家田足穂のエキサイト・ブログ

france1pen.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 05日

漢字の面白さと意味の深さ(3) 平と和


従兄弟の耕平さんの娘の名は和子です。父と娘で平和を意識したと聞いたことはありません。ただ、おだやかな和という漢字が好きだとは聞いたことがあります。さて、平と和にはどんな意味があるのでしょうか。


[ 平 ]は、于(う)と 八 を組み合わせた形です。于は手斧の形、八は木片。手斧で木を平らかに削って木片が左右に飛び散る形が、平で「たいらかにする、たいら」の意味となりました。
平定、平和、平安、公平、平等、平生などよく使われます。理想の都平城京、平安京は素晴らしい名称です。「平穏無事」も平和で幸福な状態を表しています。平和と幸福はふかく結ばれています。


[ 和 ]は、禾(か)と 口(さい)で出来ています。口(神への誓いや祈りの文を入れる器)を置いた軍門の前で誓約して講和(戦争をやめて平和な状態にもどす)することを和といいます。和睦のしるしとして、双方が共に参加して祝宴を開き、互いに平和を祝う祝餐を行います。

一説によると、禾は穀物や食物をあらわし、これを口に入れる、食べると自ずから「なごやか」になる
ことから、幸福の状態としての和やかさになったとも言われます。必要なものに満たれる、充足、満ち足りると平和で「しあわせ」を感じるものです。


幸福になる秘訣は何処にあるのでしょうか、考え思い巡らせてみたいと思います。 


「神からの恵みと平和がみなさんにありますように!」このように祈ります。


b0221219_9593045.jpg

b0221219_1012526.jpg

b0221219_1042283.jpg


わたくしも好きな御射鹿池風景です。



                   *  *  *



わたしの愛のうちに留まっていなさい。そうすれば、わたしもあなた方のうちに留まる。
ぶどうの枝が木につながれていなければ、枝だけで実を結ぶことができない。
それと同じように、あなた方もわたしの愛のうちに留まっていなければ、実を結ぶことはできない。

                         ( ヨハネによる福音書 15, 4 )
[PR]

by francesco1hen | 2011-10-05 10:16 | Comments(0)


<< 漢字の面白さと意味の深さ(4)...      漢字の面白さと意味の深さ(2) 香 >>