家田足穂のエキサイト・ブログ

france1pen.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 26日

《兄弟太陽の賛歌》と『興願僧都への御返事』           「捨てる」という霊性について(5’)

b0221219_21441381.jpg



アシジのフランチェスコは、彼自身が作った《兄弟太陽の賛歌》(『被造物の賛歌』とも)でも知られるように、神によって造られた被造物はすべて兄弟姉妹であるという心を持っていました。太陽や月,空気や水、大地の草花にいたるまで神を賛美している兄弟姉妹であると自然を愛していた彼は,
1979年11月29日,教皇ヨハネ・パウロ2世から「環境保護の聖人」と宣言されました。

「捨聖」一遍が興願僧都への手紙の中で書いた「よろづ生きとしいけるもの、山河草木、ふく風たつ浪の音までも、念仏ならずということなし。人ばかり超世の願に預かるにあらず」と、人間だけが成仏するのではなく,命あるすべてのものが救われて成仏できるのだ、と人間の思い上がりをたしなめています。


地球上を征服し資源を極限まで使い,快適便利な生活を追い求める現代文明は、地球環境を破壊するまでに危機を拡大してきました。また、この文明の方向は、金融危機や世界同時不況を引き起こし,
気候変動による自然災害や不当な国家権力の抑圧によって,地球上の各地域で多くの人々を厳しい困窮・困難な状況の中に陥れました。


宇宙の森羅万象が神を賛美する兄弟姉妹であるというフランチェスコの霊性や、生あるすべてのもの
吹く風,立つ浪の音までが,仏になる性質、仏性(ぶっしょう)備えているという、謙虚で慈しみ深い一遍のとらえかたを知るとき、人間の傲慢な考えで現代文明を生きている「われわれ」にとって、
彼らの考え方には大きな意味があると、謙虚に反省しなければならないと思います。


フランチェスコと一遍の生きた姿やその「捨てる」という霊性から、現代世界を生きる「われわれ」が学ぶメッセージはたくさんあります。

「断捨離」によってフランチェスコや一遍が、あらためて発見した世界は、このようなものでした。


《シャローム・平安!》




壁画の絵の題名は「清貧の聖人」フランチェスコの《小鳥への説教》です。









[PR]

by francesco1hen | 2011-04-26 11:31 | Comments(0)


<< フランチェスコと一遍の宗教的生...      なにを「捨てる」のですか   ... >>