天皇の菩提を弔い、終生をこの地で過ごし閑居御所としていました。


b0221219_21532743.jpg
                                     photo チカリ

    寂光院の受付から山門にいたる美しい石組みの階段




b0221219_21540003.jpg
                                    photo チカリ



山門を入って本堂前北側の庭園は、回遊式四方正面の池で、林泉・木立・清浄の池として表現されています。正面奥の石清水を引いた三段の滝は、玉だれの泉といわれ、一段一段高さと角度が異なり、三つの滝がそれぞれ異なる音色が一つになって合奏するように作庭されています。

b0221219_21541828.jpg
                                     photo チカリ

有名な「四方正面の池」を見てから寂光院本堂へ向かいます。

b0221219_21534862.jpg
                               photo チカリ
    
山門から眺める清楚な寂光院本堂




本堂左手の奥に、「建礼門院御庵室跡」がひっそりと佇んでいました。こんな処が隠棲の地であったのかと感慨に耽りました。


               寂光院御詠歌 二首


 池水に汀の桜散りしきて 浪の花こそさかりなりけれ    (後白河法皇)

 思いきやみ山のおくに住居して 雲井の月をよそに見むとは  (建礼門院)




平家物語の冒頭の言葉

        祇園精舎の鐘の声 諸業無常の響きあり。

        沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理を顕わす。



大原の寂光院は、『平家物語』とは切り離せないところです。


『平家物語』は、1220年以前、鎌倉時代の軍記物語の傑作中の傑作です。作者は、信濃前司行長が有力とされています。原作は3巻ともいわれ、平曲として琵琶法師に語られていく間に12巻に成長したようです。

古代社会から武家社会への変革期に、新しい時代を作り上げる平清盛・源義経らの英雄的行動と、没落していく平氏・貴族的なものへの哀傷とを、生き生きと描いた軍記物語の代表的作品です。


                            *


  『平家物語』の巻末を飾る「大原御幸」のくだりは、深い感銘をうけます。

清盛の娘建礼門院は、白河法皇の息子高倉天皇の中宮となり、安徳天皇を生みました。そして、平家の栄枯盛衰のすべてを体現する女性でした。かたや法皇は、源平の争乱をすべて演出した人物です。

「大原御幸」は、この二人が出会い、互いに過去を回想し、涙に暮れるのが描かれています。しかし、現実に白河法皇が「大原御幸」を行なったかは疑わしいようです。

そもそも「灌頂の巻」は、『平家物語』の本編が成立して100年ほど後に付け加えられ、『平家物語』全体をつらぬく諸行無常の精神を一巻にまとめた性格を持っています。

それゆえに、この二人の登場人物は、わたくしたちに深い感銘を与えるのでしょう。




                           *




                   現代でも、すべてのもは「無常」です。

                「無常でないもの」は、何処にあるのでしょうか?







[PR]

# by francesco1hen | 2018-04-25 10:47 | Comments(0)
2018年 04月 20日

大原 三千院の 国宝「往生極楽院」と「わらべ地蔵たち」

「往生極楽院」は、三千院の源となった寺院です。

寺伝によると、寛和二年(986)に『往生要集』の著者で天台浄土教の大成者である恵心僧都源信が、父母の菩提のため姉の安養尼とともに建立したと伝えれています。

b0221219_15131666.jpg

b0221219_15134099.jpg
b0221219_15140219.jpg
   極楽院堂内の堂々たる金色の「阿弥陀三尊像」は国宝です。

中尊の阿弥陀如は来迎印を結び、右の観音菩薩は往生者を蓮台に載せる姿で、左の勢至菩薩は合掌しています。


b0221219_15404498.jpg
b0221219_15152768.jpg
この船底型天井は、堂内に比べて大きい「阿弥陀三尊像」を納める工夫として天井を船底型に折り上げています。現在は肉眼ではわかり難いものの、その天井には極楽浄土に舞う天女や諸菩薩が極彩色で描かれています(写真は復元模写されたものです。円融蔵展示室)。

b0221219_15142800.jpg
朱雀門                          


b0221219_15150412.jpg

                     *




[ 往生極楽院の 微笑ましい「わらべ地蔵たち」]


極楽院には、意外な地蔵たちがいました。恋に疲れた女も癒されるのでしょうか?

b0221219_16001811.jpg
b0221219_16012024.jpg

b0221219_16013911.jpg

b0221219_16015831.jpg
b0221219_16021757.jpg
b0221219_16023639.jpg
   なんとも微笑ましい「わらべ地蔵たち」でした。



  京都 大原 三千院 は、若葉がことさらに美しく、心やすらぐ処でした。



                       *



b0221219_16120880.jpg

b0221219_16124698.jpg

                  京都の里山 大原                      











[PR]

# by francesco1hen | 2018-04-20 16:25 | Comments(0)
2018年 04月 20日

京都 大原 三千院

大原は、京都の里山です。大原女はいませんけれど、美しい里山です。

b0221219_10460487.jpg
b0221219_10462232.jpg
永六輔の「 〜 京都大原三千院 〜 恋に疲れた女が、ひとり 〜 。」という歌が浮かびます。 それとは別に、三千院の門は立派です。


b0221219_10471577.jpg

b0221219_10485142.jpg
    総門の内側です。




[ 本堂客殿の前庭の「聚碧園」(しゅうへきえん)]


これは、江戸時代の茶人・金森宗和が修築した池泉鑑賞式庭園と伝えれています。


b0221219_11081565.jpg

b0221219_11074565.jpg

b0221219_14120284.jpg

b0221219_11084539.jpg
客殿では、抹茶を飲むことができます。          

b0221219_11090792.jpg
    客殿の裏側から



[ 本堂 宸殿から眺める 「有清園」]


宸殿(しんでん)は、後白河法皇により始められた声明による法要を今に伝える道場です。この宸殿から極楽院を眺める有清園は、中国六朝時代の詩人、謝霊運の「山水清音有」より命名された池泉回遊式庭園です。

杉木立の中、苔の大海原と紅葉が有名です。今は、もみじの新緑がキレイです。

b0221219_14310625.jpg

b0221219_14314191.jpg

b0221219_14321440.jpg
  奥の方に見えるのが往生極楽院です。よく気をつけると、遠くに池が見えます。                    

b0221219_14324258.jpg


有清園の美しさをあとに、国宝「往生極楽院」に向かいます。






[PR]

# by francesco1hen | 2018-04-20 14:55 | Comments(0)
2018年 04月 11日

新林公園の初期新緑グラデーションの歓びと愉しみ  ( '18. 4. 10. )

藤沢市には、新林公園という都市のすぐそばに里山風の公園があります。場所によっては深山幽谷を思わせるような所もあります。四季をつうじて味わいのある公園です。
今からの新緑が素晴らしいので、ご紹介におよびました。

    ご覧くだされば、その良さは分って頂けると思います。

b0221219_17233829.jpg
b0221219_17235987.jpg
b0221219_17241626.jpg
b0221219_17244296.jpg
b0221219_17250447.jpg
b0221219_17252037.jpg
b0221219_17260053.jpg
b0221219_17254142.jpg
b0221219_17270886.jpg


b0221219_17274988.jpg

平地の所はおおよそ廻ってきました。4月下旬になれば、藤棚の藤が満開になります。そのころは、樹木の緑もいっそう鮮やかになり、また、愉しです。




                       *



b0221219_17433311.jpg





[PR]

# by francesco1hen | 2018-04-11 17:44 | Comments(0)
2018年 04月 07日

鎌倉 本覚寺の枝垂れ桜 と 妙本寺の満開の桜花



東身延と呼ばれている本覚寺は、遠い身延山参詣が困難な人々のために、身延山から日蓮上人の遺骨を分骨してこの寺に移したことで、東身延と言われるようになったそうです。 この本覚寺も鎌倉の桜の名所となっています。

b0221219_17270234.jpg
    本堂横の枝垂れ桜 松の緑とよく調和しています。

    それにしても立派な本堂の姿です。


b0221219_17272423.jpg
    見事な枝垂れ桜です。


b0221219_17275953.jpg
b0221219_17281849.jpg
b0221219_17284221.jpg



                          *




日蓮上人鎌倉開山の妙本寺

日蓮(1222-82)は、題目の「南妙法蓮華経」を唱えると、「草木国土悉皆成仏」すると言いました。題目を唱えると、草木や国土、すなわち、すべてのものが仏になることができる、と教え関東の武士層や商工業者の間に広まっていきました。

妙本寺も桜の名所として有名です。

b0221219_18011580.jpg
最近流行のカメラ女史が意欲満々「妙本寺の桜花」の撮影にきています。


b0221219_18014000.jpg
     立派な中門です。まさに立派です。


b0221219_18021156.jpg
    立派な中門を潜って見ると、これまた満開の桜です。





b0221219_18023308.jpg
妙本寺の本堂は、さらに立派さを感じさせる寺院建築でした。
日蓮上人鎌倉開山による寺院の荘厳さがあります。


本堂左手に ハナカイドウ がありました。

土地の老カメラマンは、「カイドウ」と言っていました。海堂この堂ではなく、土 のところが 木 という字です。MacBook では、この字が出て来ないのです。


b0221219_18025574.jpg
   この日の数日後には、満開になったと思います。
       (撮影 '18.3.26.)



b0221219_18033562.jpg
        妙本寺にも美しい 枝垂れ桜 がありました。




                          ***




鎌倉時代中期、浄土教の流れのなからでた捨聖一遍(1239-89)は、南無阿弥陀仏の念仏札を配り歩きながら、全国を遊行しました。その間、踊り念仏を行ない人々に阿弥陀仏の救いの喜びをもたらしました。一遍のつぎの言葉から日蓮の「草木国土悉皆成仏」に近い思想がうかがえます。

「生きとし生けるもの、山河草木、ふく風たつ浪の音までも、念仏ならずといふことなし。人ばかり超世の願いに与るにあらず」

このように書き記した一遍にとって、森羅万象までも念仏を唱えて成仏するのであったのです。人だけが世を超える阿弥陀仏の救いに与るだけではない、すべてのものが仏の救いに与るのである、と考えていたのでした。


b0221219_17332306.jpg

b0221219_17340182.jpg


                           *








[PR]

# by francesco1hen | 2018-04-07 22:00 | Comments(0)
2018年 01月 08日

伊豆スカイラインから 〈 伊豆半島 城が崎 と 高室山国立公園 〉 へ  2018_1_4 - 5.

箱根から伊豆スカイラインで城が崎に向かいました。途中で熱海の街を見ながら、真鶴半島を遠くに見て進みました。


b0221219_14480493.jpg
    熱海の街が見えます

b0221219_14483067.jpg

真鶴半島です                         

b0221219_14490357.jpg
     伊豆大島が見えてきました


b0221219_14511731.jpg

    城が崎の門脇吊り橋です。多くの人が渡っています。

b0221219_14514187.jpg

城ヶ崎海岸は、伊豆半島中央に聳える標高580mの休火山〈 大室山 〉が、かつて大噴火したときに、流れ出た溶岩流によってできた海岸であるといわれています。


b0221219_14523860.jpg

b0221219_14521095.jpg

辺りを見渡すと、奇景というような風景に出合います。奇岩に直立している釣り人がいました。


b0221219_14533204.jpg
     海風に鍛えられたような樹林が美しく輝いていました。


b0221219_14525913.jpg
     振り返れば、この美しい景色です。


                      *



〈 城ヶ崎海岸 〉から〈 大室山 〉に近い〈 高室山国立公園 〉に向かいました。

ここには、高室山温泉パノラマ・ホテルがあり、その回りには、伊豆ホース・カントリーがあり、数多くの馬が飼われていて乗馬も出来る施設になっています。

b0221219_14595711.jpg
小高い丘のような高室山国立公園は、まさにパノラマ的な風景が広がっています。


b0221219_14555597.jpg

茶色の山が〈 大室山 〉です。毎年初春には山焼きが行なわれ、全国的に有名です。
その後のみどりの山が本来の〈 大室山の美しい姿 〉です。


b0221219_14562275.jpg

b0221219_14570327.jpg

b0221219_14564044.jpg

b0221219_14575838.jpg

b0221219_14585098.jpg

   この馬の鬣(たてがみ)は、まさに〈たてがみ〉です。食欲おう盛な馬です。
   平和な一時ですね〜。 (^_~)//。



b0221219_15013496.jpg




                       ***





[PR]

# by francesco1hen | 2018-01-08 16:01 | Comments(0)
2018年 01月 08日

「箱根大湧谷写真集」2018_1_4

b0221219_11135050.jpg


b0221219_11143623.jpg

大湧谷は、箱根連山の最高峰の「神山」(1438m)の火口爆裂跡の草木のない荒涼とした大地には煙が立ち込め、あたり一面には硫黄臭が漂っています。

江戸時代までは地獄谷と恐れられていましたが、その独特の景観から今では箱根屈指の観光スポットになっています。奇観を目の前にダイナミックな自然の鼓動をじかに感ずることができる場所です。

しかし駐車場におりると、わたくしたちの目をうばうのは、大湧谷から見る「雄大な秀峰 富士山 」のすがたです。


b0221219_11111426.jpg
裾野の左の方には、まっ白に冠雪した南アルプスが見えるのがまた印象的でした。


b0221219_11125224.jpg


箱根ロープウエイで大湧谷駅にくるのは、強羅駅から草雲山駅をへて10数分で着きます。さて〈 大湧谷の景観 〉は、これから展開されてきます。



b0221219_11150551.jpg


b0221219_11153536.jpg


b0221219_11162016.jpg


b0221219_11172767.jpg



b0221219_11181008.jpg


b0221219_11183894.jpg



b0221219_11181008.jpg



b0221219_11190929.jpg



b0221219_11192948.jpg



            *




b0221219_11204312.jpg

駐車場に戻っても、〈雄大な富士山〉の姿は、格別で美しくわたくしたちを感動させます。

       やはり歌われるように「冨士は日本一の山」ですね!



                         *







[PR]

# by francesco1hen | 2018-01-08 14:33 | Comments(0)
2017年 12月 21日

良寛禅師・明恵上人・一遍上人と聖フランチェスコ

この三人の僧と聖フランチェスコは、いろいろな点で似たところがあります。


(1)良寛とフランチェスコ

アシジの聖フランチェスコ(1181/2 -1226)は、鎌倉時代初期にあたる13世紀の人です。良寛禅師(1757 -1831)は、江戸時代後期の人です。それにもかかわらず、わが国でアシジの聖フランチェスコがよく知られるようになってから、この「清貧の聖人」と良寛禅師「鞠つき良寛」が似ているという人が何人かいました。

その一人が北川省一です。その著『 良寛・その大愚の生涯 』(1980)では、鳥が群がり遊ぶのを飽かず眺める良寛と、ヒバリに餌を与える聖フランチェスコの姿が2頁にわたって指摘されています。

フランチェスコと良寛とはその高貴さ、宗教的な脱俗の姿によって、また、その純真な自然との関係によってなど、幅ひろい面で比較される可能性がありました。


面白い話があります。良寛の乙子神社草庵の時代のことです。解良栄重の『良寛禅師奇話』に出てくる話です。「盗人あり、国上の草庵に入る。一物の盗み去るべきものなし。密かに師の臥じゅく(ふとん)をひきて奪わんとす。師寝て知らざるものの如くし、自ら身を転じてなすがままにまかしたりきといふ。」と書かれています。

その上、良寛はつぎの句をのこしています。

        盗人(ぬすっと)に 取りのこされし 窓の月


b0221219_21271946.jpg
              良寛禅師




聖フランチェスコにはこんな話があります。

あるとき見るからに貧しい乞食に出会って物を乞われたとき、貧しい彼は自らの衣服を全部与えて、自分は裸のようになり寒さに震えていました。貧しい者をみて同情し、なんとかしなければと、すぐさま行動に移す愚かしさともいえることをする人でした。


このように良寛とフランチェスコは、対比することができる人物でした。

この二人を対比しながら、仏教とキリスト教の関係を論じている珍しい本があります。石上・イアルゴニッツアー・美智子(フランス国立科学研究所員)の『 良寛と聖フランチェスコ 菩薩道と十字架の道 』(1998) です。




b0221219_20533309.jpeg
             聖フランチェスコ




(2)聖フランチェスコと明恵上人


聖フランチェスコと明恵上人(1173 -1232)とは同時代の人物であるといえます。この二人にも共通するところがあります。フランチェスコは、《小鳥への説教》と《兄弟太陽の賛歌》などで有名です。しかも、キリストの教えに忠実であったことでもよく知られています。

b0221219_21194297.jpg
     小鳥に説教し、「兄弟太陽の賛歌」を書き歌ったフランチェスコ




「明恵上人樹上座禅像」(惠日房成忍画)

b0221219_21314106.jpg

この明恵上人像には、奥深く続く松林に白雲がたなびき、小鳥が啼き飛かい、リスが明恵をうかがい、藤花が咲く、小枝に掛けた香炉からは、ゆっくりと煙がたちのぼっています。                                  

ここで明恵は静かに座禅に入観しています。樹木や岩や石と話をしているようすも窺えます。幼いころから父母を慕っていた明恵は、小動物を見ては父母の生れ変わりかもしれないと思い、子犬に愛情を注ぎ、寸大の子犬の木彫りを座右に置き愛玩しました。                                    
また、拾ってきた小石にもことばを掛けるほどした。身近かな周囲のものにも慈愛の眼を向け話しかけていました。                        

 
b0221219_16432490.jpg

聖フランチェスコと明恵上人の比較を論じた書物に、河合隼雄とヨゼフ・ピタウ『 聖地アシジの対話 ー 聖フランチェスコと明恵上人 』(2005) があります。   

この書では、ともに共通点と相違点を述べながら、前者はキリスト教と仏教の接近を指摘し、後者はフランチェスコが自然と平和を愛すること、そして、その背景にある神秘の世界を大切にする点で日本人と共有するところが多いとして、今日の平和にいたるまでの広い範囲にわたって比較の対話を展開しています。                    




(3)聖フランチェスコと一遍上人

「捨聖」一遍 (1239 -1289)は鎌倉中期の人。「清貧の聖人」フランチェスコは、それより50年ほど前の人物。しかし、この二人はよく似たところがあります。世俗捨離と清貧・無所有に徹したこと。さらに、ともに自己放棄による神仏への絶対帰依と一体化を求めました。

一遍とその同行(どうぎょう)は 「南無阿弥陀仏」の念仏札を配り歩く遊行(ゆぎょう)を行ない、その範囲は国中津津浦々におよんでいます。

フランチェスコとその兄弟たちも、「平和の挨拶」を人々にとどけながら、福音を宣教しながら旅をつづけました。

b0221219_16063351.jpg
        最後の最後まで、福音宣教の旅をつづけた聖フランチェスコ



フランチェスコが「兄弟太陽の賛歌」で歌って、すべての被造物とともに神を讃えたのと同じように、一遍もそのような考えを持っていました。

一遍が書き送った『興願僧都への消息文』のつぎの一節が、そのことをよく伝えています。

「よろづ生きとしいけるもの、山河草木、ふく風たつ浪の音までも、念仏ならずといふことなし。人ばかり超世の願に預かるにあらず。・・・・・ 」
(念仏を称えるところには、すべての生きとし生けるもの、さらに山河草木も、吹く風や立つ浪の音さえも、念仏を称えている。人だけが阿弥陀仏の救いを受けるわけではないのです。すべてのものが成仏するのです。)


「和歌法語」より選べば、

 「となふれば仏もわれもなかりけり 南無阿弥陀仏なむあみだ仏」
       (六字名号があるのみで、称えているものと仏は一体になっている =「仏我一如 」)

b0221219_22042417.jpg
     念仏賦算と遊行に明け暮れた一遍のすがた


                       *


ちなみに、一遍のこの考えに近いのが、同時代の日蓮 (1222 -1282)です。日蓮が勧めた題目(念仏)「南妙法蓮華経」を唱えると、「草木国土悉皆成仏」(草木や国土まで皆ことごとく成仏する)が現世する。宇宙の究極の真理を意味する題目を唱えれば、真理に帰入すことによって仏となることが出来る、という意味です。



                       *



聖フランチェスコと一遍上人の比較については、

高野 修『 一遍聖とアシジの聖フランシスコ 』(2009)
家田足穂『「捨てる」という霊性 ー 聖フランチェスコと一遍上人 』(2010) 




                      ***       



聖フランチェスコと明恵上人・一遍上人・良寛禅師は、師と仰いだものに従って生きた人です。

フランチェスコは、救い主キリスト・イエスの福音の教えに文字通りに従って、キリストを模範として生きました(キリスト模倣 = 第二のキリスト)。        


明恵上人は、釈迦を深く慕い憧れて、心の中にあるものは釈迦でけであったと言われています。そして、三蔵法師のように釈迦の遺跡を訪ねようと計画を立て、二度も試みましたが、諸般の事情がこれを許さず、これを実現することができませんでした。



一遍上人は、釈尊の足跡をしたってこれに学び、生涯のあいだ釈尊とともに歩きたいと、遊行しつつ念仏賦算の旅をしました。その賦算は、野捨ての遺骸にも念仏札を置き、彼らの成仏を願い、それのみでなく賦算は、獣畜魚類にまでおよんだと言われています。                                  



良寛禅師は、師と仰いだ道元の『正法眼蔵』に学んで「布施」、「利他」、「愛語」(やさしい言葉をかける)、「同亊」(自他一如)を実践しました。とくに「愛語」には力を入れていました。これらは、原始教典(釈迦の教え)に忠実であった道元の教えでした。                                




 
b0221219_16045273.jpg
      



[PR]

# by francesco1hen | 2017-12-21 15:49 | Comments(0)
2017年 12月 09日

アシジの聖フランチェスコの《 兄弟太陽の賛歌 》 ( Cantico di frate Sole )                   

b0221219_15364455.jpg


《 兄弟太陽の賛歌 》は、『被造物の賛歌 』( Laude delle Creatore ) と書かれることもあります。ふつう、文書はラテン語で書かれていました。したがって、この《 兄弟太陽の賛歌 》という詩は、イタリア中部ウンブリア語で書かれています。したがって、《 兄弟太陽の賛歌 》は、トスカーナ語で書かれたダンテの『 神曲 』がイタリア国民文学といわれているより先の「最初のイタリア文学」です。


 

                         *



b0221219_14520585.jpg
              「聖痕」を受けるフランチェスコ  ジョット画 



 1224年9月14日ごろラヴェルナ山で、十字架上のキリストの五つの傷「聖痕」を受けた後も、聖痕から流れ出る血をひた隠しにして、苦しみに耐え忍びながらも、フランチェスコはロバに乗ってウンブリア地方で福音の説教を続けました。

 
 1225年5月ごろ、長年の苦労でほとんど視力を失った目の手術のためリエティに赴く途中、サンダミアーノに「貧しき婦人たち」の修道院長キアーラを訪問しました。

b0221219_15464019.jpg
      サン・ダミアーノの修道院(アシジ)


 目の病は悪化し、庭の掘建て小屋に身を横たえななければならなくなりました。
病臥の体に野ネズミは駆け上がり、虫に悩まされながらもフランチェスコはこの時、
『 兄弟太陽の賛歌 』を作りました。


 兄弟たちの分裂という精神的苦悩と肉体的靴に悩まされている時でも、フランチェスコは、被造物が全体こぞって創造主である神に賛美を捧げる詩を作り、歓びのうちに歌うことができたのでした。



            
          《 兄弟太陽の賛歌 》(被造物の賛歌)


 高くましまし、いつくしみ深い全能の主よ。
 あなたの賛美と栄光と名誉、そしてすべての祝福があります。
 あなたはそれにふさわしいからです。
 あなたのみ名を呼ぶにふさわしいものは、この世にひとりもおりません。


 賛美を受けてください、私の主よ。
 あなたがお造りになったすべてのもの賛美を受けてください。
 とくに私の兄弟、太陽の賛美を受けてください。
 太陽は昼を来させ、その昼の間、あなたは私たちのために光を注いでくださいます。
 太陽は美しい、大きな輝き。

 高くましますあなたのお姿は、太陽の中にうかがうことができます。


 賛美を受けてください、私の主よ。私の姉妹、月と星の賛美を。
 あなたは空の中に、月と星を明るく美しくお造りになりました。

 
 賛美を受けてください、私の主よ。私の兄弟、風の賛美を。
 大気と雲と晴れた空の賛美を。
 これらの兄弟もとに、あなたはすべての生者を養ってくださいます。


 賛美を受けてください、私の主よ。私の姉妹、水の賛美を。
 水は役立ち、つつましく清らかです。


 賛美を受けてください、私の主よ。私の兄弟、火の賛美を。
 火を使ってあなたは夜を照らしてくださいます。
 火は美しく楽しく、勢いよく力強いものです。


 賛美を受けてください、私の主よ。
 私の姉妹、母親だ大地の賛美を。
 大地は私たちを育て、支え、たくさんのだものを実らせ、
 きれいな花と草を萌え出させます。



 賛美を受けてください、私の主よ。
 あなたへの愛ゆえにゆるし、病と苦しみに耐え忍ぶ者のために。
 しずかに平和をまもる者はしあわせです。
 いと高くまします主よ、そのひとたちは、あなたから、栄冠を受けるからです。



 賛美を受けてください、私の主よ。
 私たちの姉妹、肉体の死 * の賛美を。


 生きるものはすべてこの姉妹の手から逃れられない。
 大罪を背負って死ぬものは不幸ですが、
 あなたの聖なる御旨を行ないながら死ぬものは幸いです。
 第二の死 * * にそこなわれることはもうありません。

 
 賛美しよう、歌をささげよう。
 感謝の歌をささげ、深くへりくだって、主に仕えよう。

               
                [ 小川国夫訳 ] ゆるしと平和の節、筆者補訳。



* 「肉体の死」とは、自我からの脱却を完成してくれるもの、キリストのもとへと自分を運んでくれる、善き伴侶である。

* *「第二の死」とは地獄に堕ちること。


b0221219_16063351.jpg
    アシジの聖フランチェスコ    シモーネ・マルティーニ画


b0221219_16070325.jpg
        聖キアーラ(クララ)修道院長    シモーネ・マルティー二画 


 シモーネ・マルティーニが描いたこの絵は、日本の仏画に似た気配が感じられます。



                         *


b0221219_16075907.jpg
            天使と聖フランチェスコ


           最もよく似ていると言われている聖フランチェスコの肖像 
           (ジョットの師であったチマブーエ画)





[PR]

# by francesco1hen | 2017-12-09 18:06
2017年 12月 08日

 アシジの聖フランチェスコの《 小鳥への説教 》

b0221219_16033522.jpg
   小鳥に説教するフランチェスコ         アシジの大聖堂下堂の壁画



チェラーノのトマスによる『 聖フランチェスコの第一伝記 』に出ている〈 小鳥への説教 〉は日本でもよく知られ、それゆえに聖フランチェスコは親しまれています。


その『第一伝記』のなかで〈 小鳥ヘの説教 〉は、つぎのように記述されています。


 兄弟たちの数を増やしながら、師父フランチェスコは、スポレート盆地を横切っていた。ベヴァーニアに近いある場所にさしかかると、そこにおびただしい数のいろいろな種類の鳥たち、鳩、みやまがらす、そして、ウソと呼ばれる鳥たちが集まっていた。

 下等な分別のない動物たちにも慈愛と愛情を抱くほどに情熱に満ちていたこの神の僕フランチェスコは、それを見て、連れの者たちを道に残したまま、急いで鳥たちのところに走っていった。

 そして、近づきながら、鳥たちが彼を待っているのを見て、彼の習慣どおりに鳥たちに挨拶を送った。しかし、驚いたこに、鳥たちは飛び立って逃げようとはしなかった。喜んだ彼は、謙虚に神のみ言葉を聞いてくれるように鳥たちに頼んだ。フランチェスコが話したのは、つぎのような言葉であった。

 「わたしの兄弟である鳥たちよ。お前たちは、お前たちをお造りになった神を大いに讃え、つねに愛さなければなりません。というわけは、この方(神)は、お前たちの身を覆うための羽毛を、飛ぶための羽根を、そして、お前たちに必要なすべてのものを与えられるからです。

 神は他の動物たちのなかでも気高くお前たちを造り、きれいな空気のなかに住むことをお許しになったからです。

 お前たちは種を蒔くことも、刈り入れをすることもない、それにもかかわらず、神は自らお前たちが何も心配もないように見守ってくださっているのです」。

 
b0221219_16045273.jpg

 この師父フランチェスコの言葉に、鳥たちは彼らの性に従って、首を伸ばしたり、翼を広げたり、嘴を開けたり、彼を見つめたりして、ありありと歓喜のしるしを示した。そして彼は鳥たちの間を行ったり来たりして、彼の衣服で、鳥たちの頭や体にそっと触れた。最後に鳥たちを祝福し、十字を切って、鳥たちに飛び去る許可を与えた。

 それから、この師父フランチェスコは、連れ者たちと歩き始め、あらゆる被造物からのつつましい賛美によって崇められる神に感謝し、賛美の祈りを捧げた。



b0221219_21194297.jpg
    小鳥たちに呼びかけて「説教」をするフランチェスコ   ジョット画




      


  
b0221219_20533309.jpeg
       
             べヴァーニアで小鳥たちに説教した聖フランチェスコ















[PR]

# by francesco1hen | 2017-12-08 22:25 | Comments(0)
2017年 12月 07日

アシジの聖フランチェスコの生き方                     ー 聖書のことばを文字通りに生きる ー



b0221219_15364455.jpg
        ローマ近郊 スビアコの洞窟に描かれた若いフランチェスコ     



San Francesco d' Assisi (1181/82ー1226) は、13世紀イタリアでのフランシスコ修道会の創立者です。現代では「環境保護の聖人」(1979)とされています。  


柔和・謙遜のイエスの「受肉の謙遜」と「十字架の受難の愛」に、心を打たれた彼は、何よりも貧しいイエスに倣う生活を目指しました。「清貧の聖人」といわれた彼の生き方の特徴はつぎの通りです。                             
 ① 清貧の生活を徹底的に守る。       
 ② 完全な自己放棄に生きる。        
③ 神に絶対的に信頼する。        
            ④ 自然界の兄弟姉妹とともに神に感謝と賛美をささげる             ⑤ つねに人々に柔和と謙遜で接する、などです。    

b0221219_15441393.jpg

b0221219_15444814.jpg
アシジの大聖堂にあるフランチェスコの衣服継ぎ当ては彼の手で丁寧行なわれ、彼は几帳面な性質であったと想像されています。                    




アシジのフランチェスコの生涯には、いくつかの転機がありました。


彼は豪商の息子として小遣いを気前よく使い、友達から「遊びの王様」としてもてはやされ、遊楽の毎日を送っていました。                    

騎士になることに憧れていた彼は、ペルージアとの都市戦争で捕虜となりました。(1202)                                    
捕虜から解放された後は、「遊楽の生活」にも喜びを感じなくなり、遊楽の生活は終わりました。                                

そんな時、不思議なことに今まで忌み嫌っていた「癩者への接吻」を経験しました。(1204)                                  


b0221219_15374631.jpg
病人を訪れて介抱するフランチェスコ        


彼に従う兄弟たちに、とくにハンセン氏病の患者を「キリストの兄弟」と呼ばせ、世話をすることに熱心でした。                                     




ある日、サン・ダミアーノ修道院の「十字架の声」ー 壊れかけているわたしの家をなおしなさい ー を聞いて、フランチェスコは、アシジの街の「聖堂の修復」にのり出しました。(1206-1208)                         



フランチェスコの生涯の重要な転機は、五つの壁画がよく示しています。



 ① 《 財産放棄 》(1206) 司教館広場で、肉身と受けるべき財産を捨てることを宣言します。この年を「回心 (conversio) の年」 としています。        
 

b0221219_21565026.jpg


 2年後、ポルティウンクラの聖堂で「決定的回心」をして、福音宣教を決意します。(1208)                                     


 ②  《 教皇イノケンティウス3世の夢 》と《修道会則の認可と説教活動の承認 》 この認可と承認を得て、フランチェスコの兄弟会の福音宣教活動は展開されていくことになります。                             


b0221219_15385658.jpg
《イノケンティウス3世の夢》    ジョット画  

教皇はフランチェスコに会う前日夢を見ました。傾いているラテラノ聖堂を修道士がこれを支えている夢でした。教会の現状を象徴している夢でした。        
   

b0221219_15393722.jpg
《 教皇イノケンティウス3世、フランチェスコに会う 》 ジョット画



 ③ 《 小鳥への説教 》(1214) この後の 1219 年の「むしろの総集会」で兄弟(会員)たちの数は5,000人になりました。                   


b0221219_21174161.jpg
《 小鳥への説教 》(アシジ大聖堂)       ジョット画

 

 ④ ラヴェルナ山で《 十字架上でのキリストの五つの傷 ー 聖痕を受ける 》(1224) 「聖痕」は、キリストの倣ったフランチェスコの「キリストとの同化」のしるしです。この翌年、『兄弟太陽の賛歌(被造物の賛歌)』が作られます。(1225)  


b0221219_15400577.jpg
キリストの「五つの傷」を受けるフランチェスコ   ジョット画




⑤ 《 聖フランチェスコの死 》(1226)  遺言によって地上に横たえられたフランチェスコを見た人々は、これは「ウンブリアのキリスト」だ、と言いました。後年人々は、フランチェスコのことを「第二のキリスト」と呼びました。        

b0221219_15434606.jpg
 
フランチェスコの死      アシジ大聖堂の下堂の壁画(作者不詳)




[ フランチェスコの生き方の根拠 ] (聖書の言葉どおりに生きる)        

(a) ポルティウンクラの聖堂での「決定的な回心」(conversio) (1208)   
この聖堂でミサのときに朗読された聖書のことばを聴いたときの回心。      

マタイ福音書 10章 7-13 節のことばが、フランチェスコの使命を決定したと言われています。その骨子はつぎの3点。                     

 ① 「神の国」の福音宣教をすること。             
 ② キリストに倣う「清貧」に徹すること。           
③ 出あう人々に「平和の挨拶」を贈ること。         

(b)『原始会則』のもとになった聖書の3カ所のことば。           

    ① マタイ福音書19章 21節(財産放棄)「もし完全になりたいなら、あ      なたの持ち物を売り、・・・・・ わたしについて来なさい」。          
    ② ルカ福音書9章 3節(清貧)「旅のために何も携えてはならない。杖も     袋もパンも金も持ってはならない」。                     
    ③ マタイ福音書16章 24節(自己放棄)「わたしに従いたい者は、自分     を捨て、自分の十字架を担って、わたしに従いなさい」。            



このような生き方によってフランチェスコは、物質的な貧しさと内的な富をも捨てた後も、自己放棄における神への絶対的信頼によって、最後までキリストの「受難の愛」に従い、ラヴェルナ山で「聖痕」(Stigma)を受けるまでにキリストの同化したのでした。そのフランチェスコは、人々に「第二のキリスト」といわれるようになりました。                                   


b0221219_15434606.jpg

地上に横たえられたフランチェスコの姿   アシジの大聖堂の下堂の壁画






死の2年後、異例のこととして彼は、「アシジの聖フランチェスコ」と称えられました。教皇によって「聖人」とされたのです。                                      



b0221219_20533309.jpeg
「福音の言葉」を文字どおりに生きたフランチェスコ 








[PR]

# by francesco1hen | 2017-12-07 13:36 | Comments(0)
2017年 12月 05日

13/4世紀イタリアが生んだ三人の人物

三人の人物とは、清貧の聖人アシジのフランチェスコと詩人アリギエーリ・ダンテ、そして画家・建築家ボンドーネ・ジョットがその三人です。



アシジの聖フランチェスコ(1181/2ー1226)は、新しい修道会をつくり、その優れた霊性によってキリスト教ヨーロッパに新しい時代を開きました。

                       
b0221219_20533309.jpeg
              アシジの聖フランチェスコ  チマブーエ画

              実像に最もよく似た肖像と言われています。





アリギエーリ・ダンテ (1265-1321)は、イタリア文学の金字塔『神曲(Divina Commedia))』のなかで、聖フランチェスコの聖性を称えています。


b0221219_21173544.jpg
          バルジェロ宮殿礼拝堂に描かれた ダンテの肖像  ジョット画




ボンドーネ・ジョット(c.1266ー1337)は、14世紀イタリア・ルネサンス初期の新しい時代の画家・建築家として活躍しました。そして、《聖フランチェスコの生涯》や《キリストの生涯》などの壁画を多くの教会に残しています。彼は後世「キリストに最も近づいた画家」といわれています。

b0221219_22091517.jpg


           ジョットの肖像      パオロ・ヴッチェロ画




この三人の人物は、強いきずなで結ばれています。ダンテは聖フランチェスコから深いインスピレーションを受けて『神曲』で何か所かで聖人を讃えています。彼の友人であったジョットのためには、煉獄編第十一歌で「チマブーエは画壇の不朽の地位を保とうとした。今やジョットが登場し人気を博するようになると、チマブーエの名声はかすんでしまった」とジョットを歌いました。

ジョットが聖フランチェスコの生き方に感銘して、その『聖人伝』を描いたことはすでに述べました。ダンテから称讃されていたジョットは、バルジェロ宮殿礼拝堂に《ダンテの美しい肖像画》を残してダンテを讃えました。同世代の二人は、互いに深い友情で結ばれ、しかもこの二人は、聖フランチェスコから多くの霊感を受けたのでした。



                         *




          つぎのブログでは、アシジの聖フランチェスコについて紹介します。







[PR]

# by francesco1hen | 2017-12-05 22:16 | Comments(0)
2017年 11月 08日

ハイドンの弦楽四重奏《 十字架上におけるキリストの最後の七つの言葉 》

古典派音楽の巨匠ヨーゼフ・ハイドン(1732ー1809)は、「近代器楽の父」と呼ばれ、交響楽を始め多くの器楽曲をのこしています。そして彼は、Die sieben lezten Worte unseres Eelöser am Kreuze op.51 という弦楽四重奏を作曲しています。この作品についてハイドン自身が「これは私の傑作中の傑作である」と自負するほどのきわめて強い愛着をもった作品でした。この作品は、モザイク・クァルテットの優れた演奏で聴くことができますが、ここでは聴いて頂けないのは残念なことです。

ところで、「十字架上におけるキリストの七つの言葉」とはどんなものでしょうか。エル・グレコとバロックの三巨匠、ルーベンス、ヴェラスケス、レンブラントの絵画と聖書の言葉で、「キリストの最後の七つの言葉」を紹介します。


                           *


 ハイドンの《 弦楽四重奏 》

〈序奏〉  マエスト—ソ・エド・アダージョ (荘重な、そして ゆるやかに)ニ長調 で始まります。



                           *


〈第1曲〉 ラールゴ (ゆっくりと遅く) 変ロ長調

  第一の言葉「父よ、彼らをお赦しください。彼らは自分らが何をしているのか、わからないのです」
                                               (ルカ 23・34)

b0221219_21335044.jpg
        エル・グレコ  《イエス 十字架に付けられる》               


「されこうべ」と呼ばれている所に着くと、そこで人びとはイエスを十字架に付けた。俣、犯罪人も、その一人を右に、一人を左に、十字架に付けた。そのとき、イエスは、「父よ、彼らをお赦しください。彼らは自分らが何をしているのかわからないのです」と仰せになった。人々はくじを引いてイエスの衣を分けあった。            (ルカ 23・33−34)                                              

   *



〈第2曲〉 グラーベ・エ・カンタービレ(ゆっくりと遅く) ヘ短調                    

第二の言葉 「あなたによく言っておく。きょう、あなたはわたしとともに楽園にいるであろう」
                                          (ルカ 23・43)

     
b0221219_21332596.jpg
            ルーベンス 《 ゴルゴタの丘の三つの十字架 》


十字架に付けられた犯罪人の一人が、冒涜の言葉をはいて、「おまえはメシアではないか。自分とおれたちを救ってみろ」と言った。すると、もう一人の犯罪人がこれをたしなめて、「おまえは同じ刑罰を受けていながら、まだ神を恐れないのか。われわれは自分のやったことの報いを受けているのだからあたりまえだが、このかたは何も悪いことをなさっていないのだ」と言い、「イエス様、あなたが王権をもって来られるときには、どうかわたしを思い出してください」と言った。イエスは、「あなたによく言っておく。きょう、あなたはわたしとともに楽園にいるであろう」と仰せになった。      (ルカ 23・39−43)


                          *


〈第3曲〉 グラーベ(荘重な) ホ長調

  第三の言葉 「婦人よ、これはあなたの子です」「この方は、あなたのお母さんです」                                          
       
b0221219_21344905.jpg
    エル・グレコ 《 十字架の下に立つ聖母と使徒ヨハネ 》       


イエスは、母とそのそばに立っている愛する弟子とを見て、母に、「婦人よ、これはあなたの子です」と仰せになった。それから弟子には、「この方はあなたの母です」と仰せになった。そのときから、この弟子イエスの母を自分の家に引き取った。                                            (ヨハネ 19・26−27)





〈第4曲〉 ラールゴ(ゆっくりと遅く) ヘ短調                           

 第四の言葉 「 エリ、エリ、レマ、サバクタニ 」                        
       「わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになるのですか?」 


b0221219_21353218.jpg
エル・グレコ 《 キリストの磔刑 》              
                         
       

 正午から、闇が全地を覆い、三時まで続いた。三時ごろに、イエスは大声で、「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」と叫ばれた。それは、「わが神、わが神、どうしてわたしを見捨てられるのですか」という意味である。                                                     (マタイ 27・45−46)





〈第5曲〉アダージョ(ゆるやかに) イ長調                          

 第五の言葉 「のどが渇く」             *文語文の「われ渇く」という訳も有名。


b0221219_21361955.jpg
          レンブラント  《われ渇く》                            


 その後、イエスは、もはやすべてが成し遂げられたことを知り、「のどが渇く」* と言われた。こうして聖書の言葉は成就した。                                        (ヨハネ 19・28)
                   
* 詩編 22,16 口は渇いて素焼きのかけらとなり、舌は上顎にはり付く。





〈第6曲〉 レント(遅い) ト短調                               
                       
第六の言葉 「成し遂げられた」                             

b0221219_21364829.jpg
ヴェラスケス 《十字架上のキリストの死》          
                     


 そこには、酸っぱいぶどう酒のいっぱい入ったった器が置いてあった。兵士たちは、このぶどう酒をたっぷり含ませた海面をヒソプに付けて、イエスの口もとに差し出した。イエスは酸っぱいぶどう酒を受けると、「成し遂げられた」と言って、頭を垂れ、霊をお渡しになった。* (息を引き取られた、の意)
                                       (ヨハネ 19・29−30)

                          *


〈第7曲〉 ラールゴ(ゆったりと) 変ホ長調

  第七の言葉 「父よ、わたくしの霊をみ手に委ねます」


b0221219_21371860.jpg
            ルーベンス  《十字架からのキリストの降下》


 時はすでに正午ごろであったが、太陽は光を失い、全地が暗闇に覆われて、三時まで続いた。聖所の垂れ幕はまん中から二つに裂けた。その時、イエスは声高く叫んで、「父よ、わたくしの霊をみ手に委ねます」と仰せになった。こう言って、息を引き取られた。                                        (ルカ 23・45−46)


                          *



〈地震〉終曲 プレスト エ コン・トゥッタ・ラ・フォルツア(非常に速く、そして全力で) ハ短調

 終曲では、それまでの穏やかな曲想が一変して、テンポはプレストとなり、さまざまな音型が、聖所の垂れ幕が裂け、大地が震えるようすを表現します。 

「地震が起きる」

 そのとき突然、聖所の垂れ幕が、上から下まで真っ二つに裂け、地が震い、岩が裂け、墓が開いた。眠っていた多くの聖なる人々の体は起き上がり、イエスの復活後、墓から出て、聖なる都に入り、多くの人たちに現れた。百人隊長、および、いっしょにイエスを見張りしていた人たちは、地震やいろいろの出来事を見て、非常に恐れ、「まことにこの人は神の子であった」と言った。                                            (マタイ 27・51)



                      *  *  *



                 [ モザイク・クァルッテ ] の演奏者

 エーリッヒ・ヘルバート(第1ヴァイオリン)  アンドレア・ビショップ(第2ヴァイオリン)
 アニタ・ミッテラー  (ヴィオラ)      クリストフ・コワン  (チェロ)



プレミアム  [ 数象徴法 ]

七つの言葉の7は、「神の恵み」を象徴する数です。 3+4は、7です。

3は、「三位一体の神」を表わす象徴数です。神によって創造された世界と人間は、4という象徴数で表わされます。
神から世界や人に与えられるものは、7「恵み」です。



                          
                         *






[PR]

# by francesco1hen | 2017-11-08 18:17 | Comments(0)
2017年 10月 10日

箱根仙石原(すすき)の風景

箱根仙石原の〈すすき〉は素晴らしい・・・ 。 その一語に尽きますね!


b0221219_11254527.jpg






b0221219_11245810.jpg

b0221219_11243040.jpg

b0221219_11235434.jpg
b0221219_11230233.jpg

b0221219_11224312.jpg

b0221219_11221517.jpg

清々しい空気とやさしい薄原にいやされて堪能し、満足して帰路についています。 (^_~)//。



                       *


                詩編139 のことば(旧約聖書より)



          詩編 139 「常に人とともにいる神」


   神よ、あなたはわたしを心にかけ、 わたしの すべてを知っておられる。

   わたしが座るのも、立つのも知り、 遠くから わたしの思いを見通される。

  
   歩むときも、休むときも見守り、  わたしの行いを すべて知っておられる。

   くちびるに言葉が のぼる前に、  神よ、あなたはすべてのことを知っておられる。

  
   後ろからも、前からも、 あなたの手は わたしを守る。

   わたしを包む あなたの英知は 神秘に満ち、 あまりに深く、及びもつかない。


   あなたはわたしのからだを造り、 母の胎内で わたしを形造られた。

   わたしを造られた あなたのわざは不思議。 わたしは心から その偉大なわざを讃える。


   神よ、あなたの思いは きわめがたく、 そのすべてを知ることはできない。

   あなたのはからいは限りなく、 生涯、わたしは その中に生きる。




b0221219_11243040.jpg






[PR]

# by francesco1hen | 2017-10-10 11:40 | Comments(0)
2017年 09月 24日

ジョットによる「キリストの生涯とその福音の約束」(3)

[ 聖霊降臨から世の終り「最後の審判」まで ]

b0221219_22540031.jpg
        「聖霊降臨」(使徒たちの福音宣教が始まる = キリストの教会の成立)
        


 キリストが復活して後40日の間、イエスはしばしば弟子たちのところに現れていました。弟子たちとともに食事をしていた時、イエスは聖霊を送ることを集まっていた者に告げています。

「聖霊があなた方に降るとき、あなた方は力を受けて、エルサレムと全ユダヤとサマリア、および地の果てまで、わたしの証人となるであろう」と。 

 聖霊降臨は、ルカ福音記者によって書かれた『使徒行録』(2章1-13節)に、つぎのように記されています。

 五旬祭の日(キリストの復活から50日目)が来て、使徒たちが一つの所に集まっていた。そのとき突然、激しい風が吹いてくるような音が天から聞こえ、彼らが座っていた家じゅうに響き渡り、炎のような舌が現れ、分れておのおのの上にとどまった。すると、みんなは聖霊に満たされ、聖霊が語らせるままに、さまざまな他国の言葉で語り始めた。

 さて、エルサレムには、天下のあらゆる国から来た敬虔なユダヤ人が住んでいたが、この物音に大勢の者が集まって来た。その人々は、それぞれ自分の国の言葉で使徒たちが話すのを聞いて、あきれてしまった。そして驚き怪しんで、「・・・あらゆる国から来ている人が、わたしたちはそれぞれわたしたちの国の言葉で、あの人たちが神の偉大な業を語るのを聞こうとは!」と言った。人々は驚き、惑い、互いに、「いったい、これはどうしたことか」と言い合った。

                          
                             *


 人々の驚きが、活き活きと書かれています。キリストの教会は、この時から世界の地の果てまでイエスの福音を宣ベ伝えていきました。「キリストの教会の時代」が始まります。


b0221219_22180191.jpg
                  〈エル・グレコの聖霊降臨〉



                             *



キリスト教の歴史観では、人類の歴史は三つの時代として考えられています。

(1)「旧約時代」(天地創造からキリスト降誕まで)
(2)「新約時代」(キリスト降誕からキリストの昇天まで)
(3)「教会の時代」(聖霊降臨から世界の終末まで)   

これを別の言葉でいうと次のようになります。

(1)「創造と救い」(旧約時代と新約時代)(神に似せられて造られた人間の罪からの解放)
(2)「救いの継続」(教会の時代から世界の終末まで)(十字架の救いが教会によって続けられる)
(3)「救いの完成」(終末のキリストの再臨・最後の審判)(人の体の復活と永遠の命・愛の完成)



b0221219_22502770.jpg
                 キリストの再臨・最後の審判

b0221219_22505471.jpg
             神の国に招かれた人々と墓から復活する人々

b0221219_22512716.jpg
                 神から離れ・魂が失われた者たち

b0221219_22515269.jpg
                 終末のとき再臨して審判を行なうキリスト


                            ***



b0221219_22523167.jpg

b0221219_22530908.jpg

                     天空に描かれた聖母子



                           ***



[ イエスの福音の約束 ]

 天地万物の創造に際して、人は神に似せられて造られました。「神に似せられて」ということは、人は神の本性に与ることができる存在であることを示しています。

 ところが、人祖アダムとエヴァが罪を犯して神から離れてしまったことにより、人間は神による「救い」が必要な存在となりました。この救いのために、メシア(救い主=キリスト)が、この世に人となって生まれイエスという名で福音を宣べ伝えることになりました。

 父である神が、メシア・イエスをこの世に送った理由について、「神は独り子をお与えになるほど、この世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びることなく、永遠の命を得るためである。・・・・・ 神がおん子をこの世にお遣わしになったのは、この世が救われるようになるためである」(ヨハネによる福音書 3・16-17)、と語っています。

 さらに、「じつに、わたしの父にご意志とは、子(イエス)を見て信じる人が皆、永遠の命を持ち、わたしが、その人を終りの日に復活させることである」と語りました。さらに、最後の晩餐の夜には、「わたしの父の家(=神の国)には、住む所がたくさんある。そうでなければ、あなたたちのために、場所を準備しに行くと言ったであろうか。 行って場所を準備したら、戻って来て、あなたたちをわたしにもとに連れて行こう。わたしのいるところに、あなたたちもいるようになるためである」と、約束しました。

 そして、その後で、窮極の約束をあきらかにしました。「わたしが父に内におり、あなたたちがわたしの内におり、そして、わたしがあなたたちの内にいることを、その日、あなたたちは悟であろう」と。これは神の国に入ったときにはっきりと分る、神と人々が「完全に一つ」になるということです。

 このことは、キリストの昇天の最後の言葉、「あなたたちは、行って、すべての国の人々を弟子にしなさい。そして、父と子と聖霊にみ名に入れる洗礼を授けなさい」と命じた言葉のなかでも知ることができます。

 名前というものは、名前をもっているものそのものを表わします。「み名に入れる」ということは、洗礼によって、キリストを信じる者となったすべての人々は、父と子と聖霊の三位一体の神の「いのち」に入る資格を得ることです。

 神が独り子をこの世に送られたれたのは、「独り子(キリスト)を信じる者が一人も滅びることなく、永遠の命を得るため」でした。しかも、その人びとを終りに日に復活させる、というキリストの約束がありました。

 使徒パウロが言っているように、終りに日には、「顔の覆いを取り除かれて、わたしたちは皆、鏡のように主の栄光を映し出しながら、主の霊によって栄光から栄光へと、(復活の)主と同じ姿をもった者に変えられていくのです」。

 このことは、神の栄光の中に入れられて行くひとびとの喜びの姿です。



b0221219_21421776.jpg
  『ヨハネの黙示録』21章は、神の国をつぎのように記しています。

わたしはまた、新しい天と新しい地とを見た。先の天と先の地とは消え去り、もはや海もない。
わたしは、聖なる都、新しいエルサレムが、神のみ元から出て天から下ってくるのを見た。

都は神の栄光に包まれていた。その輝きは、最も高価な宝石のようであり、透き通った碧玉のようであった。この都には大きな城壁があり、十二の門があった。・・・ 東に三つの門、北に三つの門、南に三つの門、西に三つの門があった。・・・ この都の中に神殿は見えなかった。万物の支配者で神である主と小羊とが、都の神殿だからである。

この都には、それを照らす太陽も月も必要がない。神の栄光が都を照らし、小羊が都の明かりだからである。諸国の民は都の光に照らされて歩み、地上の王たちは自分らの栄光を携えて都に来る。都の門は終日閉ざされることがない。そこには夜がないからである。


                             *


ヨハネの黙示録は、このように神の国を描写していますが、このような人間が想像する視覚的な素晴らしさを超えて、神の国はこの世のでは経験できない、想像をはるかに超えた神の栄光の輝きのなかにある至福の喜びに満ちた神秘的な世界であろうと思われます。


b0221219_22401892.jpg



[PR]

# by francesco1hen | 2017-09-24 22:25 | Comments(0)
2017年 09月 19日

ジョットによる「キリストの生涯とその福音の約束」(2)

[ イエスの洗礼からキリストに昇天まで ]

b0221219_17383897.jpg
       キリスト・イエスが、洗礼者ヨハネからヨルダン川で洗礼を受ける。


この時からのことを、最も早い時期に書かれたマルコによる福音書は、つぎのように記しています。


イエスが水の中からあがると、天が開け、「霊」が鳩のように自分の上に降ってくるのをごらんになった。そして、天から声がした。「あなたはわが愛する子、わが心にかなう者である」。         
「霊」はイエスをすぐに荒れ野に追いやった。イエスは四十日の間そこに留まり、サタンに試みられ、野獣の住む所におられたが、天使たちがイエスに仕えていた。                    

 ヨハネが捕らえられた後、イエスはガリラヤに行き、神の福音を宣べ伝えて、「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」と言われた。                         

 ここにイエスの福音宣教の第一声が発せられました。「悔い改めて」は、世俗的な富に気を奪われていないで、もっとも価値のある神の国に入ることを大切にしなさい、ということです。          


b0221219_17400091.jpg
        カナの婚礼の席で、イエスが最初の奇跡を行なう。(水が良いぶどう酒に変わる)

このあとで、イエスはさまざまな病人を癒したり、人々に福音を宣ベ伝えていく日々を過ごします。


b0221219_17403997.jpg
         ラザロの復活

 エルサレムの近くのベタニアに、ラザロとその姉妹マルタとマリアがいました。イエスはこの家によく立ち寄り、ラザロはイエスの親友でした。イエスがいない時ラザロは病気で死に、すでに埋葬されていました。マルタの訴えで、イエスは墓の前まで行き、ラザロを復活させました。ラザロは人間のうちで最初に復活したので、このことは、人々の「希望」となりました。



b0221219_17405715.jpg
         イエスのエルサレムへの入城

イエスの福音を伝える仕事もいよいよ最終的段階を迎えます。この週にはイエスの受難が始まります。

b0221219_17412167.jpg
            エルサレムの神殿で、イエスは商人たちを追い出す。(上)
            下は、聖霊降臨の場面です。

b0221219_22285355.jpg
    最後の晩餐の前に十二使徒の一人ユダはイエスを裏切り、大祭司のところに行きました。

b0221219_22291256.jpg
         ユダの後ろには、不気味な悪魔の姿が見えます。 二人の表情に注目。

b0221219_22294482.jpg
         最後の晩餐(愛の晩餐)

この夜、イエスは、おおくの時間をさき、愛について徹底的に話しました。それで「愛の晩餐」と呼ばれます。なかでも「新しい掟」を与えたことは大事なことでした。

「新しい掟」とは、「わたしがあなたたちを愛したように、互いに愛し合うこと、これがわたしの掟である。友のために命を捨てること、これ以上の愛はない」とイエスは命じました。

b0221219_22303964.jpg
          晩餐の時、弟子の足を洗うイエス

b0221219_22310189.jpg
足を洗う意味はつぎのことを理解されるためでした。「人の子がきたのも、仕えられるためではなく、仕えるためであり、また多くの人の贖いとして、自分の命を与えるためである」。(マタイ 20・28)


また、晩餐の夜イエスは、イエスを愛る人にたして約束をしました。

その窮極の約束は、「わたしが父のうちにおり、あなたたちがわたしのうちにおり、そして、わたしがあなたたちのうちにいることを、その日、あなたたちは悟であろう」という言葉でした。

「その日」というのは、神の国に入ったときのことです。神の国に入るということは、この言葉からわかるように、神である父と子と人が、「完全に一つ」になっていることです。


b0221219_22312295.jpg
         ゲッセマネの園の祈りの後の、「イエスの逮捕」

b0221219_22313964.jpg
        ユダが「ラビ(先生)平安を!」と接吻するのを合図に、逮捕が行なわれました。
        迫真的な場面です。ジョットの傑作中の最高傑作です。キリストに最も近づいた画家
        といわれるのはこのような描写をしたからでしょうか。

b0221219_22320324.jpg
          イエス、大祭司から尋問を受ける

b0221219_22322111.jpg
          イエス茨の冠をかぶせられ、人々から侮辱を受ける

b0221219_22324373.jpg
             イエス十字架を担う、ゴルゴタへの道を歩む

b0221219_22330849.jpg
      イエス、十字架に付けられる 母とヨハネが立ち、マグダラのマリアが跪いている
b0221219_22333148.jpg
b0221219_22335679.jpg
         イエス十字架から降ろされる(十字架降下)

b0221219_22341651.jpg
          聖母マリアの悲しみ(ピエタ)・(十字架降下)

b0221219_22373546.jpg
      「キリストの復活」 「ノリ・メ・タンゲレ」(わたしに縋り付くのはよしなさい)



b0221219_22353333.jpg

b0221219_22401892.jpg
           復活の40日後、オリベト山からの「キリストの昇天」


昇天するとき遺した最後の言葉は、「あなたたちは行って、すべての国々の人々を弟子にしなさい。ー 父と子と聖霊のみ名に入れる洗礼を彼らの授け、わたしがあなたたちに命じたことを、すべて守るように教えなさい。わたしは世の終りまで、いつもあなたたちと共にいる」でした。

「インマヌエル」(神は共にいます)と預言されたイエスは、地上から去っても「世の終りまで、いつも共にいる」と約束したのでした。




                          *





[PR]

# by francesco1hen | 2017-09-19 22:45 | Comments(0)
2017年 09月 18日

ジョットによる「キリストの生涯とその福音の約束」(1)


《 三人の偉大なイタリア人 》

13・14世紀のイタリアは、3人の偉大な人物を生みだしました。それは、清貧の聖人アシジのフランチェスコ と 詩人ダンテ と 画家・建築家のジョットです。

聖フランチェスコは、二人に大きな影響を与えました。ダンテは、その『神曲』の中で聖フランチェスコをしばしば讃えています。ジョットは、いくつかの《聖フランチェスコ伝》を残しています。また、ダンテは、友人ジョットのために、その錬獄編第十一歌で「チマブーエは画壇の不朽の地位を保とうとした。今やジョットが登場して人気を博するようになると、チマブーエの名声はかすんでしまった」と歌っています。そして、ジョットは、美しいダンテの横顔の肖像を残しています。

ダンテとジョットが活躍した クワトロチェント=14世紀は、イタリア・ルネサンス初期の新しい時代です。「キリストに最も近づいた画家」といわれたジョットの画業は、《荘厳の聖母子》《キリストの生涯》《聖フランチェスコ伝》などのフレスコ画が代表的な作品です。


                             *
              



これから紹介するのは、北イタリア パドヴァのスクロヴェー二礼拝堂に描かれた「キリストの生涯」の壁画です。スクロヴェーニは、パドヴァの悪名高い高利貸しでした。それで彼の死後、息子が礼拝堂を神にささげて、父親の罪滅ぼしをしたと言われています。

b0221219_17311463.jpg
           スクロヴェーニ礼拝堂の正面外観(西に面しています)



b0221219_17315611.jpg
祭壇から見た内部「最後の審判」の壮大な壁画が見えます。


b0221219_17323503.jpg
天空が描かれた天井  中央には パントクラトール「天地万物の支配者」が描かれています。


b0221219_17313683.jpg
              入口から見た内部正面 (中央奥は祭壇)



[ 受胎告知から神殿の少年イエスまで ]

b0221219_17325308.jpg
               「受胎告知」する大天使ガブリエル

b0221219_17331136.jpg
         大天使ガブリエルから「お告げ」を受ける処女(おとめ)マリア

受胎告知によって、神が人間の体をマリアから受けて人の世に住むようになりました。
このことを「受肉」incarnation といいます。「託身」ともいいます。


b0221219_17332669.jpg
            上は「幼子イエスの降誕」  (下は「最後の晩餐」)


b0221219_17344256.jpg
                幼子とその母マリアとヨセフ

幼子はヨシュアと名付けられました。ヘブライ語でヨシュアは、よくある名前で「神は救い」という意味で、ギリシア語では「イエソス」、これがイエスと言われるようになりました。


b0221219_17334492.jpg
         東方の三人の博士の礼拝(マギの礼拝)ー 主の公現


b0221219_17365999.jpg
         エジプトへの避難(ヘロデ王の嬰児虐殺を避けるため)

b0221219_17373120.jpg
            マリアの厳しい表情が印象的です。


b0221219_17375502.jpg
         ヘロデ王による嬰児虐殺

b0221219_17361957.jpg
             イエスの神殿奉献(エルサレムの神殿で)


b0221219_17381706.jpg
          エルサレムの神殿で学者たちと話す少年イエス(12才のとき)


ルカによる福音書は、神殿で学者たちと話したことがあってからのことを、「それからイエスは、両親とともにナザレに下って行き、二人に仕えてお暮らしになった。母はこれらのことをことごとく心に留めていた。イエスは知恵もまし、背丈も伸び、ますます神と人に愛された」と記述しています。


                           *


イエスの誕生からヨルダン川で洗礼者ヨハネからイエスが洗礼を受けるまでを、イエスの私生活としています。イエスが洗礼を受けてからは、イエスの公生活と言います。つまりイエスが世に出て福音を宣教する時代が始まります。















[PR]

# by francesco1hen | 2017-09-18 22:16 | Comments(0)
2017年 09月 02日

東方キリスト教会の12祝祭

《 東方キリスト教会の12祝祭 》

b0221219_15324111.jpg
マリアへの受胎告知         キリストの降誕     

            十字架降下              キリストの埋葬



「東方キリスト教会」について少し説明しておきます。

古代ローマ帝国の支配領域であった地中海を囲む地域を「古代地中海世界」といいます。その世界は4世紀以後キリスト教の地域になっていました。この地域ではアドリア海を境に、東はギリシア語圏と西はラテン語圏に分れており、東はキリスト教徒が多く、西は少なかったのですが、ペトロの後継者であるローマの司教がカトリック教会の中心(教皇)として存在していました。

ところが、1054年に東西教会は決定的に分離され、西は「ローマ・カトリック教会」、東は「ギリシア正教会」と呼ばれるようになりました。

1453年東ローマ帝国がオスマン・トルコ帝国によって滅ぼされると、1480年には、モスクワ大公国がモンゴル支配から自立し、1547年にはロシア帝国になり、ローマ帝国の後継者を自認し、宗教的には「ロシア正教」となりました。

ギリシア正教会とロシア正教会では、皇帝が宗教の長の地位も兼ねることから「皇帝教皇主義」といわれています(ローマ・カトリック世界では、皇帝権と教皇権はそれぞれ独立しています)。

このギリシア正教会とロシア正教会のすがたは東欧諸国でも見られます。この伝統を受けついだ東ヨーロッパのキリスト教を総称して「東方キリスト教会」と呼んでいます。


ギリシア正教会とロシア正教会を中心に東方キリスト教会では、大切な祝祭として「12の祝祭」が盛大に行われます。それは絵画(イコン)的にも優れた表現を見ることができます。


b0221219_21225969.jpg
            受胎告知            キリストの降誕


            幼子の神殿奉献         キリストの洗礼


            キリストの変容         ラザロの復活   



b0221219_21232196.jpg
            エルサレムへの入城         キリストの磔刑


          復活後古聖所に下り死者を復活させる   キリストの昇天        


            聖霊降臨             聖母マリアの死(眠り)


    以上のが「12祝祭」の一つの例です。所によって祝祭の入れ替えがある場合があります。
    つぎに優れたイコンによる祝祭の表現を見てみます。


b0221219_21234771.jpg
            おとめマリアが、天使ガブリエルから聖霊による受胎を告げられます。


b0221219_21241587.jpg
           キリストの降誕のようす  《降誕祭》

 
b0221219_21244020.jpg
            東方の三人の博士の礼拝  《キリストの公現祭》

       キリストが公に現れたとして、東方キリスト教会では、クリスマスより盛大に祝われます。



b0221219_21245969.jpg
         洗礼者ヨハネからキリストが、ヨルダン川で洗礼を受ける。《キリストの洗礼》


b0221219_21254851.jpg

b0221219_21261087.jpg
            《キリストの変容》


イエスが三人の弟子たちを連れて、タボール山に登ったとき、イエスの姿が変わり、衣服はまっ白に輝きました。そして、エリアがモーセとともに現れ、二人はイエスと語り合っていました。すると、雲の中から声が聞こえ、「これはわたしが愛する子。彼に聞け」と。弟子たちはすぐに周囲を見渡しましたが、自分たちとともにいるイエスの他には、だれも見えませんでした。

モーセは律法の教えを、エリアは預言者の教えのすべてを表わしています。神の声は、キリストが律法と預言の教えを完成する者であることを示しています。「キリストの変容」は、「キリスト教の内的成立」を意味しているといわれています。これに対して、「キリスト教の目に見える外的成立」は、復活後50日目の「聖霊降臨」のときであるといわれています。


b0221219_21265963.jpg
            キリストの磔刑   《キリストによる十字架の救い》


b0221219_21271961.jpg
         
        《キリストの復活祭》  キリストは、復活ご最初にマグダラのマリアに現れる



b0221219_21274495.jpg
         《キリストの昇天祭》   復活後 40 日目に、キリストは昇天しました。


b0221219_21280555.jpg
           《聖母マリアの眠り》   

        死を「眠り」と言っています。マリアは、天に挙げられキリストの抱かれています。


b0221219_21285115.jpg


                        *  *  *



b0221219_21291950.jpg

          キリストの「聖顔布」  (これは描かれた物ではない、と注意書きされています)

これはイエスが十字架を担いでカルワリオの丘に進んでいったとき、ヴェロニカという女性が、イエスに汗を拭くようにと布を渡しました。イエスはこれを受けて汗を拭きました。すると、返された布には、奇跡的に「キリストの顔」が写っていました。それでこの顔が伝えられて「聖顔布」と呼ばれるようになりました。


                           *


b0221219_21293956.jpg
              《パントクラトール》


ギリシア正教会の重要な「キリストのイメージ」は、「パントクラトール」です。それは「天地万物の支配者」という意味です。

ちなみに、皇帝は「コスモクラトール」(世界の支配者)です。神はそれを超える「宇宙の支配者」というわけです。



                         *****






[PR]

# by francesco1hen | 2017-09-02 17:04 | Comments(0)
2017年 08月 23日

キリスト昇天 最後の言葉「世の終りまで、いつもあなたたちと共にいる」    聖書の言葉シリーズ(12)         


「わたしは世の終りまで、いつもあなたたちと共にいる」                       

b0221219_21190330.jpg
        ジョット 〈キリストの昇天〉 (スクロヴェーニ礼拝堂の壁画)


マタイによる福音書は、キリストが昇天するときの最後の言葉をつぎのように記しています。

「あなたたちは行って、すべての国の人々を弟子にしなさい。そして、父と子と聖霊のみ名に入れる洗礼を彼らの授け、わたしがあなたたちに命じたことを、すべて守るように教えなさい」。

そして最後に、  「わたしは世の終りまで、いつもあなたたちと共にいるのである」。 記しています。
                               (マタイによる福音書 28章19-30節)

「父と子と聖霊のみ名に入れる」の(み名に入れる)という表現は、名は、名そのものを表わしています。したがって「入れる」は、神の本性に与らせる、という意味になります。つまり「神そのものに入れる」「神と一つになる」ことです。それが、信仰に入る「洗礼」です。


b0221219_21204060.jpg
               ロマネスク時代の「キリストの昇天」の挿絵 (素朴さを感じます)


「いつもあなたたちと共にいる」にちなんで、マタイによる福音書の1章19−25節の言葉が対照的であることを見ましょう。


ヨゼフは、婚約していたマリアが身ごもっていたのでひそかに離縁しようかと思っていました。ヨゼフがこのように考えていると、天使が夢に現れて言いました。

「ダヴィでの子孫ヨゼフよ、妻マリアを家に迎えるのを恐れるな。その胎内に宿されているのは、聖霊によるのである。マリアは男の子を産む。あなたはその子をイエスと名づけよ。その子は自分の民を罪から救う方だからである」と。これは預言者をつうじて言われたことが成就するためである。預言者は言っている。

「見よ、おとめが身ごもって、男の子を産むであろう。その名はインマヌエルと呼ばれるであろう」と。

「インマヌエル」は、「神はわれわれと共にいます」という意味です。

昇天のときイエスが残した言葉「わたしは世の終りまで、いつもあなたたちと共にいる」は、イエスがいつも「インマヌエル」であることを明らかにしています。マタイによる福音書の始めと終りは、不思議にも同じような言葉があることに気が付きます。


「イエスと名づけなさい」の「イエス」は、ギリシア語化された名前です。ヘブライ語では、「ヨシュア」という、よくある男の子名前です。その意味は「神ヤーウェは救う」です。 ヨシュア = イエス です。



                             *




  ついでに加えると、「キリスト」は、ギリシア語化された言葉で「救い主」という意味です。

  ヘブライ語やアラム語では、「マシア」「メシア」で、これがギリシア語化されて「キリスト」になりました。

  日本では「救い主キリスト」と、わかりやすく表記されます。

  しかし、意味的には、「救い主・救い主」や「キリスト・キリスト」になりますね。(^_~)/。

                     

                             *



b0221219_21213911.jpg
           ジョット 「世の終り最後の審判」(部分)  (スクロヴェーニ礼拝堂西の壁画)

            この部分は別名で「父の右座のキリスト」です。







[PR]

# by francesco1hen | 2017-08-23 12:15 | Comments(0)
2017年 08月 22日

復活したキリストの言葉 「ノリ・メ・タンゲレ」と「エマオのキリスト」   聖書の言葉シリーズ(11)              

「ノリ・メ・タンゲレ」                                      

b0221219_21022270.jpg
         ジョット 〈復活のキリスト〉



週の初めの日の朝早く、まだ暗いうちに、マグダラのマリアは墓に行き、墓から石が取りのけてあるのを見ました。そこで弟子のペトロとヨハネのところへ走っていき、「だれかがわたしの主を墓ら取り去りました。何処においたのかわたしには分りません」と告げました。二人の弟子が走って行き、墓に入ってみると、イエスが包まれていた亜麻布が平らになっていました。イエスはそこにはいなかったのです。


さて、マグダラのマリアは墓の外に立って泣いていました。泣きながらも、身をかがめて墓の中をのぞき込むと、イエスの遺体が置かれていた場所に白い衣を着た二人の天使が座っているのが見えました。天使たちは、マリアに「婦人よ、なぜ泣いているのですか」といいました。マリアは「誰かがわたしの主を取り去りました。どこへ置いたのか、わたしには分りません」と答えました。

こう言って後ろを振り向くと、そこにイエスが立っていました。しかし、その人がイエスであることには気が付いていませんでした。イエスは「婦人よ、なぜ泣いているのか。だれを捜しているのか」と尋ねました。マリアは園の番人だと思って、「あなたが、もしあの方を運び去ったのでしたら、どこに置いたのか、教えてください。わたしが引き取ります」と言いました。

それに答えて、イエスは「マリア!」と。マリアは振り返って、思わずヘブライ語で「ラボニ!」(先生!)と呼びかけて近寄りました。

これにイエスは応えて、「ノリ・メ・タンゲレ!(縋り付くのはよしなさい)。わたしは、まだ父のもとに上っていないのだ。わたしの兄弟たちのところへ行ってこう伝えなさい。『わたしの父であり、あなたたちの父でもある方、また、わたしの神であり、あなたたちの神でもある方のもとへ、わたしは上って行く』」。

マグダラのマリアは弟子たちのところに行って、「わたしは主を見ました」と言い、イエスから言われたことを弟子たちに告げました。


                            *


マグダラのマリアは、以前にイエスから七つの悪霊を追い出してもらった婦人です。以来イエスに従って、十字架の下に最後までたたずんで、イエスを主と仰ぎ愛していた女性でした。イエスはこれに応えて、復活ご最初にマグダラのマリアに現われた、と聖書に書かれています。

               (この話と言葉は、ヨハネによる福音書 20章1-18節にでています。)


b0221219_21070286.jpg
          フラ・アンジェリコ  〈ノリ・メ・タンゲレ〉

この壁画は、ヴェネティアのサン・マルコ修道院の修室(個室)に描かれた、修道士の黙想を助けるためのものです。フラ・アンジェリコらしい、ルネサンス時代の美しい絵画です。



                           *



「エマオのキリスト」

キリストが復活したちょうど同じ日に、二人の弟子がエルサレムから60スタディオンはなれたエマオという村に向かって歩いて行きながら、最近の出来事を話し合っていました。

するとイエス自身が近づいてきて、いっしょに歩き始めました。しかし、二人の目はさえぎられていて、この人物がイエスであることに気が付きませんでした。

イエスは二人に、「あなたがたが歩きながら話し合っているその話はなんの事ですか」とたずねました。二人は暗い顔をして立ち止まって、「エルサレムに滞在しながら、近ごろ起った事を、あなたはご存じないのですか」と話ました。

イエスが「それはどんな事ですか」とたずねると、二人は「ナザレのイエスの事です。この方は十字架に付けられてしまったのです。そのことがあってから今日でもう3日目です。葬られた墓にその方は見当たりませんでした」。

そこで、イエスは、「メシアは、必ずこのような苦しみを受けて後、栄光に入るはずではなかったか」と、モーセから始めて、すべての預言者が、メシアについて聖書全体にわたって書いてある事を、二人に説明しました。そろそろ夕刻になっていたので、二人はイエスを無理に宿にさそい、食卓につきました。

食卓についてから、イエスはパンを取り、賛美をささげて、手で分け、二人に渡しました。すると、二人の目があけて、その人がイエスだと気付きました。でもその時、イエスのすがたは見えなくなっていました。

二人は「あの方が道々話しかけ、また、聖書を説き明かされたとき、わたしたちの心の内は燃えていたではないか」と互いに語り合いました。

そして、時を移さずエルサレムに引き返してみると、十一使徒とその仲間が集まっていて、「主は本当に復活して、ペトロのお現れになった」と話していました。そこで二人も旅の途中で起った事や、パンを手で分けたとき、イエスだと分った次第を物語りました。

                (この話と言葉は、ルカによる福音書 24章13-35節に出ています。)



b0221219_21090868.jpg
                レンブラント 〈エマオのキリスト〉

    この作品は、古くから美術の教科書などでよく見かけました。ご記憶の方もあるかと思います。




b0221219_21041451.jpg
           エル・グレコ 〈復活したキリスト・イエス〉


キリストが復活した神秘の瞬間を見た者はいません。画家は、復活はこのようであったであろうと、イマジネーションをもとに、このように描いたと思われます。



                            *





[PR]

# by francesco1hen | 2017-08-22 18:11 | Comments(0)
2017年 08月 20日

ふしぎな言葉「あなたたちがわたしのうちにおり」 聖書の言葉シリーズ(10)            



b0221219_17165473.jpg
      レンブラント 〈最後の晩餐〉 これはエスキースで、最後まで完成作品は描きませんでした。



「最後の晩餐」の夜、イエスは愛について徹底的に話しました。それで、この晩餐は「愛の晩餐」ともいわれます。ここでイエスは、弟子たちにふしぎな言葉を語りました。


「わたしが父のうちにおり、あなたたちがわたしのうちにおり、そして、わたしがあなたたちの内にいることを、その日、あなたたちは悟であろう」。         (ヨハネによる福音書 14章20節)


その日とは、神の国に入ったときです。これは一体どんなことでしょうか?。この言葉の後、しばらくして、イエスはぶどうの木の話をしました。その話は長いのですが、短くすると、「わたしはぶどうの木であり、あなたたちは枝である。人がわたしの内に留まっており、わたしもその人のうちに留まっているなら、その人は多くの実を結ぶ」ということが骨子です。

そして晩餐が終わってから、イエスは、三人の弟子を連れてゲッセマネの園で、父である神に祈りました。その時の祈りの言葉から「ふしぎな言葉」の意味が少し分ります。


ゲッセマネの園の祈りの言葉(その一部)、「どうか、皆を一つにしてください。父よ、あなたがわたしの内におられ、わたしがあなたの内にいるように、彼らもわたしに内にいるようにしてください。・・・・・ わたしたちが一つであるように、彼らも一つになるためです。わたしが彼らの内におり、あなたがわたしの内におられるのは、彼らが完全に一つになるためです」。


「わたしたちが一つであるように」というのは、父と子と聖霊の「三位一体の神」のことです。愛というものは、二つ以上のものが一つになることです。神が「完全に一つ」であるように、神の国に入った者が、神と「完全に一つ」になることです。「神の国」は、「三位一体の神」そのものです。だから、「神の国に入る」ということは、「神の命に入る」ということです。


b0221219_17180425.jpeg

           北イタリアの「アルベンガ洗礼聖堂」の天井のモザイク〈天空の三位一体の神〉 

Xpi の記号はキリストを表わし、鳩は聖霊を。Xpi が三重になっているのは、「三位一体」を表わしています。



                             *



「ふしぎな言葉」は、人と神が「完全に一つ」になることを言葉で表しているのです。このことは「愛の完成」という言葉でも表わされることがあります。





[PR]

# by francesco1hen | 2017-08-20 17:43 | Comments(0)
2017年 08月 20日

有名な「全世界を手に入れても」と「一粒の麦」 聖書の言葉シリーズ(9)           

「全世界を手に入れても」

ある人々のとっては衝撃的な言葉。たとえば、金融的テクニックを使って巨万の富を築いている人々にとっては、そうなるかもしれません。人々は、普段はそんなことを気にかけてもいないでしょう。しかし、この言葉によって、人生観を根底から変えて新しい生き方をした人々もいました。


イエスは、弟子たちに告げました。「わたしの後に従いたい者は、自分を捨て、自分の十字架をになって、わたしに従いなさい。自分の命を救おうと望む者は、それを失い、わたしのために命を失う者は、それを得る。たとえ全世界を手に入れても、自分の命を失ったならば、なんの益になろうか」。
                              (マタイによる福音書16章24-26節)


この「全世界を手に入れても、自分の命を失ったならば」の「命を失う」は、魂が滅びて「永遠の命」に入ることができない、という意味です。来世の「永遠の命」の価値は、地上のどんな富よりも、はるかに大きいものであると、全世界よりも大切な「永遠の命」のことを強調しています。



b0221219_10120144.jpeg
b0221219_10122546.jpeg

この言葉によって、人生を変えた人が、イグナチウス・デ・ロヨラとフランシスコ・ザヴィエルです。
ロヨラはスペイン貴族出の野望に充ちた軍人でした。ある戦争で傷つき病床でこの言葉に出会い、イエズス会という修道会を仲間とともに設立しました。15・6世紀のイエズス会の活躍は、歴史の上でよく知られています。
日本に馴染みの深いその一人がフランシスコ・ザヴィエルです。ザヴィエルは、ご存知のように、インドから宣教師として、初めて日本にキリスト教を伝えた人です。この時から、日本のキリシタン史が始まりました。1549年のことでした。



「一粒の麦」
b0221219_10125579.jpeg

「全世界を手に入れても」に似ているのが、「一粒の麦が地に落ちて死ななければ」の言葉です。

「もし一粒の麦が地に落ちて死ななければ、それは一粒のままである。しかし、死ねば、豊かに実を結ぶ。自分の命を大切にする者は、それを失い、この世で自分の命を顧みないものは、それを保って永遠の命に至る」。

「わたし(神の子)に使えようとする者はわたしに従え。そうすれば、わたしのいる所に、わたしに仕える者もいることになる。父(である神)は、わたしに仕えようとする者を、大事にしてくださる」。
                                    (ヨハネによる福音書 12章24-26節)


生と死に関するこの麦粒の比喩は、イエス自身の死の意味とキリストを信じる者に適用されます。「豊かに実を結ぶ」は、「永遠の命に至る」ことです。全世界の富にも勝るもの、それは「永遠の命」であり、父である神が大事にして、その「いのち」の中に入れてくださるのです。

それを可能にしたのは、イエスの十字架の死による救いです。一粒の麦が地に落ちて死んだのは、すべての人が、豊かに生きる(永遠の命の)ためであったのです。


b0221219_10145136.jpg
                エル・グレコ  〈十字架上のキリスト〉



「全世界を手に入れても」と「一粒の麦」の言葉がしめすのは、この世の富を命とする者に比べると、来世の命を大切にする者の幸福は、はるかに偉大であるということが語られています。



b0221219_10134214.jpeg



[PR]

# by francesco1hen | 2017-08-20 10:36 | Comments(0)
2017年 08月 15日

「人を裁いてはならない」と「人のあやまちを赦せ」  聖書の言葉シリーズ(8)            

「姦通の女」の記述を読むとき、わたしたちは、ルカによる福音書の「人を裁いてはならない」というイエスの「裁いてはならない。そうすれば、あなたがたも裁かれない。人を罪びとに定めてはならない。赦しなさい。そうすれば、あなたがたも赦される」(6章37節)という言葉を思い出します。

これと同時に想い起こされるのは、マタイによる福音書18章21-35節の「人のあやまちを赦せ」という記述です。そのとき弟子のペトロがイエスのところに来て、「主よ、兄弟がわたしに罪を犯した場合、何度赦さなければなりませんか。七回までですか」と言いました。イエスはこれに答えて、「あなたに言っておく。七回どころか、七の七十倍までである」と。・・・・そして、最後に「わたしの天の父も、もしあなたたちの一人が、自分の兄弟を心から赦さないならば、あなたたちと同じようになさるであろう」と結びました。

イエスは、赦すことは、恵みに充ち憐れみ深い神の御心であると諭し、同時に、人も他の人の過ちを赦すべきことを強く教えています。
      
イエスは、 姦通の罪を犯した女を裁かず、罪に定めませんでした。イエスに赦されて救われた女は、深い喜びを心に抱きながら、新しい人生を送ったに違いありません。


7の70倍は、490です。この数にちなんだ珍しいものがあります。カトリック藤沢教会の祭壇背後には、7の70倍までも「赦しなさい」という意味深い490の「木片モザイク」の装飾がほどこされています。

b0221219_16292338.jpg
b0221219_16295211.jpg
         カトリック藤沢教会の珍しい八角形の聖堂



                           *



救い主イエスに赦された例はたくさんあります。ゴルゴタの丘で、イエスの左右に磔にされた犯罪人の回心の例が有名です。

十字架にかけられた犯罪人の一人が、冒涜の言葉を吐いて、「お前はメシアではないか。自分とおれたちを救ってみろ」と叫びました。すると、もう一人の犯罪人がこれをたしなめて、「お前は同じ刑罰を受けていながら、まだ神を恐れないのか。われわれは自分のやったことの報いを受けるのだから当たり前だが、この方は何も悪いことをなさっていないのだ」と言い、「イエスさま、あなたが神の国に行かれたときには、どうかわたしを思い出してください」と願いました。イエスは、「あなたによく言っておく、今日、あなたはわたしとともに楽園にいるであろう」と告げました。

極悪の犯罪人も悔い改めることによって罪を赦され、神の国(楽園)に招かれたのです。この赦しは、イエスによる赦しのすばらしい結末といえましょう。この犯罪人は、最高の喜びの栄光「神の国」のうちに迎えられたのです。

b0221219_22223210.jpg

             ルーベンス  ゴルゴタの丘のイエスと犯罪人









[PR]

# by francesco1hen | 2017-08-15 22:32 | Comments(0)
2017年 08月 12日

 「人を裁くな」と「姦通の罪を犯した女」  聖書の言葉シリーズ(7)            

「人を裁くな」(マタイによる福音書7章1−5節)

人は、しばしば自分の欠点に気付かず、人の悪いことを注意・非難することがあります。聖書はそのことを面白く反省させています。


裁いてはならない。そうすれば、あなたがたも裁かれないであろう。あなたがたが人をさばくように、自分も裁かれ、あなたがたが量るその升で、あなたがたにも量り与えれるであろう。

(ここで初めの「裁く」は人を罪があると決めつけること。つぎの「裁く」は神の裁きと罰を指しています。つぎの言葉が痛いように響きます。)


兄弟の目にあるおがくずは見えるのに、なぜ、自分の目にある丸太に気付かないのか。自分の目に丸太があるのに、兄弟に向かって、「あなたの目からおがくずを取らせてくれ」と、どうして言えるだろうか。偽善者、まず自分の目から丸太を取り除け。そうすれば、はっきりと見えるようになって、兄弟の目からおがくずを取ることもできるであろう。

(自戒すべき言葉ではないでしょうか。)

「針の穴」とか、「目の中のおがくずと丸太」と言うような誇張した表現は面白いですね。イエスには、ユーモア的センスがあったのかもしれません。



                      *  *  *



b0221219_10571418.jpg
         レンブラント 〈姦通の罪を犯したの女〉

   レンブラントのこの絵画は、聖書の場面をもれなく描いています。


「姦通の罪を犯した女」(ヨハネによる福音書8章1−11節)

徴税人とともに罪びとにされていたのは、罪深い女と呼ばれていた女たちでした。ヨハネによる福音書の八章に非常に印象的な「姦通の女」の記述があります。


イエスが朝早く神殿の境内に入ると、民衆がイエスのところへ来たので座って教えはじめました。
そこへ律法学者とファリサイ派の人人が、姦通の現場で捕らえられた女を連れて来て真中に立たせ、イエスに問いかけました。「先生、この女は姦通をしているときに捕まったのです。モーセは律法のなかで、このような女を石を投げて殺すようにと、わたしたちに命じています。ところで、あたはどう考えますか」と。これはイエスを試して、訴える口実を得るためにした質問でした。

イエスはかがみ込み、指で地面に何か書き始めていました。それを見て彼らはしっこく問いかけれるので、イエスは身を起こして言いました。「あなた方の中で罪を犯したことのない人が、まず、この女に石を投げなさい」。そしてまた、身をかがめて地面に書きつづけました。これを聞いた者は、年長者から始まって、一人また一人と立ち去っていきました。

イエス一人と真中にいた女が残りまし。イエスは身を起こして「婦人よ、あの人たちはどこにいるのか、誰もあなたを罪に定めないのか」とたずねると、女は「主よ、誰も」と答えました。するとイエスは言いました。「わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。そしてこれからは、もう罪を犯してはならない」と話しました。


                          *



異常な事態の推移を固唾をのむ気持ちで読むわたしたちは、このイエスの絶妙な言葉と姦通の現場で捕らえられた女の気持ちを察するとき、深い感動を覚ええます。ここに書かれている情景は、わたしたちに非常に強い緊張感とともに、事態の展開になみなみならぬ興味をいだかせます。


光の画家レンブラントは、この緊張感みなぎる聖書の場面をもらすことなく克明に描き、人々の感動を呼び起こしています。

b0221219_10571418.jpg






[PR]

# by francesco1hen | 2017-08-12 16:07 | Comments(0)
2017年 08月 10日

「南八ヶ岳 花の森公園」には、驚きました。

b0221219_16544725.jpg
b0221219_16541932.jpg
b0221219_16535231.jpg


国道141号線の 道の駅「南きよさと」に、おもしろい「南八ヶ岳 花の森公園」があります。
「まごい駅」からリフトカー「こいのぼり号」に乗って、全長180メートル、3分、国道から100メートルの高さの「まごい駅」終点に、広い面積をもつ台形状の山「南八ヶ岳 花の森公園」があります。

家族ずれの人々にとってまことに好都合な公園です。園内には、「収穫体験青空農園」果樹エリアと菜園エリア、樹木のエリア、花のエリア、また、体験教室やピザ作り体験・夏野菜収穫体験・サクランボ狩りなどがあります。遊歩道は広がり、広い「わんぱく広場」もあります。


b0221219_17194786.jpg
b0221219_17202637.jpg
b0221219_17205420.jpg

b0221219_17211400.jpg
b0221219_17215876.jpg
10本ほどの高いポプラの木が見えます。高い山の上にこんなに高いポプラがあるのにおどろきます。


b0221219_17240096.jpg

その上、こんなところに大温室があるのには、さらに驚きです。そして、此処「わんぱく広場」は、思い切り遊べる広さがあり、子供も大人も自由に遊んでいます。


b0221219_17313017.jpg
b0221219_17315111.jpg
b0221219_17321453.jpg
b0221219_17323598.jpg
b0221219_17330116.jpg
b0221219_19570449.jpg

b0221219_17333194.jpg
高いポプラの木におどろきましたが、こんな山にも高いやなぎの木があるのに、また驚きました。


b0221219_16544725.jpg
      100メートル下に 道の駅「南きよさと」が見えます。その先が国道141号線です。





[PR]

# by francesco1hen | 2017-08-10 17:47 | Comments(0)
2017年 08月 09日

 「らくだが、針の穴を通るほうがやさしい」  聖書の言葉シリーズ(6)

「金持ちの青年の話」

ある青年がイエスに近寄って、「永遠の命を受けるためには、どのようにすればいいのでしょうか」と尋ねました。イエスは、律法の掟を守りなさい、と。「子供のときから守っています」と青年は答ました。イエスは彼をじっと見て、愛情を込めて言いました。「あなたに欠けていることが一つある。行って、もっている物をことごとく売り、貧しい人に施しなさい。そうすれば天に宝を蓄えることになる。それから、わたしについて来なさい」。青年はこの言葉を聞いて、悲しみ、沈んだ顔つきで去って行きました。多くの財産を持っていたからです。(マルコによる福音書10章17-22節)


この話のあとで、聖書は「富の危険」についての記述をしています。そして、ここに「針の穴」のことが出てきます。


「富の危険」

イエスは弟子たちに言いました。「神の国に入るのは、なんと難しいことか。金持が神の国に入るより、らくだが針の穴を通るほうがもっとやさしい」。弟子たちは非常におどろき「それではいったい誰が救われるのだろうか」と話し合いました。(同10章23-27節)

元来ユダヤ人は、この世の財宝は神の祝福のしるしといていました。それで弟子たちは、現世の富や財宝を危険視するイエスの言葉に驚いたのです。しかし、イエスは当時の常識をくつがえすように、この世の富や財宝に執着せず、最も大切な神の国の「永遠の命」を求めることが肝要であると呼びかけているのです。現代のわたしたちも、経済的豊かさを求めることだけに、気を奪われていることには問題がありますね・・・・・ 。


ところで、気になるのは、「らくだが針の穴を通る方がもっとやさしい」ということです。「針の穴」はつぎのようです。

エリコの城門は、日没になると門を閉じます。夜間には必要に応じて、小さな門を開きます。
この門は荷物を運ぶラクダ一頭だけが通れるくらいの大きさで「針の穴」と呼ばれていました。
つまり、それは夜警対策としての小さな門でした。                


b0221219_14595078.jpeg
                     
b0221219_15000643.jpeg








[PR]

# by francesco1hen | 2017-08-09 15:25 | Comments(0)
2017年 08月 08日

 意外なことば 「敵を愛しなさい」  聖書の言葉シリーズ(5)


    「敵を愛しなさい」!?     


b0221219_22075341.jpg
          V. v. ゴッホ  〈善いサマリア人〉


「敵を愛しなさい」と言われれば、だれでも「そんなこと出来るはずがない」と、即座に答えるでしょう。
遠慮がちな人でも「それはちょっと・・・」と、迷惑そうな顔をします。常識的にいって意外な言葉「敵を愛しなさい」が、受け入れ難いのは当然のことです。

ところが新約聖書には、つぎのように書かれています。

「しかし、わたしはあなた方に言う。敵を愛し、あなたがたを迫害する者のために祈りなさい。
それは、あなたがたが天におられる父の子であることを示すためである。
天の父は、悪人の上にも善人の上にも太陽を上らせ、また、正しい者の上にも正しくない者の上にも雨を降らせてくださるからである。 ・・・・・ 

 だから、天の父が完全であるように、あなた方も完全な者になりなさい」。
                            (マタイによる福音書 5章43−48節)

同じような言葉が、ルカによる福音書の6章27−36節に出てきます。最後の部分は、つぎのようになっています。

 「・・・・・ あなたがたの父が憐れみ深いように、あなたがたも憐れみ深い者となりなさい」。



                         *



これに関連する「善きサマリア人のたとえ話」が、ルカによる福音書の10章25−37節に出てきます。

イエスは話しました。「ある人がエルサレムからエリコに下がっていく途中、強盗に襲われた。彼らはその人の着物をはぎ取り、打ちのめし、半殺しにしたまま行ってしまった。すると一人の祭司がたまたまその道を下ってきたが、その人を見て、道の向こう側を通っていった。また、同じく、一人のレビ人が、そこを通りかかったが、その人を見ると、レビ人も道の向こう側を通っていった。

ところが、旅をしていたあるサマリア人が、その人のそばまで来て、その人を哀れに思い、近寄って、傷口に油とぶどう酒を注ぎ、包帯をしてやった。それから自分のろばに乗せて宿屋に連れて行き、介抱した。その翌日、サマリア人はデナリ銀貨二枚を取り出して、宿屋の主人に渡し、『この人を介抱してください。費用がもっとかかったら、帰ってきたときに支払います』と言った。

さて、あなたはこの三人のうち、だれが、強盗に襲われた人に対して、隣人としてふるまったと思うか」。律法学者が、「哀れみをほどこした人です」と言うと、イエスは、「では、あなたも行って、同じようにしなさい」と言いました。


三人のうち、祭司とレビ人は同胞のユダヤ人です。サマリア人は、ユダヤ人から罪びととして軽蔑され、敵対視されていました。にもかかわらず旅をしていたサマリア人は、半殺しにされていたユダヤ人の旅人を哀れに思い、丁寧に介抱しました。敵であるようなユダヤ人であっても、苦しんで助けを必要としている人を見て助けずにはおられなかったのです。


天の父が完全であるように、また、憐れみ深いように、あなたがたもそのような者になりなさい、というイエスのおしえは、悪人でも正しい人でも、すべての人は、神の国に招かれている大事な存在。生かされている一人ひとりは、神から愛されている尊い存在であるから大切にしなければならない、ことを教えています。


b0221219_22075341.jpg

ゴッホは30歳のころハーグの町でクリスチティーヌという名の娼婦を拾って同棲しています。ゴッホは弟のテオに書き送っています。「クリスティーナは、惨めな生活に荒れ果て、色あせ、顔も体も骨張って、女の甘い香やふくよかさはとうに消え失せていた。男にだまされて生んだ5才の女の児を抱え、父親の知れない赤ん坊をお腹に宿していた。僕はこの冬、男に捨てられた彼女をモデルに雇い、ひと冬の間一緒に働いた。おかげで、僕は彼女と娘を飢えと寒さから救い出した」と。

ゴッホは、困窮に打ちひしがれていた惨めな娼婦クリスティーヌを見る見かねて、同情して生活をともにして救ったのです。こういうゴッホが描いたのが、このゴッホの〈善いサマリア人〉の名画です。



                        *  *  *



      憐れみの心からの「共感同苦」   相手の隣人となって、その人を助ける「隣人愛」



                           *





[PR]

# by francesco1hen | 2017-08-08 16:27 | Comments(0)
2017年 08月 05日

 イエスの福音宣教の第一声  聖書の言葉シリーズ(4)           

b0221219_12084909.jpg
ジョット 〈ヨハネによるキリストの洗礼〉


ヨルダン川で、ヨハネから洗礼を受けたイエスは、ガリラヤに行き、神の福音を宣べ伝えました。      
「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて、福音を信じなさい」と人々に福音の第一声を告げました。 


新約聖書には、「神の国」と「天の国」という同じような言葉が出てきます。調べてみますと、「神の国」は、マタイによる福音書では3回、マルコでは4回、ルカでは10回、ヨハネでは1回です。

「天の国」は、マタイによる福音書だけに22回出てきます。ヨハネによる福音書では、「神の国」が1回ですが、同じ意味をもつ「永遠の命」という言葉が17回も使われています。そのためヨハネによる福音書は、「永遠の命の福音書」といわれています。                                      

イエスの福音の第一声は、すべての人は「神の国」に招かれているという「よい知らせ」を告げるものでした。神に似せて造られた人間は、神と共にいるべき存在として創造された者です。


ヨハネによる福音書は、神の子イエスが人間のすがたでこの世に現れた理由について、つぎにように記しています。「神は独り子をお与えになるほど、この世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びることなく、永遠の命を得るためである」(3章6節)。                        

イエスは、救い主として人の世界に来たのであると言っています。 このことから、「神の国」は「永遠の命」を生きるところである、ということができます。                      


イエスの福音の言葉は、人々にとって革命的な響きをもっていたと思われます。人間は誰しも地上の日常の富をもつことを幸福と考え、これを求めています。イエスは、「悔い改めて、福音を信じなさい」と、地上の幸福ではなく、神の国の幸福を求めるように、視点の転換を求めています。「神の国」に入ることは、神の「いのち」に入るということです。神と「いのち」をともにする「永遠の命」は、「至福」という最高の幸福です。                                                                                                            イエスの福音の第一声は、人々には理解できないほどの「革命的な言葉」でした。            

b0221219_12092795.jpeg
ヴェロッキオ 〈キリストの洗礼〉


b0221219_15464527.jpeg










[PR]

# by francesco1hen | 2017-08-05 18:07 | Comments(0)