家田足穂のエキサイト・ブログ

france1pen.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 07日

(1)ローマンス語の挨拶

チベット人の挨拶は出合った人がお互いに赤い舌を出すことだ、と聞かされていました。
これはわたくしの小学生の時代に知った知識です。今は、どのようにしているのでしょうか?

イタリア人は、Buon giorno! 。スペイン人は、Buenos dias! 。フランス人は Bon jour ! と挨拶します。どれもみな「よい日を!」、または「こんにちわ。よいお天気ですね!」という意味です。日本人とおなじですね。お互いに「よい日を!」と幸せを願うことばです。まさに人間の挨拶ですね。

太陽が高くあがったある日、イタリアの街を歩いていたとき、窓から顔を出した男に「ブオン ジョルノ!」と声をかけたら、その男が頭をかきながら首を振り振り苦笑していました。起き抜けに日本人から元気な挨拶をかけられたので面食らったのでしょう。

お互いが、気持ちよく明るい挨拶をするのは、幸福で素晴らしいことです。

b0221219_10155390.jpg

[PR]

by francesco1hen | 2011-08-07 22:53 | Comments(0)


<< (2)インドの人々の挨拶 ...      「断捨離」の本家 聖フランチェ... >>