家田足穂のエキサイト・ブログ

france1pen.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 16日

(10)諸宗教の究極目標「神と一つになる」(その3)

四季の変化のうちに、また、無常観や芭蕉の「不易流行」(移ろい変わることが不変である)のもとで日本人の心は表わされ、日本の文化は発展してきたと言えます。文人墨客たちは自然を美しく歌い、また描いてきました。そして「自然との同化・一体感」を求めてきました。「自然との同化・一体感」と「神々との共存」は、日本人の歴史的心情や精神性の重要な部分を形成してきました。

茶道では、宇宙・自然の縮図のような茶室で「和敬清寂」「賓主互感」の雰囲気のうちに、菓子を食べ風雅な茶碗で抹茶を喫しながら、「深い交わり」の境地を味わいました。茶室を辞去する時にも「余情残心」のうちに帰路につくという「人との交わり」の素晴らしい時をもっていました。

「自然との同化・一体感」のうちに、このような交わりを持つ人間のあり方は、キリスト教の精神性につながるものを含蓄しているように思われます。

カトリック教会で行われるミサ典礼(礼拝)の中では、「交わりの儀」という重要な部分があります。聖体拝領と言うミサの中心部分で、パンとブドウ酒の形色のうちにキリストの御体と御血を食べ飲む儀式です。これは最後の晩餐のときの聖体の制定にもとづく礼拝行為です。
 
福音史家ヨハネが伝えている次のような言葉があります。「わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む人は、わたしに留まり、わたしもその人の内に留まる」(6,56)。キリストの御体を拝領することによって、人はキリストと実際に「一つに」なります。

神が人々に留まり、人々が神に留まるということは、最後の晩餐のときイエスが「父である神と、
父の子であるイエスと、イエスを信じる人々が完全に一つになっている」ことを述べたヨハネ福音書
14,20の言葉を併せて考えることによって明らかです。

神との交わりが、最も深いところでおこなわれる聖体拝領(communio キリストとの一致)は、天国における「愛の完成」という神の内で人間が永遠の命を生きることの、この世での体験です。地上でも天の国でも「神と一つになる」ということは、キリスト教に限らず諸宗教における究極的な願望です。

宗教は《希望と喜び》の中で、神秘のうちに「神と一つになる」ことを求めて生きることです。

この度、日本が経験した未曾有の東日本大震災と福島原子力発電所の事故は、日本人のみならず世界中の人々に計り知れない衝撃を与え続けています。この巨大な自然の破壊力がもたらした大災害と底知れな不安と恐怖を拡大している原発事故から、われわれは何を学び取らねばならないのでしょうか。

世界史の中で、われわれは繁栄を誇った数多くの文明の崩壊を見てきました。また、われわれは現代の数々の不幸な出来事を併せて考えるとき次の言葉の重い意味を感じざるをえません。

「天地は過ぎ去る(滅びる)。しかし、わたしの言葉は過ぎ去る(滅びる)ことはない」(マタイ福音書 24,34)。「滅びないもの」を求めることが、今、与えられている大事な課題ではないでしょうか。


b0221219_2312114.jpg

b0221219_2333616.jpg

[PR]

by francesco1hen | 2011-08-16 23:22 | Comments(0)


<< 都市の近くにこんな「深山幽谷」が?      (9)諸宗教の究極目標「神と一... >>