家田足穂のエキサイト・ブログ

france1pen.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 11日

漢字の面白さと意味の深さ(10) 永と遠

永井隆さんは長崎で被爆、自らも重い傷を受けながらも、直後から負傷者の治療や、原爆障害の研究にあたりました。「平和」と「復興」を祈り求めながら、白血病が悪化し病床にあっても文筆活動をつづけました。『長崎の鐘』や『この子を残して』は、人々の感動をよんだ忘れられない作品です。
作家(カトリック文学者)遠藤周作は、その代表作『海と毒薬』『沈黙』『深い川』で有名です。多くの作品の中で、日本人のもつべきキリスト教の姿を求め、苦しむ人に寄り添う同伴者イエスを描くことにより、日本人の心にしっくりくるキリスト教像を求めました。『イエスの生涯』では、国際タグ・ハマショールド賞を受賞しました。


[ 永 ] 象形は、流れる水の形。永は水が合流して勢いよく流れるところで、水の流れの長いことをいいます。このことからすべて「ながい」こと、とくに時間の長く久しいの意味に使われていることが多いです。用例には、永遠、永久、永寿、永世、永続などがあります。

[ 遠 ] 象形を見ると、袁は死者が死後の世界に旅立つのを送ることを示す字で、偏のしんにゅうを加えると遠くへゆくの意味をあらわし「とおい」の意味となります。遠近、遠望、遠路、敬遠。そして、久遠(永遠の時間の果てしないこと)。[永遠は、限られた時間とまったく別のものです]


永遠の用例として、「至高、真実、永遠に生きる神」「人間の永遠の命の源である神」神をこのような言葉で表すことがあります。
また「無始本有常住不滅の仏」(至高永遠の阿弥陀仏)「無量光仏・無量寿仏」(無限の光・空間と無限永遠の時間をもっている阿弥陀仏)もよく似た表し方です。

神を信じ信頼し、神と共にあることを望み、「神と一つになる」こと(愛)を願うことによって「永遠の命]は与えられます。同じように、「南無阿弥陀仏」の念仏によって、人間は救われて「阿弥陀仏と一体となる」(無量寿=永遠の命)と仏教は教えています。


b0221219_11535285.jpg

b0221219_11575712.jpg


わたくしたちが、こよなく愛した御射鹿池を後にして・・・・・、
わたくしたちは、また、旅に出かけます。

b0221219_1205426.jpg

                           本告光男氏撮影




                    *  *



       わたしの掟(新しい掟)を自分のものとし、それを守る人、
       その人はわたしを愛するものである。
       わたしを愛するものは、わたしの父に愛される。
       わたしもその人を愛し、わたし自身をその人に現す。

                        (ヨハネによる福音書 14 , 21 )


    わたしとは、イエスのことです。わたしの父とは、父である神です。
    キリスト教の神は、三位一体の神、すなわち、父と子と聖霊の三つのペルソナが、
    唯一の神である三位一体の神といわれています。
    三つが一つになっている神の「神は愛である」というのが、神の本質です。
    だから、「愛である神」という表現もあります。




b0221219_14589.jpg


秋の隼人池の岸辺です。
[PR]

by francesco1hen | 2011-10-11 12:12 | Comments(0)


<< 漢字の面白さと意味の深さ(11...      漢字の面白さと意味の深さ(9)... >>