家田足穂のエキサイト・ブログ

france1pen.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 18日

「断捨離」の本家 聖フランチェスコと一遍上人(1)

「清貧の聖人」アシジの聖フランチェスコの肖像(1)

b0221219_17232386.jpg
























この画像は、聖フランチェスコの最も古い肖像画です。ローマに近いスビアコの洞窟に描かれたものです。古い生活を捨て、キリストの教えに忠実に従う青年フランチェスコの清新な意志が感じられます。
彼の肖像で必ず見られる「聖痕」はまだ描かれていません。この画像からは、これからのフランチェスコの宗教生活(霊性)がどのように展開されていくのかを想像させるものがあります。



「捨て聖」一遍上人の肖像(神奈川県立博物館)

b0221219_17455039.jpg


この画像の上の方には「佛こそいのちと身のあるじなれ 我ふるまいもわがこころかは 南無阿弥陀仏」の和歌が墨書されています。この賦算像は似絵の作風で、諸国津津浦々で念仏札配りの旅を続けた遊行聖の姿をありありと伝えています。
この形相の一遍上人像は一つの型として流布されていました。







[PR]

by francesco1hen | 2011-06-18 18:05 | Comments(0)


<< 「断捨離」の本家 聖フランチェ...      《兄弟太陽の賛歌》と 興願僧都... >>